Amazonの商品画像には
メイン画像とサブ画像の2種類があり
それぞれの規則や特徴によって使い分けることが大切です。

Amazonでの出品を考えている方や
売上を上げていきたい方に向けて
Amazonの商品画像について詳しく説明していきます。

メイン画像について

メイン画像の場所とルール

まず最初にメイン画像について説明します。
メイン画像とは、以下の画像で指している部分に表示されるものです。

 

基本的に白背景に商品本体の画像のみが載っています。

商品を出品する際、
このメイン画像は必須で登録しなければならないもの。

メイン画像には細かい規約が多くありますが
簡潔にまとめると以下のような内容です。

 

白背景でないメイン画像をAmazonで
たまに見かけることもありますが
規約を破ると検索対象外の商品になったり
出品停止の措置がとられたりする可能性があります。

メイン画像の規則にはきちんと従い登録を行いましょう。

メイン画像はCTRに関係する重要な部分

メイン画像は、以下のように検索結果画面にも表示されます。

検索結果ページで並んでいる商品から
自身の出品している商品ページを見てもらう必要があります。

検索結果ページには商品名や価格、レビューなどが表示されますが
特に目に留まりやすいものといえばメイン画像です。
そのためCTRを上げる大切な要素の1つになります。

鮮明で綺麗な画像にしましょう。

サブ画像について

サブ画像の場所とルール

次にサブ画像について説明していきます。

サブ画像とは、以下の画像で指している部分のこと。
2枚目以降がサブ画像です。

サブ画像はメイン画像のように白背景などといった
細かい規則はありませんがサイズは
メイン画像と同様の規定があります。
また設定することができる枚数は最大で8枚です。

サブ画像は、メイン画像で伝えることのできない情報を
補足で伝えるようにしましょう。
商品の使用感・使い方・強みなどを伝えることができます。
どんな内容にするのか・商品の雰囲気を伝える色合いなど
意識して作成するといいでしょう。

また、商品の雰囲気を伝えることができるため
ブランディングの1つとしてもサブ画像を活用できます。

サブ画像はCVRに関係する重要な部分

サブ画像はメイン画像と違って
検索結果ページには表示されません。

ページを見に来た・商品に興味がある人が
閲覧するのがこのサブ画像です。
商品を買うか否かを悩んでいるとき、
購入者に一番必要なのは、商品の使い方や
期待できる効果、競合と比較した時の強み
というような”情報”ではないでしょうか。

ネットショピングでは
実際に商品を見たり使ってみたりすることができないため
出品者の提供している情報がとても重要です。

サブ画像で商品の情報を視覚的に伝えることが
CVRの向上にも繋がってくるため
Amazonを運用していく中で
サブ画像にも注力することが重要になってきます。


画像を含めた商品ページの充実について
詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【Amazon SEOとは?】上位表示を目指すための対策ポイント
https://www.hideandseek.co.jp/archives/2158
このページへ来られたあなたは「 Amazon で SEO 対策したいけど何から取り組めばいいの?」「そもそも Amazon での SEO 対策って何?」と悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。売上に繋がる Amazon の SEO 対策について具体的な方法を詳しく解説していきます!Amazon SEOが大切な理由って?Amazon SEO とは「SEO」とは、Googleで使用されている検索エンジン最適化のことです。ユーザーが検索したキーワードに応じて、適切な記事を提供しています。SEOについてきになる方はこちらの記事をご覧ください! Amazonでは、検索をし...

Amazonの画像で大切なこと

画像サイズも重要!ズーム機能の利用

Amazonでは画像を大きく表示することができる
ズーム機能があるということをご存知でしょうか?

