WEB広告業界に身を置くと「CPC(シーピーシー)」という単語をよく耳にしますよね。

そこで今回はCPCの意味やその課金体系のメリットデメリット、そしてよく使われるリスティング広告におけるCPCの調整方法まで分かりやすく解説します。

CPCとは

CPCは「Cost Per Click」の略かつ「クリック単価」という意味で、ユーザーがWEB広告を1クリックしたときに発生した広告費用のことを指します。

またそのクリックによって広告費用が発生する課金方式のことを「CPC課金(クリック課金)」とも言います。

対してクリックではなく、WEB広告の表示回数に応じて広告費用が決まる課金方式が「CPM課金」です。

こちらの記事で「CPM」について詳しく解説しています。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【必読】CPM課金とは?~CPC課金との違いから媒体ごとの相場まで詳しく解説~
https://www.hideandseek.co.jp/archives/2913
web広告業界には似た用語がたくさんありますよね。そんな中でもよく耳にする「CPM」。普段当たり前に使っている言葉ですが、正確に理解できている自信はありますか?広告戦略を考える上で、必ず理解しておかなければなりません。今回はCPMのすべてを説明していこうと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね。1CPM課金とはCPM(シーピーエム)とはCost Per Mille(コストパーミル)の略で「インプレッション単価」と訳されます。CPMの”M”はローマ数字で1000を意味する”M”。あるいは、その由来となったラテン語で1000を意味する”Mill...

CPC課金のメリット・デメリット

メリット

CPC課金は「クリック」というアクションが起こらない限り広告費が発生しません。

つまり無駄なクリックを抑えることで広告費の削減が可能です。

例えば広いターゲットで訴求をすると広告はクリックされる(CTRClick Through Rateの略で「クリック率」の意味。クリック数÷表示回数で計算できるが高い)が、あまり刺さらずにCVRConversion Rateの略で「コンバージョン率」の意味。コンバージョン数÷表示回数で計算できる。が悪く、CPACost Per Action(Acquisition)の略で「新規顧客獲得単価(コンバージョン単価)」の意味。1件当たりのコンバージョンにいくらかかったかを見る指標で、コンバージョン数÷広告費用で計算できるが合わないことがあります。

そこでLPLanding Page(ランディングページ)の略で「ユーザーが一番最初に訪れたページ」の意味。のペルソナに沿った広告文にすることでCTRは低くなるけどペルソナに刺さってCVRが高まり、CPAを合わせられることがあるのです。

もしCV数を拡大したいのであれば表示回数に対するCV数を増やす必要があるのでクリック率が関係しますが

CPA内に抑えて運用したい場合は、LPの修正を行いCVRを上げる施策だけに注力しましょう。

デメリット

CPC課金は基本オークション形式です。

つまりリスティングで同じキーワードを入札している競合が多ければ多いほど、クリック単価が高くなっていきます。

ディスプレイ広告でも同じです。

デモグラやサイトカテゴリで配信面を絞れば絞るほど競合とかぶりやすいので、クリック単価が高くなっていきます。

またCVRが悪い状態では、CTRが高くなればなるほど広告費用が嵩むこともデメリットです。

リスティングにおける4つのCPC調整方法(入札単価調整)

リスティングでのCPC調整は主に4つの方法があります。

①目標CPA×CVRを越さないように入札単価調整

1つ目が入札単価を直接上げ下げする方法です。

検索連動型広告であればキーワード&広告グループ単位、ディスプレイ広告であれば広告グループ単位で入札単価を調整できます。

調整の仕方はいたって簡単です。

入札単価を「目標CPA×CVR」で出した数字より高くならないように設定します。

例えば商品の目標CPAが10,000円、キーワードAのCVRが1.5%だとすると

10,000×0.015=150

キーワードAの入札単価は150円です。

この金額を超えると目標CPAを割ってしまいます。

毎日クリック単価は上下するので、コンバージョン単価が高いと感じたらその都度計算して入札単価調整を行いましょう。

②「推定入札単価」に合わせて入札単価調整

2つ目もクリック単価を直接上げ下げする方法です。

Google広告ではキーワードの管理画面で

・入札単価調整(1ページ目)
・入札単価調整(ページ上部)
・入札単価調整(掲載順位1位)

