WEB広告業界に身を置くと「CPC(シーピーシー)」という単語をよく耳にしますよね。

そこで今回はCPCの意味やその課金体系のメリットデメリット、そしてよく使われるリスティング広告におけるCPCの調整方法まで分かりやすく解説します。

CPCとは

CPCは「Cost Per Click」の略かつ「クリック単価」という意味で、ユーザーがWEB広告を1クリックしたときに発生した広告費用のことを指します。

またそのクリックによって広告費用が発生する課金方式のことを「CPC課金(クリック課金)」とも言います。

対してクリックではなく、WEB広告の表示回数に応じて広告費用が決まる課金方式が「CPM課金」です。

こちらの記事で「CPM」について詳しく解説しています。
[blogcard url=”https://www.hideandseek.co.jp/archives/2913” blank=”true”]

CPC課金のメリット・デメリット

メリット

CPC課金は「クリック」というアクションが起こらない限り広告費が発生しません。

つまり無駄なクリックを抑えることで広告費の削減が可能です。

例えば広いターゲットで訴求をすると広告はクリックされる(CTRClick Through Rateの略で「クリック率」の意味。クリック数÷表示回数で計算できるが高い)が、あまり刺さらずにCVRConversion Rateの略で「コンバージョン率」の意味。コンバージョン数÷表示回数で計算できる。が悪く、CPACost Per Action(Acquisition)の略で「新規顧客獲得単価(コンバージョン単価)」の意味。1件当たりのコンバージョンにいくらかかったかを見る指標で、コンバージョン数÷広告費用で計算できるが合わないことがあります。

そこでLPLanding Page(ランディングページ)の略で「ユーザーが一番最初に訪れたページ」の意味。のペルソナに沿った広告文にすることでCTRは低くなるけどペルソナに刺さってCVRが高まり、CPAを合わせられることがあるのです。

もしCV数を拡大したいのであれば表示回数に対するCV数を増やす必要があるのでクリック率が関係しますが

CPA内に抑えて運用したい場合は、LPの修正を行いCVRを上げる施策だけに注力しましょう。

デメリット

CPC課金は基本オークション形式です。

つまりリスティングで同じキーワードを入札している競合が多ければ多いほど、クリック単価が高くなっていきます。

ディスプレイ広告でも同じです。

デモグラやサイトカテゴリで配信面を絞れば絞るほど競合とかぶりやすいので、クリック単価が高くなっていきます。

またCVRが悪い状態では、CTRが高くなればなるほど広告費用が嵩むこともデメリットです。

リスティングにおける4つのCPC調整方法(入札単価調整)

リスティングでのCPC調整は主に4つの方法があります。

①目標CPA×CVRを越さないように入札単価調整

1つ目が入札単価を直接上げ下げする方法です。

検索連動型広告であればキーワード&広告グループ単位、ディスプレイ広告であれば広告グループ単位で入札単価を調整できます。

調整の仕方はいたって簡単です。

入札単価を「目標CPA×CVR」で出した数字より高くならないように設定します。

例えば商品の目標CPAが10,000円、キーワードAのCVRが1.5%だとすると

10,000×0.015=150

キーワードAの入札単価は150円です。

この金額を超えると目標CPAを割ってしまいます。

毎日クリック単価は上下するので、コンバージョン単価が高いと感じたらその都度計算して入札単価調整を行いましょう。

②「推定入札単価」に合わせて入札単価調整

2つ目もクリック単価を直接上げ下げする方法です。

Google広告ではキーワードの管理画面で

・入札単価調整(1ページ目)
・入札単価調整(ページ上部)
・入札単価調整(掲載順位1位)

Yahoo!広告ではキーワードの管理画面で

・1ページ目掲載に必要な入札価格
・1ページ目上部掲載に必要な入札価格

を表示することができます。

とりあえず1ページ目に表示されていなければ表示回数が激減しますので、基本的には「入札単価調整(1ページ目)」や「1ページ目掲載に必要な入札価格」を最低の基準ラインとしましょう。