以下のようにメイン画像やサブ画像に
カーソルを当てると右側に商品が拡大され
商品を隅々まで見ることができる機能です。

ズーム機能を使うには
「最長辺のいずれかか1000ピクセル以上」
という規則があります。

手にとって商品を見ることができない分
ズーム機能がついていると
購入者は購入を決断しやすくなります。

ぜひ画像を作成する際に参考にして
積極的に利用してみてください。

スマホでの最適化

Amazonで何かを購入しようとするとき
ほとんどの人はスマホを使って商品を探します。

そのためスマホでAmazonショッピングを
楽しむ人に向けた画像の最適化が必要です。

スマホで画像は以下のような表示になっています。

スマホでの表示枚数は「メイン画像+サブ画像6枚」です。

PCで見る時との1番の違いは、スクロールをしないと
次のページを見ることができないという点。
そのため、サブ画像を作成するときには
「流れ」を作ることが大切になってきます。

最後までスクロールしてもらうように
そして商品に興味を持ってもらえるように
画像の構成を作らなければなりません。

購入者の視点を持って画像を作成しましょう。

注意するのは薬機法

Amazonの説明文やコンテンツなどの作成時だけでなく
画像を作成する際にも気をつけなければならないものが
薬機法です。

商品の説明をする際に「表現」に規制をかけているもので、
医薬品として誤解させないこと、間違ったことを伝えたり、
過剰な期待をさせたりしないことが基本的な考え方となっています。

Amazonならではの薬機法もありますが、
基本的には世間で言われている薬機法を守ることが大切です。
以下の記事で詳しく説明しておりますので
興味のある方はぜひご覧になってください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【広告運用】化粧品における薬機法とは?OK&NG表現をわかりやすく解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/3165
広告を運用する上で欠かせない薬機法についての知識。今回は、主に通販・広告運用においての薬機法について具体的にわかりやすく解説します。ぜひ参考にしてくださいね。薬機法とは?そもそも薬機法とはどのような法律なのでしょうか?広告運用においては主に「品質、有効性及び安全性の確保」を目的とした規制がなされています。それでは、なぜ薬機法を守る必要があるのでしょうか?薬機法を守らずに誇大な表現をしている広告をイメージしてみてください。消費者は広告を商品に対する誤ったイメージを持ってしまいますよね。このよう...

画像を作成するときにも文言の記載に気をつけましょう。

画像の追加方法

新規出品で商品を登録する際には
メイン画像が必須になるため
商品登録をする前に準備をしておきましょう。

出品方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を
ご覧ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【手順画像あり】Amazonで出品する際に必要なものや方法について徹底解説します!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/1593
今回はAmazonへの出品を考えている方は、「出品用のアカウント登録方法」や出品方法である「相乗り出品」「新規出品」などの商品登録の方法をご存知でしょうか?この記事では画像付きで商品登録方法、出品アカウントの作成方法を詳しく解説しています。Amazon出品についての理解を深めましょう。知っておくべき!商品登録をする前に決めておくこととは?Amazonで出品を始める際には、「大口出品」か「小口出品」かのどちらかで出品をするのか、決めておく必要があるということを知っていますか?大口出品と小口出品にはそれぞれ特徴が...


サブ画像はあとからでも追加が可能です。
すでに登録済みの商品に
画像をアップロードする方法について説明します。

①セラーを開き、在庫管理をクリック

②編集したい商品の「詳細の編集」をクリック

③画像の部分にアップロード

画像の追加方法は以上です。

反映するまでには24時間ほどかかります。

まとめ

以上がAmazonのメイン画像・サブ画像についての
説明でした。

ネットショッピングにおいて
ユーザーに情報を伝えることができる唯一の方法が
商品ページです。

その中でも文章だけでは伝えられないイメージなどを
ユーザーに伝えることができるのが
メイン画像とサブ画像になります。
有効活用してページを充実させましょう。

弊社は40社以上のAmazon運用代行を行なっており
Amazon仕様のバナーの制作もしています。

興味がある方は
ぜひ下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。

今回はAmazonへの出品を考えている方は、
「出品用のアカウント登録方法」や
出品方法である「相乗り出品」「新規出品」などの
商品登録の方法をご存知でしょうか?

この記事では画像付きで商品登録方法、出品アカウントの作成方法を詳しく解説しています。
Amazon出品についての理解を深めましょう。

知っておくべき!商品登録をする前に決めておくこととは?