Yahoo!広告ではキーワードの管理画面で

・1ページ目掲載に必要な入札価格
・1ページ目上部掲載に必要な入札価格

を表示することができます。

とりあえず1ページ目に表示されていなければ表示回数が激減しますので、基本的には「入札単価調整(1ページ目)」や「1ページ目掲載に必要な入札価格」を最低の基準ラインとしましょう。

もし1ページ目掲載の推定入札単価が「目標CPA×CVR」で出した金額よりも高ければ、CPAを割ってしまいますので基本は「目標CPA×CVR」で出した金額に合わせます。

また1位掲載や1ページ目上部掲載の推定入札単価よりも「目標CPA×CVR」で出した金額が高ければ、1位掲載や1ページ目上部掲載の推定入札単価までクリック単価を下げましょう。

これは、そのキーワードの平均クリック単価を下げるためです。

③効果の悪い検索クエリを除外設定

厳密にはCPCを下げる方法ではなくCPAを下げる方法ですが、この調整方法もご紹介します。

まず最初に基礎知識として

キーワード=広告主側が設定した文字列
クエリ=ユーザーが実際に検索した文字列

という違いがあることを頭に入れておいてください。

管理画面ではキーワードにチェックを入れることで、そのキーワードのクエリを確認することができます。

ここでコンバージョン単価が高騰しているクエリやCVが発生していないのに費用が嵩んでいるクエリ、また設定したキーワードに全く関係のないクエリを探して、除外キーワード設定を行いましょう。

これをすることで無駄な費用が減るのでコンバージョン単価が下がります。

また表示回数が減りキーワードのCVRが上がるのでさらに入札単価を上げることができ(CPC=目標CPA×CVR)、オークションに勝てる要因が増えるので必ず行いましょう。

④リターゲティングでは日数が大きくなるごとに低く設定

リターゲティングでは複数の日数で広告グループを分けて運用することが多いですよね。

またリターゲティング広告の特徴として日数が小さいほどCVRが高いことが挙げられます。

そのため日数が少ないほどクリック単価を上げ日数が大きくなるごとにクリック単価を低く設定しましょう。

上限CPCと拡張CPC

上限CPCとは

Google広告やYahoo!広告では「CPAが知らぬ間に高騰していた」という事態にならないために必ず日予算1日に消化される上限予算。日予算設定額×30.4(月の平均日数)が月の消費予算額となる。(例:日予算10,000円×30.4=月予算304,000円)や入札単価の設定をしなければなりません。

その設定で上限を定められたクリック単価が「上限CPC」です。

キャンペーンの入札戦略で、Google広告ならキャンペーンの入札戦略で「個別クリック単価性」を選択、Yahoo!広告なら「手動入札:個別クリック単価」を選択すると