もし1ページ目掲載の推定入札単価が「目標CPA×CVR」で出した金額よりも高ければ、CPAを割ってしまいますので基本は「目標CPA×CVR」で出した金額に合わせます。

また1位掲載や1ページ目上部掲載の推定入札単価よりも「目標CPA×CVR」で出した金額が高ければ、1位掲載や1ページ目上部掲載の推定入札単価までクリック単価を下げましょう。

これは、そのキーワードの平均クリック単価を下げるためです。

③効果の悪い検索クエリを除外設定

厳密にはCPCを下げる方法ではなくCPAを下げる方法ですが、この調整方法もご紹介します。

まず最初に基礎知識として

キーワード=広告主側が設定した文字列
クエリ=ユーザーが実際に検索した文字列

という違いがあることを頭に入れておいてください。

管理画面ではキーワードにチェックを入れることで、そのキーワードのクエリを確認することができます。

ここでコンバージョン単価が高騰しているクエリやCVが発生していないのに費用が嵩んでいるクエリ、また設定したキーワードに全く関係のないクエリを探して、除外キーワード設定を行いましょう。

これをすることで無駄な費用が減るのでコンバージョン単価が下がります。

また表示回数が減りキーワードのCVRが上がるのでさらに入札単価を上げることができ(CPC=目標CPA×CVR)、オークションに勝てる要因が増えるので必ず行いましょう。

④リターゲティングでは日数が大きくなるごとに低く設定

リターゲティングでは複数の日数で広告グループを分けて運用することが多いですよね。

またリターゲティング広告の特徴として日数が小さいほどCVRが高いことが挙げられます。

そのため日数が少ないほどクリック単価を上げ日数が大きくなるごとにクリック単価を低く設定しましょう。

上限CPCと拡張CPC

上限CPCとは

Google広告やYahoo!広告では「CPAが知らぬ間に高騰していた」という事態にならないために必ず日予算1日に消化される上限予算。日予算設定額×30.4(月の平均日数)が月の消費予算額となる。(例:日予算10,000円×30.4=月予算304,000円)や入札単価の設定をしなければなりません。

その設定で上限を定められたクリック単価が「上限CPC」です。

キャンペーンの入札戦略で、Google広告ならキャンペーンの入札戦略で「個別クリック単価性」を選択、Yahoo!広告なら「手動入札:個別クリック単価」を選択すると

全て自分で広告グループやキーワードごとの上限CPCを設定することができます。

拡張CPCとは

拡張CPCとは、上限CPCで設定した金額を過去のコンバージョンデータを元に、費用対効果が高くなるよう自動で引き上げ&引き下げしてくれる機能です。

例えば上限CPCを120円に設定していても、140円で入札した方がコンバージョンが拡大できるとAIが判断すれば自動で140円で入札してくれますし

逆に80円でないと効果が悪いと判断されれば自動で80円まで引き下げて入札してくれます。

細かい入札単価調整を自動で行ってくれるので運用時間を短縮できることに加え、自動でコンバージョン件数を拡大してくれるのがメリットです。

そのため手動入札に設定している場合は、基本的に拡張機能をオンしておくことをおすすめします。

CPCを下げることだけが全てではない

広告の費用対効果はROAS、つまり「売上÷費用」で計算するので、分母の費用に繋がるCPCを安くすることが目的と考えられがちです。

しかしCPCを安くすることでオークションに負けて表示回数が減り、コンバージョン数が減る可能性もあります。

重要なのは目標CPA内で獲得できるCV数を増やすことです。

目標CPA内で取れていたらCPCを上げて表示回数を増やしたり、そのキーワードで獲得できた粗利をもとに他のキーワードでも取れるかのテスト予算に回したり

CV数を拡大していくように調整していきましょう。

また、CV数を拡大するためにはCVRの引き上げが必要不可欠です。

こちらの記事でCVRについて改善案まで解説しておりますので合わせてご覧ください。

[blogcard url=”https://www.hideandseek.co.jp/archives/2387” blank=”true”]

DSP?SSP?アドネットワークとはどう違うの?