Amazonで出品を始める際には、
「大口出品」か「小口出品」かのどちらかで出品をするのか、決めておく必要があるということを知っていますか?

大口出品と小口出品にはそれぞれ特徴があります。
自分がどちらを選ぶ方が適当なのかを知ることからまず始めましょう。

以下の特徴を持つ人は、該当する出品の種類を選びましょう。

大口出品

 

小口出品


より詳しく知りたい方は以下の記事をご参考にしてください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【初心者必見!】Amazon大口出品と小口出品の違いを徹底解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/1335
Amazonに出品を検討している方は、「大口出品」にしようか「小口出品」にしようか、出品方法を迷われているのではないでしょうか?「違いを知りたい!」「自分自身が出品するときはどっちが良いんだろう。」と悩んでいる方へ、詳しく徹底解説していきます!大口出品と小口出品の違いを解説!下の表は、Amazonが公開している大口出品と小口出品の違いです。参照:Amazon出品サービス「大口出品と小口出品の違い」https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/individual-promerchant.htmlこのように、8つの項目で紹介されて...

2つを比較した上で、事前に大口出品にするか小口出品にするか決めておくといいですね。

出品をする前に準備しておいた方がいいことって?

Amazonへの出品をスムーズに行うために、事前に準備しておくと良いものがあります。

まず最初に「購入アカウント」と「出品アカウント」の2つのアカウントを作りましょう。
購入アカウントと出品アカウントは、全く別のものです。
最初に購入アカウントを作成することで、出品アカウントを作成することができます。
ちなみに、すでに購入アカウントをもっている場合は、新しく作る必要はありません。

では、それぞれのアカウント作成方法について画像付きで説明していきますね!

購入アカウントの作成方法

購入アカウント作成手順

1、Amazonのトップページを開きます。
赤で囲われている右上の部分の
【新規登録はこちら】をクリック。

ちなみに購入アカウントを既に持たれている方は、【ログイン】ボタンでログインすることができます。

2、必要な情報を入力していきます。


ここで登録するメールアドレスは、この後に登録する
「出品アカウント」とは
別のメールアドレスにしておきましょう。
注文を受注したとき、出品アカウントで登録したメールアドレスに通知が来るようになっています。

購入用と出品用のアカウントを一緒にしておくと、
受注メールが埋もれる可能性があり、配送に支障が出る可能性も。
加えて、収支などの管理を簡単にすることができるという理由から
メールアドレスは別のものを登録しておいたほうがいいでしょう。

全ての項目を入力したら、
【Amazonアカウントを作成】をクリックします。
この2ステップで購入アカウントは登録完了です。

出品アカウントの作成方法

はじめに出品アカウントを作成するにあたって
準備しておくものを詳しく解説していきます!

準備するもの

■クレジットカード
クレジットカードは、本人確認や手数料の支払いに使用します。
クレジットカードがない場合は、デビットカードでも大丈夫です。

また、大口出品の月額料金(4,900円(税抜))は、
基本的には売上金から引かれることになっていますが、
売上金が足りない場合は、このクレジットカードから引き落とされることになります。

プライベートで使っているものとは別のクレジットカードを使用するようにしましょう。
確定申告を行う際にめんどくささがなくなります。
企業の方は、会社のクレジットカードを使われる方が多いようです。

クレジットカードについては、あとから変更することができます。

 

■銀行口座
本人確認や売上の受け取りに使うことになります。
収支が分かりやすく管理しやすくなるため、
こちらもプライベート用のものと分けて作っておくといいでしょう。

銀行口座も、あとから変更することが可能です。

 

■メールアドレス
Amazonから連絡がきます。
購入アカウントとは別のものを登録しておいた方が管理が楽です。

 

■電話番号
本人確認に使用され、登録の際に必要となります。

 

■登記簿謄本
個人事業主ではなく、法人として登録する際に必要になります。

 

■本人確認書類
以下の2点を提出する必要があるので、事前に準備しておいてください。

①有効期限内の顔写真入りの身分証明書1部
パスポートや運転免許証のいずれか1つを提出することになっています。
顔写真入りの身分証明書であるマイナンバーカードは
使うことができないので注意してください。