全て自分で広告グループやキーワードごとの上限CPCを設定することができます。

拡張CPCとは

拡張CPCとは、上限CPCで設定した金額を過去のコンバージョンデータを元に、費用対効果が高くなるよう自動で引き上げ&引き下げしてくれる機能です。

例えば上限CPCを120円に設定していても、140円で入札した方がコンバージョンが拡大できるとAIが判断すれば自動で140円で入札してくれますし

逆に80円でないと効果が悪いと判断されれば自動で80円まで引き下げて入札してくれます。

細かい入札単価調整を自動で行ってくれるので運用時間を短縮できることに加え、自動でコンバージョン件数を拡大してくれるのがメリットです。

そのため手動入札に設定している場合は、基本的に拡張機能をオンしておくことをおすすめします。

CPCを下げることだけが全てではない

広告の費用対効果はROAS、つまり「売上÷費用」で計算するので、分母の費用に繋がるCPCを安くすることが目的と考えられがちです。

しかしCPCを安くすることでオークションに負けて表示回数が減り、コンバージョン数が減る可能性もあります。

重要なのは目標CPA内で獲得できるCV数を増やすことです。

目標CPA内で取れていたらCPCを上げて表示回数を増やしたり、そのキーワードで獲得できた粗利をもとに他のキーワードでも取れるかのテスト予算に回したり

CV数を拡大していくように調整していきましょう。

また、CV数を拡大するためにはCVRの引き上げが必要不可欠です。

こちらの記事でCVRについて改善案まで解説しておりますので合わせてご覧ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
コンバージョン率(CVR)の計算方法・平均値・改善案まで徹底解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/2387
WEB広告業界では「コンバージョン率」という単語を必ず耳にしますが、何を測るための「率」なのか、どう計算するのかよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回はコンバージョン率の「分析における意味」や「計算方法」、そしてコンバージョン率の平均から改善策までご紹介していきます。コンバージョン(CV)とコンバージョン率(CVR)の意味コンバージョンの意味まずコンバージョン(Conversion)は「転換、変換、交換」という意味をもちます。WEB業界では「WEBサイトで獲得できた成果」を表す用語として使...

今回の記事は、アドネットワークという仕組みが生み出された背景を紐解きながら
アドネットワーク導入のメリット・デメリットを整理し、アドネットワークを活用することで得られる効果をご紹介していきます。

広告運用する上で
「どのアドネットワークを使えばいいのか分からない。」
「そもそもどんな仕組みなのかしっかり理解していない。」

という方はぜひ参考にしてください。

キーワード

本題に入る前に、この記事での大切なキーワードのご紹介します。
度々出てくるのでしっかり整理しておいてください。

アドネットワーク

アドネットワーク(Ad Network)とは

複数の広告媒体(Webサイトやソーシャルメディア、ブログ等)を集めて
広告配信ネットワークを作り、それらの媒体に広告をまとめて配信する仕組みのことです。

アドネットワークが登場したのは2008年頃で、広告主は媒体ごとに広告を出稿する手間から開放され効率的な広告配信が可能になりました。

それ以前は、広告を媒体に配信するために複数の媒体ごとに問い合わせをし
料金や空き状況を確認し、入稿する必要があったんです。(このことを「純広告」と言います。)

広告を配信するなら、同時にいくつもの媒体に配信する方が効果的になります。

そのために広告主側は

・媒体選定や広告掲載までに手間がかかる
・広告枠を確保するため、媒体ごとに大量の広告掲載依頼をしなければならない
・掲載終了後もそれぞれの媒体から提供されるデータが異なるため、媒体間の比較が難しい
・媒体ごとに広告管理をしなければならない

という問題があります。

一方で、媒体側は

・広告主に対する営業活動や交渉をしなければならない
・広告主へ効果報告をしなければならない
・媒体に一定数のボリュームが得られないと広告枠の魅力を有することが困難

というような、問題もありました。

これらすべての問題を解決したのが「アドネットワーク」です。

アドネットワークという「広告配信ネットワーク」に”入札”という形態で広告配信することで
広告主は多数のWebサイトに一括で広告を配信することが可能になり効率的に広告を配信できるようになりました。

アドネットワーク事業者を紹介

主なアドネットワーク事業者としては、GDN(Google Display Network)やYDN(Yahoo! Display Network)など数多く存在します。
その中でも、日本で有名な媒体情報をまとめました。

>>GDNについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【2020】GDNとは?〜YDNとの比較からバナーサイズまで〜
https://www.hideandseek.co.jp/archives/1452
・この4月から広告代理店に勤めることになった・自社の広告運用を担当することになった・最近、広告運用について勉強を始めたこのような状況にある皆さんは今「わからないことがたくさん…」と混乱しているのではないでしょうか?そんな方々のために今回、GDNについて詳しく解説していきたいと思います。初心者の方でもわかりやすくなっていると思うので、ぜひ読んでみてください。GDNとはGDNとは「Googleディスプレイネットワーク」のことをいいます。簡潔にいうと、さまざまなメディアに広告をまとめて配信する仕組みです。以下のよう...