なんとなく分ってるつもりだけど…

「本当は詳しく分かっていない。」
そんな人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はDSPについて、インターネット広告の歴史から
実際に運用する注意点までを詳しく説明します。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

DSPの歴史

インターネット広告が始まったばかりの頃は、広告を表示させるために
広告主がメディアから直接広告枠を買い付ける方式でした。

しかし、この純広告では
広告主側として広告掲載までの手間や管理することの問題があったんです。

そこで、複数のメディアの広告枠を一元管理するアドネットワークが登場しました。

その後、アドネットワークをまとめるアドエクスチェンジが生まれ
広告主と媒体側にとってより効果的に管理ができるように変化していったのです。

アドネットワークについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

[blogcard url=”https://www.hideandseek.co.jp/archives/3058″]

さらに、数が増えたアドネットワークやアドエクスチェンジを管理するために生まれたのがDSPになります。

冒頭で述べた通り、DSPは広告主側のプラットフォームであり、SSPがメディア側のプラットフォームです。

これら双方が繋がることによって、広告主側は手間なく複数のサイトでの
広告配信ができ、メディア側も簡単に広告を売ることができるようになりました。

そんなDSPは複数のアドネットワーク、アドエクスチェンジ、SSPへの広告の配信を管理しているので、
ターゲットとするユーザー(人)に対して効果的に広告を配信することができます。

DSPの仕組み

DSPで広告が掲載されるまでの仕組みは以下の通りです。

①ユーザーが広告枠のあるメディアのウェブサイトを閲覧(インプレッション発生)

②メディアは「こんな人(オーディエンス情報:性別・年代・興味・行動履歴など)が来ました。広告を表示したいです。」とSSPに広告をリクエストする

③SSPが各DSPでの中でマッチする広告を選抜し、オークションを行なう

④最高入札額を提示したDSPを選定し落札する

⑤落札したDSP経由で広告を掲載する

上記のように


広告枠のインプレッションが発生するたびに入札を行い
最も高い金額をつけた広告主の広告を表示する方式のことを
「RTB(Real Time Bidding)」といいます。

この一連の取引は0.1秒以内で行なわれるため
1日で行なわれる取引数は巨大数です。

そのため、入札するデータ処理が遅いと
入札に勝つことができず広告を配信することができません。

確実に広告枠を手に入れるには、
スピーディに処理する能力がSSPやDSPに求められています。

入札方式・課金方式

ここからはDSPの課金方式について解説していきます。
DSP広告には2種類の課金方法があるので、それぞれ配信の目的によって適切に選定できるようにしておきましょう。

CPC課金

まず1つ目はCPC課金です。
広告が「クリックされるごと」に費用が発生します。

広告表示(インプレッション)が
何回でも費用は変わらず、クリックされて初めて広告費が発生するのです。

CPM課金

2つ目がCPM課金です。
インプレッション1000回ごとに広告費を支払うタイプの課金方法になります。
つまり、課金のタイミングはインプレッションが1000回に達した時になるんですね。

CPC課金と比べて、CTRが高いほどクリック単価が割安になるというメリットがあり、DSP広告やSNS広告などで多く使われています。

CPM課金についてもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

[blogcard url=”https://www.hideandseek.co.jp/archives/2913″]