身分証に顔写真が入っていることや、
氏名がセラーセントラルに登録する情報と一致していること、
提出の際のファイル形式など細かい注意点があります。

 

②過去180日以内に発行された各種取引明細書1部
クレジットカードの利用明細書・インターネットバンキング取引明細・
預金通帳の取引明細・残高証明書のいずれか1つを提出することになっています。

スクリーンショット画像や撮影した画像は使用できないこと、
提出の際のファイル形式など、こちらの書類にも注意点が複数あるので、
以下のサイトで確認してください。

参照「Amazon 出品サービス」
https://services.amazon.co.jp/resources/start-selling-guide/account-registration.html?ref=as_jp_soa_startguide_register_link

 

準備は以上です。
では、ここから出品アカウントの登録方法について説明していきます。

出品アカウント作成手順

Amazonのトップページを開きます。
先ほど作った購入アカウントでログインをしておいてください。

────────────────────────

1、Amazonのトップページにある【アカウント&リスト】をクリックします。
赤で囲んでいる部分です。

2、【Amazon出品サービス】の部分をクリックします。

3、赤で囲んでいる【さっそく始める】をクリックします。
この画面は、時期によって仕様が変わるので注意してください。

今回、説明する出品方法は「大口出品」です。
小口出品をされる場合は、この画面をスクロールしたところにある
【小口出品で販売したい方はこちら】という部分をクリックしてくださいね。

大口出品では【さっそく始める】をクリックします。

4、【Amazonアカウントを作成】をクリックしたあと、
  右側の赤枠の部分の必要事項を入力します。
メールアドレスは先ほど説明したように、
購入アカウントとは別のものを登録しておくといいでしょう。

入力が終して【次へ】をクリックすると、登録したメールアドレスに
確認コードが届きます。そのコードを入力してください。

5、該当する項目を選択・入力してください。

事業所の所在地を選択し、氏名を入力します。

入力が終われば【同意して続行する】をクリックします。

では、これ以降の入力項目を説明していきますね。

────────────────────────

1、ビジネス情報

先ほどの画面の業種「法人」で選択した場合は
登記簿謄本の通りに法人情報を記載してください。

電話番号は、登記しているものではなく確認がとれる個人の番号で構いません。
担当者は、本人確認される際のお名前を入力してください。

2、出品者の情報
該当の情報を入力してください。

3、マーケットプレイス
マーケットプレイスとは、インターネット上で商品をやり取りする場所のことです。
簡単に言うと販売する国のこと。

 


どこの場所で販売をするのか「北米」「日本」「ヨーロッパ」から選ぶことができます。

4、請求
クレジットカードの情報を入力してください。
ここで登録したクレジットカードから、月額登録料が引かれます。

5、ストア
ストアとは、Amazon内でLPを作成・公開できるサービスのことです。
そこで表示するストア名を記入してください。

UPC(統一商品コード)・EAN(欧州統一商品番号)・JAN(日本商品コード)コードとは、
商品についているバーコードのことです。
JANコードは、日本の共通商品コードとして使われていて、13桁の数字で作られているもの。

国際的にはEAN、UPCという表記で使われます。
ちなみに、ヨーロッパをはじめとした国で使われているものがEAN、アメリカで使われているものがUPCです。

6、認証
事前に準備しておいた本人確認の書類をアップロードします。

以上が出品者アカウントの作成方法です。
審査の結果は2営業日ほどで連絡がきます。

出品アカウントを作ったら、次は商品登録を行いましょう!