Google Display Network

ニュース サイト、ブログ、Gmail、YouTube など 200 万以上のさまざまなウェブサイトに広告を表示することができ、世界中のインターネット ユーザーの 90 % にリーチできます。

Yahoo!ディスプレイネットワーク

広告出稿の目的(コンバージョン、動画再生、サイト誘導など)に合わせた運用が可能です。ユーザーの興味関心や購買意向に基づくターゲティング機能もあります。

https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/displayads/

popIn

webメディアの価値の向上、証明をモットーに開発されたコンテンツディストリビューションサービスです。
サイト内部回遊の向上の他に、コンテンツ/ユーザー分析、広告掲載によるマネタイズ等を目的に、現在、大手新聞、出版、通信社を始めとした900以上のwebメディアを導入しています。

https://www.popin.cc/home/index.html

AKaNe byGMO

インフィード形式で広告が表示されるため、「読まれる」ことが重要なコンテンツ広告の配信に最適なプラットフォームです。

https://akane-ad.com/

広告主側のメリット・デメリット

アドネットワークの導入によって広告主側は広告を配信する上でどのように変わったのでしょうか。メリットとデメリットをご紹介していきます。

メリット

広告配信が手軽にできる

それぞれの媒体によって、課金形態や入稿規定が異なる上に媒体選定や広告掲載までの手間がかかっていた広告配信。

それがアドネットワークの導入によって、入稿および入札するだけで大量出稿ができるようになりました。
そのおかげで、広告主側の負担が格段に減り手軽に配信できるようになったというわけです。

広告配信後の効果がわかる

インプレッション、クリック、クリック率、コンバージョン、コンバージョン率などの
効果測定データを入手できるようになったため、より効率の良い広告運用ができるようになりました。

デメリット

複数のアドネットワーク事業者を利用する場合、管理が複雑

アドネットワークの広告枠は、一つのジャンルに偏っていることもあり
複数のジャンルに出稿したい場合、複数のアドネットワークに出稿する必要があります。

この場合、アドネットワークごとに課金形態や効果測定方法が異なるため、管理が大変になることが多いです。

また、アドネットワークAとアドネットワークBを同時に運用し、同じ媒体に広告が重複して配信されてしまった場合、それぞれの広告のパフォーマンスが下がってしまうことがあります。広告の重複掲載は、広告費を無駄に使う上に、ターゲットユーザーに嫌悪感を与えるだけでなく、商品やブランんど、企業イメージ大幅に低下する可能性もあるので気を付けましょう。

広告の掲載先の把握が難しい

掲載先を選べないので、ターゲットでないサイトに出稿されることがあります。
広告パフォーマンスが低下する可能性もあるため、特定のサイトに広告を掲載しないようにする仕組みも取り入れられました。

媒体側のメリット

メリットは媒体側にもあります。

時間と労力の削減

広告主に対する営業活動や細かい交渉が必要だったのですが、アドネットワーク事業者が営業をするようになりました。

また、クリック数なども全てアドネットワーク事業者が計測してくれます。
なので、媒体側の労力と時間がかなり削減されました。

一つの広告枠に複数の広告が掲載できる

1つの広告枠に対して複数の広告が掲載できるようになり、広告枠を有効に使うことができます。

関連用語

アドネットワークと同時に覚えておきたいのが「DSP」です。
この二つはよく混同されがちですが、その機能と役割は異なります。

「DSP」とはDemand-Side Platformの略称で、広告出稿の費用対効果を高めることを目的とした自動最適化ツールです。

広告主が予算やサイト情報、ターゲット、目標CPA、バナークリエイティブなどを登録し
それに従って、インターネット上の広告枠を自動的に買い付けて配信を行います。

皆さんが普段目にしているバナー広告の一部は、DSPのようなツールによって表示されているというわけなんです。

つまり、アドネットワークは複数のサイトを束ねた「広告ネットワーク」に対して、 DSPは各アドネットワークに配信するための「自動化ツール」です。
実際に運用する際には「面」と「人」のどちらにアプローチしたいかで異なります。