広告主側のメリット

「人」へのアプローチ

DSPの一番の強みは、情報をもとに配信するユーザーを絞ることができることです。

従来のディスプレイ広告は特定の「広告枠」に広告を掲載していました。

しかし、DSPの場合は「広告枠」に出すことを目的としているわけではなく
出稿する広告に興味関心の高い特定ユーザーに絞って配信することを目的としています。

特定ユーザーを選定する情報としては、
年齢・性別・地域などのデモグラ情報に加え
WEB上での行動(検索履歴や閲覧サイトのカテゴリなど)すべてになります。

そのため、自社の商品やサービスに興味関心の高いユーザーにターゲットを絞り、広告を配信することが可能です。

類似ユーザーのターゲティングで広告配信できる

DSP広告の中には、過去にCV(購入や資料請求など)したユーザーと
類似した行動をとるユーザーをターゲティングすることもできます。

これを利用することで、広告の費用対効果をより高めることが可能です。

広告運用の負担を減らせる

DSPを利用することで、今までは手動で行なっていた入札単価の調整や広告配信の調整などが
DSPであれば半自動で最適化してくれます。

また、クリエイティブも最適化を一瞬で行なうことで
常にユーザーにとって最適なクリエイティブを配信できるので
広告主側の負担を減らすことができるんです。

負担が減った分は、クリエイティブの作成などに時間や労力を回せますね。

主なDSPの紹介

ここからは、いくつかのDSPを紹介したいと思います。

取り扱う商品やサービスによって最適なDSPは変わってくるので、比較検討は慎重にするようにしましょう。

①ソネット・メディア・ネットワークス株式会社:logicad

【特徴】柔軟性の高さを強みとし、初期費用・ランニングコスト・最低出稿金額がない点が特徴になります。

https://www.logicad.com/

②ログリー株式会社:loglyDSP

https://corp.logly.co.jp/

【特徴】独自技術「Intent Targeting」を活用し、ユーザーの意志に沿った広告配信ができるDSPです。

③株式会社フリークアウト:FreakOut

https://www.fout.co.jp/

【特徴】国内で大きなシェアを占めており、月間1,500億PVに達しています。評価が難しいブランド施策の、パフォーマンス最大化に強みを持っています。

④株式会社マイクロアド:MicroAd BLADE

https://www.microad.co.jp/

【特徴】配信できる広告枠の広さ、ターゲティングロジック精度の高さ、自動調整による最適化、あらゆるデバイスへの対応という4つのメリットを持っています。

⑤Criteo(クリテオ)

https://www.criteo.com/jp/

【特徴】Yahoo! JAPANをはじめとする大手主要メディア、Googleディスプレイネットワークと提携しており、配信スケールは日本最大級です。また、即効性のあるリターゲティングが可能なDSPになります。

運用における注意点

運用における注意点は3つあります。

①目的をはっきりさせる

DSPを始める際には、広告を配信する目的を改めて確認し、その目的に適したDSPサービスを選定する必要があります。
ブランディングのためなのか、購入のためなのか。
目的をはっきりさせて、その目的にあったDSPを選びましょう。

②定期的な広告効果の確認

先ほど、メリットにおいて半自動で最適化がされると述べましたが
最適化機能が上手く働かないこともあります。
そのため、定期的な効果検証と改善は必要不可欠です。

③ターゲットの重複

複数のDSPを利用することで、より多くのターゲットユーザーにアプローチできると思いがちですが、自社の広告同士で入札し合う可能性もあります。
そうなってしまうと、無駄なコストが発生することも。
そうならないためにも予め、ターゲティング条件をしっかり確認しておきましょう。
性別、年齢などの基本部分は同じでも「天気、地域、年収、職業、病状」というような
細かいターゲティング条件はDSPサービスごとに異なります。

まとめ

今回はDSPに関して紹介させていただきました。
どうでしたか?