 

注意点

ここで1点注意点があります。

アカウント作成の過程で最初に用意した銀行口座を入力する工程はでてきません。
アカウントが完成したあとに自分自身で登録する必要があります。

売上金を振り込んで欲しい口座の情報を忘れずに入力しましょう。

 

即実践!商品登録の方法は2種類ある!それぞれを徹底解説

購入アカウントと出品アカウントの作成ができたら次は商品登録を行いましょう。
今回は、「大口出品」での出品方法について説明していきますね。

商品登録の方法は2種類あります。

では、それぞれの登録方法について説明していきます。

相乗り出品での登録方法

相乗り出品は、既にAmazonで販売している商品に相乗りして出品する方法なので、
すぐに出品することが可能です。
では、相乗り出品を行うためには何を準備しておけばいいのでしょうか?

準備するもの

・出品する商品の製品コード
UPC・EAN・JAN・ISBN(国際標準図書番号)などの製品コードで検索すると、
より正確な結果を得ることができます。
すぐに商品ページを見つけることができるように、商品の製品コードを用意しておくといいでしょう。

手順

出品アカウントでセラーセントラルにログインしておきます。

1、セラーセントラルの上部の
【カタログ】→【商品登録】をクリックします。

2、準備しておいたJANコードやEAN、UPCなどの「製品コード」を、以下の画像の赤の枠に入力します。

3、商品画像と商品情報を確認したあと、出品したい商品と合致していれば
  右側にある赤枠の【この商品を出品する】をクリックします。

以上で相乗り出品での商品登録は完了です。

新規出品での登録方法

新規出品は、Amazon上に商品ページがまだ作られていない商品を出品する方法です。
そのため、商品ページを、イチから作る必要があります。

準備するもの

以下が入力必須の項目ですが、出品する商品によって入力必須項目は変わってきます。
ただ、商品が変わっても以下のものは絶対に入力しなければならない項目です。

────────────────────────

■重要情報
・商品名
製品コード
・ブランド名
・メーカー名

■出品情報
・価格
・コンディション

■画像
・メイン画像
Amazonに出品する際、商品画像を1点以上設定しなければなりません。
検索結果で表示される画像を「メイン画像」と言います。

これにはガイドラインが存在し、掲載できる画像かどうかの条件が決められています。

以下のサイトの黄色の部分にある【商品画像の要件(※)】をガイドで確認してください。
※セラーセントラルでのみ閲覧可能です。

参照:Amazon seller central
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/external/help.html?ie=UTF8&itemID=16881

────────────────────────

以上が準備しておくと良いものです。
出品する商品のカテゴリーによって、入力しなければならない情報が違う場合もあります。
少なくとも上記に記したものは、用意しておきましょう。

手順

セラーセントラルにログインしておきます。

1、相乗り出品同様【カタログ】→【商品登録】を開きます。

2、【Amazonで販売されていない商品を追加します】をクリックします。

3、カテゴリーを選択してください。

ここから細かい商品情報の登録を行っていきます。

4、重要情報を入力します。

(1)商品名
(2)商品コード:JANコード(※1)
(3)ブランド名
(4)メーカー名
(5)パッケージ出品数(※2)

「  * 」←このマークがある部分は入力が必須の項目です。

(※1)
新規出品を行う際、JANコードを取得している商品の出品が原則で決まっています。
コードがない商品を出品したい場合には「製品コード免除の許可申請」を
Amazonに提出しなければなりません。申請を行っていない限り、
入力が必須の項目です。

(※2)
今回はカテゴリーを、
「ドラッグストア→栄養補助食品→サプリメント・ビタミン→コラーゲン」と選択したため
(5)パッケージ出品数が入力必須項目になっています。
販売する商品ごとに入力必須項目は変わってくるので注意してください。

5、出品情報を入力します。

(1)販売価格
価格を設定してください。
(2)コンディション
コンディションは、プルダウンから選んでください。
こちらも販売する商品によって選べる選択肢が変わります。

6、画像を設定します。

メイン画像を設定します。
先ほども説明したようにガイドラインがあるのでその規則に従い作って下さい。

▼画像について詳しく知りたい方はこちらの記事をご確認ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
【 Amazon出品者必見】商品画像(メイン画像とサブ画像)のルールや注意点
https://www.hideandseek.co.jp/archives/3840
Amazonの商品画像にはメイン画像とサブ画像の2種類がありそれぞれの規則や特徴によって使い分けることが大切です。Amazonでの出品を考えている方や売上を上げていきたい方に向けてAmazonの商品画像について詳しく説明していきます。メイン画像についてメイン画像の場所とルールまず最初にメイン画像について説明します。メイン画像とは、以下の画像で指している部分に表示されるものです。 基本的に白背景に商品本体の画像のみが載っています。商品を出品する際、このメイン画像は必須で登録しなければならないもの。メイン画像...