「とにかく広く大量に配信したい」という場合は、アドネットワークが適していますし
「人に狙い撃ちし、運用の手間を減らしたい」というのであればDSPが適しているといえます。

アドネットワークの弱点

アドネットワークは安く広いユーザーにアプローチができます。
そのため、短期的にユーザーをサイトに誘導し、リターゲティングのユーザーリストを貯めていきながらパフォーマンスを上げていくことが可能です。
しかし、ここで注意すべきことは、アドネットワークは全ユーザーに配信しているということになります。
これは、ひとりひとりの潜在顧客に対して深くリーチするという意味では、親和性の低いユーザーにも配信してしまっているということも理解しておきましょう。

そこで、アドネットワークのパフォーマンスをさらに上げていくための方法として「リターゲティング」があります。

詳しい「リターゲティン」については以下の記事をご覧ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【完全版】リターゲティングって?仕組みと運用方法を解説します
https://www.hideandseek.co.jp/archives/1960
皆さんが広告を運用している中で“リターゲティング” “リタゲ”という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。きっと、リスティング広告と共に活用している人も多いはずです。しかし本当にリターゲティングのことを理解している自信はありますか?今回は、意外と知られていないリターゲティングについて詳しく説明して行こうと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね。リターゲティングとはあるページを訪れたことをきっかけに同じ広告を何度も、目にするようになるという現象。一度は経験があるのではないでしょうか。それが“リタ...

リターゲティングを活用することで
親和性の低い、買ってくれるか分からないユーザーに対して広告を配信し続けるよりも、効果が生まれやすくなることは間違いないでしょう。

まとめ

アドネットワークやDSPの登場によって、広告配信側の負担は格段に減りました。
負担が減った分、私たち広告主側は、より質の高い広告を制作していきたいですね。

「どのアドネットワーク事業者を使用すればいいのか分からない。」
「管理の仕方が難しい…」
「もっと詳しく教えてほしい」

という方がいらっしゃいましたら、気軽にお問い合わせください。

・この4月から広告代理店に勤めることになった
・自社の広告運用を担当することになった
・最近、広告運用について勉強を始めた

このような状況にある皆さんは今「わからないことがたくさん…」と混乱しているのではないでしょうか?
そんな方々のために今回、GDNについて詳しく解説していきたいと思います。

初心者の方でもわかりやすくなっていると思うので、ぜひ読んでみてください。

GDNとは

GDNとは
「Googleディスプレイネットワーク」のことをいいます。

簡潔にいうと、さまざまなメディアに広告をまとめて配信する仕組みです。

以下のように

多くの広告主から広告出稿をしてもらい、その広告をまとめて複数の広告枠に同時に配信できるんですね。

今回このGDNについて詳しく説明していきますが…

理解を深めるために
YDN(Yahoo!ディスプレイネットワーク)と比べながら解説していきたいと思います。

YDNとの違い

掲載先の違い

まずは掲載先です。

GDNは自社サービスがなく、主にYoutubeなどが掲載先となります。

また掲載サイトでなくともGoogleアドセンスがあるサイトではGDNが配信されるため
サイトの大小にかかわらず幅広く掲載されるのが特徴です。

一方、YDNはYahoo関連サービスに広告が配信されることが特徴となっています。
yahooニュースなど日常的にチェックしているサイトに広告を配信することが可能です。

ターゲティング方法の違い

ターゲティングとはビジネスにおいて「勝負する市場を選ぶこと」です。
広告運用においていうと「どこに買ってもえるお客様がいるか」ということ。

このターゲティングは大きく2つの軸に分けて考えます。

①ユーザーを軸にターゲティングする


※赤い文字はどちらかのみの特徴

表から見てわかるように、GDNはユーザーが積極的に調べている情報から
「購買意欲の強いオーディエンス」や「カスタムインテントオーディエンス」でより詳細に指定できることが特徴です。