DSPはデータを元に、狙ったユーザーに適した広告を半自動的に
配信してくれる便利なツールです。

より多くのユーザーに商品を認知してもらい、成果を効率的にあげることができるので、ぜひ導入することをおススメします。

しかし、導入する際には、自社の商品やサービスに適したDSPを慎重に吟味しましょう。

また、運用に際し、分からないことや不安なことがある場合は、専門的な知識を持つ代理店や事業者に相談するといいでしょう。

弊社でもDSPを活用しながら広告運用を行なっています。

何か質問などございましたら
ぜひ下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。

 

今回の記事は、アドネットワークという仕組みが生み出された背景を紐解きながら
アドネットワーク導入のメリット・デメリットを整理し、アドネットワークを活用することで得られる効果をご紹介していきます。

広告運用する上で
「どのアドネットワークを使えばいいのか分からない。」
「そもそもどんな仕組みなのかしっかり理解していない。」

という方はぜひ参考にしてください。

キーワード

本題に入る前に、この記事での大切なキーワードのご紹介します。
度々出てくるのでしっかり整理しておいてください。

アドネットワーク

アドネットワーク(Ad Network)とは

複数の広告媒体(Webサイトやソーシャルメディア、ブログ等)を集めて
広告配信ネットワークを作り、それらの媒体に広告をまとめて配信する仕組みのことです。

アドネットワークが登場したのは2008年頃で、広告主は媒体ごとに広告を出稿する手間から開放され効率的な広告配信が可能になりました。

それ以前は、広告を媒体に配信するために複数の媒体ごとに問い合わせをし
料金や空き状況を確認し、入稿する必要があったんです。(このことを「純広告」と言います。)

広告を配信するなら、同時にいくつもの媒体に配信する方が効果的になります。

そのために広告主側は

・媒体選定や広告掲載までに手間がかかる
・広告枠を確保するため、媒体ごとに大量の広告掲載依頼をしなければならない
・掲載終了後もそれぞれの媒体から提供されるデータが異なるため、媒体間の比較が難しい
・媒体ごとに広告管理をしなければならない

という問題があります。

一方で、媒体側は

・広告主に対する営業活動や交渉をしなければならない
・広告主へ効果報告をしなければならない
・媒体に一定数のボリュームが得られないと広告枠の魅力を有することが困難

というような、問題もありました。

これらすべての問題を解決したのが「アドネットワーク」です。

アドネットワークという「広告配信ネットワーク」に”入札”という形態で広告配信することで
広告主は多数のWebサイトに一括で広告を配信することが可能になり効率的に広告を配信できるようになりました。

アドネットワーク事業者を紹介

主なアドネットワーク事業者としては、GDN(Google Display Network)やYDN(Yahoo! Display Network)など数多く存在します。
その中でも、日本で有名な媒体情報をまとめました。

>>GDNについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

[blogcard url=”https://www.hideandseek.co.jp/archives/1452″]

Google Display Network

ニュース サイト、ブログ、Gmail、YouTube など 200 万以上のさまざまなウェブサイトに広告を表示することができ、世界中のインターネット ユーザーの 90 % にリーチできます。

Yahoo!ディスプレイネットワーク

広告出稿の目的(コンバージョン、動画再生、サイト誘導など)に合わせた運用が可能です。ユーザーの興味関心や購買意向に基づくターゲティング機能もあります。

https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/displayads/

popIn

webメディアの価値の向上、証明をモットーに開発されたコンテンツディストリビューションサービスです。
サイト内部回遊の向上の他に、コンテンツ/ユーザー分析、広告掲載によるマネタイズ等を目的に、現在、大手新聞、出版、通信社を始めとした900以上のwebメディアを導入しています。

https://www.popin.cc/home/index.html

AKaNe byGMO

インフィード形式で広告が表示されるため、「読まれる」ことが重要なコンテンツ広告の配信に最適なプラットフォームです。

https://akane-ad.com/

広告主側のメリット・デメリット

アドネットワークの導入によって広告主側は広告を配信する上でどのように変わったのでしょうか。メリットとデメリットをご紹介していきます。

メリット

広告配信が手軽にできる

それぞれの媒体によって、課金形態や入稿規定が異なる上に媒体選定や広告掲載までの手間がかかっていた広告配信。

それがアドネットワークの導入によって、入稿および入札するだけで大量出稿ができるようになりました。
そのおかげで、広告主側の負担が格段に減り手軽に配信できるようになったというわけです。