登録が終わったら右下にある【保存して終了】を入力します。

────────────────────────

以上が商品登録の際の入力項目です。
登録した後は、15分以内に反映されAmazonに公開されます。

しかし、商品によっては反映されるまで
最大24時間ほどかかる場合があるので注意してください。

ちなみに、以下の画像の右上にある「詳細表示」を押すと
「説明」「キーワード」「詳細」など商品ページをより細かく設定することができます。


この段階では、登録必須項目ではない部分です。
商品ページの最適化を行うために、あとから登録したほうがいいでしょう。

ページの最適化は、Amazon内SEOにも影響します。
オーガニック検索でどれだけ上位表示させることができるかどうかが大切なんです。
Amazon内SEOについて詳しく知りたい方はご覧ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【Amazon SEOとは?】上位表示を目指すための対策ポイント
https://www.hideandseek.co.jp/archives/2158
このページへ来られたあなたは「 Amazon で SEO 対策したいけど何から取り組めばいいの?」「そもそも Amazon での SEO 対策って何?」と悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。売上に繋がる Amazon の SEO 対策について具体的な方法を詳しく解説していきます!Amazon SEOが大切な理由って?Amazon SEO とは「SEO」とは、Googleで使用されている検索エンジン最適化のことです。ユーザーが検索したキーワードに応じて、適切な記事を提供しています。SEOについてきになる方はこちらの記事をご覧ください! Amazonでは、検索をし...

 

Amazonのページ上にきちんと公開したことが確認できたら、商品の在庫を入れましょう。
在庫が入っているのを確認できれば、商品登録は完了です。

登録した商品は、セラーセントラルの
【在庫】→【在庫管理】で見ることができます。

まとめ

以上が、Amazonでの出品方法です!

まず最初に、「大口出品」「小口出品」のどちらで出品をするのかを決めておきます。
そのあと、登録する必要があるものが購入アカウントと出品アカウントです。

アカウントができたら、商品登録を行います。
相乗り出品と新規出品で登録方法や準備するものが変わってくるので、事前に確認しておいてください。
また、この際に準備するものが何点かあるので、先に用意しておきましょう。

登録した内容が反映されているかを確認をして、在庫を入れれば、商品の登録は完了です。

慣れてしまえば誰でも簡単に登録することができます。
ぜひこのブログを見ながら出品してみてください!

ちなみに楽天で出店する方法は以下の記事でまとめています。
気になった方はぜひご覧ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【楽天初心者必見】出店のメリットとデメリット、 気になる費用まで大公開!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/1058
ECモールといえば、楽天、Amazon、ヤフーショッピングの3大モール。今回は、その中でも楽天出店のメリットとデメリット、そして一番気になる費用について徹底解説していきます。これから楽天への出店を考えている方は必ず読んでくださいね! 楽天に出店するメリットまずは、楽天出店のメリットとデメリットについて見ていきましょう。自社の商品と方向性が、楽天と相性が良いかどうかをはかるひとつの基準にしてください。 爆発的な集客力楽天の月間利用人数は4804万人(2019年4月)日本人口の約4人に1人が楽天でお買い物を...

 

このブログを書いているHide&Seekは、
Amazon、楽天、yahoo!の運営代行を行っている福岡の会社です。

「ECモールに出店したいが、リソースを割く余裕がない」
「あくまで自社モールに優位性を置いた上で、販路を増やしていきたい」
「ECモールに出店したけれど、手が回っていなくて売上が上がらない」

そんなお悩みをお持ちの方は、
ぜひ下のコンタクトフォームのリンクよりお問い合わせください。