一方でYDNは過去の検索履歴を用いるサーチターゲティングが特徴になっています。

②掲載面のコンテンツを軸にターゲティングする

大きな違いはありませんが、
GDNの方はキーワードによってコンテンツをより柔軟に指定可能です。

ここから、GDNのターゲティングをより詳しく見てきましょう。

以下の画像が、GDNの全体像なります。(上記2つの表のGDNだけをまとめたもの)

「ユーザー軸」と「掲載面のコンテンツ軸」をうまく組み合わせて使うことで
広告効果を大幅に高めることができるのです。

それぞれ簡単に説明していきましょう。

■カスタマーマッチとは
顧客から提供されたデータ(メールアドレス)を活用して、情報を提供した顧客や類似顧客を広告のターゲットに設定できます。
配信量(配信ボリューム)は提供されたデータに左右されてしまいますが、購買意欲が高いと思われる人に絞って配信が可能です。

■リマーケティングとは
自社サイトへ訪問したユーザーに対してもう一度広告配信できる機能です。
もっとも費用対効果が高いと言われています。

リターゲティングについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【完全版】リターゲティングって?仕組みと運用方法を解説します
https://www.hideandseek.co.jp/archives/1960
皆さんが広告を運用している中で“リターゲティング” “リタゲ”という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。きっと、リスティング広告と共に活用している人も多いはずです。しかし本当にリターゲティングのことを理解している自信はありますか?今回は、意外と知られていないリターゲティングについて詳しく説明して行こうと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね。リターゲティングとはあるページを訪れたことをきっかけに同じ広告を何度も、目にするようになるという現象。一度は経験があるのではないでしょうか。それが“リタ...

■類似ユーザーターゲティングとは
自社サイトへ訪問したユーザーや既存顧客とウェブ上の行動が類似するユーザーに広告配信できる機能です。

■インタレストカテゴリマッチとは
Googleがカテゴライズしたユーザーの興味を指定して広告配信を行うターゲティング機能になっています。

なんと2000以上のカテゴリがあるんですよ。

■デモグラフィックターゲティングとは
性別、年齢、地域(基礎属性)を指定して配信することができる機能です。

■プレースメントターゲット(手動プレースメント)とは
GDNの広告掲載場所のことをプレースメント。
広告主が広告掲載先として特に指定したプレースメントを手動プレースメントと呼びます。

以下の画像のように、広告表示位置を選択して配信できるということですね。

■コンテンツターゲティング(自動ターゲティング)とは
「設定したキーワード」と「トピック」それぞれの要素に基づいて関連性の高いサイトに広告を表示する機能です。

設定したキーワードと関連の高いウェブサイト、アプリ、動画に広告を表示するものを「キーワードターゲット」
またGDNの中で選択したトピックに関連のあるコンテンツが掲載されているページに広告配信を行うものを「トピックターゲット」と呼びます。

このようにGDNには多様なターゲティング機能が用意されており、組み合わせと工夫で様々なことができるので

…とても複雑なんです。

なので、運用者のスキルが成果へとダイレクトに影響します。
自社で運用するのならば、それなりの時間をかける覚悟を持って挑みましょう。

運用面での違い

■デバイス設定の違い

配信先デバイスとして、PC・スマホ・タブレットに広告を表示することができます。

それぞれで分けて設定することができるのですが、GDNとYDNでは設定する階層が異なっているので気をつけましょう。

GDNは「広告キャンペーン」階層で設定するのに対して
YDNは「広告グループ」階層で設定します。

細かい話にはなりますがGDN・YDNを併用しているとごちゃごちゃになりやすいので注意しておきましょう。

■予算管理方法の違い

予算について

GDNは、リスティング広告と同じ予算枠で管理できます。
全体の予算額を決めて入金し、その後ディスプレイ広告とリスティング広告で配分するという運用が可能です。

それに対してYDNではリスティング広告と別の予算枠で管理します。
ディスプレイ広告の予算はいくら、リスティング広告の予算はいくらとあらかじめ決めて、それぞれに入金するという形になるんですね。