広告配信後の効果がわかる

インプレッション、クリック、クリック率、コンバージョン、コンバージョン率などの
効果測定データを入手できるようになったため、より効率の良い広告運用ができるようになりました。

デメリット

複数のアドネットワーク事業者を利用する場合、管理が複雑

アドネットワークの広告枠は、一つのジャンルに偏っていることもあり
複数のジャンルに出稿したい場合、複数のアドネットワークに出稿する必要があります。

この場合、アドネットワークごとに課金形態や効果測定方法が異なるため、管理が大変になることが多いです。

また、アドネットワークAとアドネットワークBを同時に運用し、同じ媒体に広告が重複して配信されてしまった場合、それぞれの広告のパフォーマンスが下がってしまうことがあります。広告の重複掲載は、広告費を無駄に使う上に、ターゲットユーザーに嫌悪感を与えるだけでなく、商品やブランんど、企業イメージ大幅に低下する可能性もあるので気を付けましょう。

広告の掲載先の把握が難しい

掲載先を選べないので、ターゲットでないサイトに出稿されることがあります。
広告パフォーマンスが低下する可能性もあるため、特定のサイトに広告を掲載しないようにする仕組みも取り入れられました。

媒体側のメリット

メリットは媒体側にもあります。

時間と労力の削減

広告主に対する営業活動や細かい交渉が必要だったのですが、アドネットワーク事業者が営業をするようになりました。

また、クリック数なども全てアドネットワーク事業者が計測してくれます。
なので、媒体側の労力と時間がかなり削減されました。

一つの広告枠に複数の広告が掲載できる

1つの広告枠に対して複数の広告が掲載できるようになり、広告枠を有効に使うことができます。

関連用語

アドネットワークと同時に覚えておきたいのが「DSP」です。
この二つはよく混同されがちですが、その機能と役割は異なります。

「DSP」とはDemand-Side Platformの略称で、広告出稿の費用対効果を高めることを目的とした自動最適化ツールです。

広告主が予算やサイト情報、ターゲット、目標CPA、バナークリエイティブなどを登録し
それに従って、インターネット上の広告枠を自動的に買い付けて配信を行います。

皆さんが普段目にしているバナー広告の一部は、DSPのようなツールによって表示されているというわけなんです。

つまり、アドネットワークは複数のサイトを束ねた「広告ネットワーク」に対して、 DSPは各アドネットワークに配信するための「自動化ツール」です。
実際に運用する際には「面」と「人」のどちらにアプローチしたいかで異なります。

「とにかく広く大量に配信したい」という場合は、アドネットワークが適していますし
「人に狙い撃ちし、運用の手間を減らしたい」というのであればDSPが適しているといえます。

アドネットワークの弱点

アドネットワークは安く広いユーザーにアプローチができます。
そのため、短期的にユーザーをサイトに誘導し、リターゲティングのユーザーリストを貯めていきながらパフォーマンスを上げていくことが可能です。
しかし、ここで注意すべきことは、アドネットワークは全ユーザーに配信しているということになります。
これは、ひとりひとりの潜在顧客に対して深くリーチするという意味では、親和性の低いユーザーにも配信してしまっているということも理解しておきましょう。

そこで、アドネットワークのパフォーマンスをさらに上げていくための方法として「リターゲティング」があります。

詳しい「リターゲティン」については以下の記事をご覧ください。
[blogcard url=”https://www.hideandseek.co.jp/archives/1960″]

リターゲティングを活用することで
親和性の低い、買ってくれるか分からないユーザーに対して広告を配信し続けるよりも、効果が生まれやすくなることは間違いないでしょう。

まとめ

アドネットワークやDSPの登場によって、広告配信側の負担は格段に減りました。
負担が減った分、私たち広告主側は、より質の高い広告を制作していきたいですね。

「どのアドネットワーク事業者を使用すればいいのか分からない。」
「管理の仕方が難しい…」
「もっと詳しく教えてほしい」

という方がいらっしゃいましたら、気軽にお問い合わせください。