この点では、GDNの方がYDNよりも運用しやすいかもしれません。

効果的な使い方

結論から言うと、予算の許す限り両方の媒体に出稿することをお勧めします。

なぜならば、媒体によって配信されるサイトが異なるからです。
できるかぎり多くのユーザーに商品やサービスを知ってもらうにはGDN・YDNどちらも押さえておきたいところですね。

ですが、予算の問題もあります。

限られた予算を効果的に使っていかなければなりません。
その場合、まずはターゲットとなるユーザーが普段どんなサイトを訪れていそうなのかを考えてみることが大切です。

GDNは、多彩なジャンルであったり個人のブログに掲載ができることから
趣味に関する商材に向いていると考えられますよね。

また、どんな層をターゲットにしているかでも違います。

GDNはYouTubeやスマホアプリなどに配信ができるので、よくスマホを使う層や若年層向けの配信に向いていると考えられますよね。

ちなみに、YDNは情報関連サイト(Yahoo!ニュースなど)に配信ができるので
ニュースを見ているサラリーマンや、比較的年齢の高い層への配信に向いていると考えることができます。

このようにGDNの特徴をしっかりと掴んだうえで

・広告を出したい商材はどんなものか
・どんなターゲットへ配信したいのか

を踏まえて、どちらにどのくらい予算を使っていくのか考えていくことが必要です。

バナーサイズ

最後にバナーサイズを紹介していきたいと思います。
主にバナーの種類は2種類。

バナーサイズ一覧

①イメージ広告

イメージ広告とは画像(バナー)のみでつくられた広告のことです。
さまざまなサイズの静止画像、アニメーション画像を使用できます。

この中で「300×250」はモバイルにもパソコンにも表示できるので優秀なサイズです。
画像のサイズで迷った時、まずはこのサイズで作成してみてはいかがでしょうか。

■バナーの入稿規定

・30秒を超えるアニメーションは許可されない
・ファイル形式は「JPG・PNG・GIF」のみ
・ポリシー違反(例:画質がやや粗い、LPとの関連性が低い)

②レスポンシブ広告

レスポンシブ広告とは、画像とテキスト(広告見出し・説明文)を入稿すると
配信先の広告スペースに合わせて「サイズ・表示形式・フォーマット」が自動的に調整されます。

■テキストの入稿規定

広告見出し(最大5個):半角30文字以下(全角15文字以下)
長い広告見出し(1個のみ):半角90文字以下(全角45文字以下)
説明文(最大5個):半角90文字以下(全角45文字以下)
会社名:半角25文字以下(全角12文字以下)

■画像の入稿(バナーの中に入れる画像

レスポンシブ広告ではバナー画像内にテキストを入れたい場合、文字の部分が画像全体の20%を超えると審査に通過しないので注意してください。

まとめ

今回、YDNとの違いと併せてGDNについてまとめてみました。

どうだったでしょうか?
GDNは、ディスプレイ広告の基本であり、効果を出すために外せない広告媒体の1つになります。

YDNとの違いも考えながら理解を深めていくことで、より効果的な方法で運用していきましょう。

弊社でも数多くのクライアント様からご依頼を受け、GDNやYDNでの広告運用をしております。
売上で伸び悩んでいたり、GDNでの広告運用方法が分からなかったり、勉強する時間も無いという方は是非一度お問い合わせください。

他にもWEB広告はたくさんあります。
WEB広告についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
リスティングやディスプレイなど『WEB広告』の種類総まとめ!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/1444
WEB広告業界は、昨今のコロナウイルスの影響もありさらに関心度が高まっていますよね。このページを訪問してくださったあなたも、WEB広告に興味を持って訪れたのではないでしょうか?そこで今回はWEB広告にはどんな種類があるのか、またそれぞれどのような特徴があるのか簡単にまとめてみました。WEB(インターネット)広告を利用するメリット今では誰もがパソコンやスマートフォンを持ち、お店を探すにも商品を買うにも検索して口コミやメニューを調べ、判断材料としてインターネットを使うことが多くなってきました。さらにはネット...