GA4がローンチされて1年以上経ちましたね。しかしまだ導入もしてないし使い方も分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこでまずはGA4の導入方法を解説していきます。

※今回はGTMを使った導入方法をご紹介しますので、もしGTMが使えないレンタルカートやCMSをご利用の方は各ツールのタグ導入方法をご参照ください。

GA4の基本的な導入方法

GA4を導入するには①アカウント作成、②GA4タグをGTMに埋める、③各種設定の3つのステップが必要です。

①Google&GTM&GA4、3つのアカウント作成

まずはGoogle、GTM、GA4の3つのアカウントを作成します。

 

※既にUAをご利用の方は導入方法が少し異なるためまた別の記事にて紹介予定です。もしUAをご利用の方でGTMを使っていなければGTMの部分だけお読みください。

 

①Googleアカウントの作成

※もう既にGoogleアカウントをお持ちの方は飛ばしてください!

まずはGoogleアカウントの作成です。

 

Googleアカウントが無ければGTMのアカウントもGA4のアカウントも作成できません。

 

もし仕事用(GA4を導入したいサイト用に使うアカウントなど)のGoogleアカウントが無ければこの時に作っておきましょう。

 

https://accounts.google.com/signup/v2/webcreateaccount?hl=ja

上記のリンクからアカウントを作成できます。

②GTMのアカウント作成~タグ設置

※もう既にGTMのアカウントをお持ちの方は飛ばしてください!

 

次にGTMのアカウントを用意しておきます。

GTM(Googleタグマネージャー)とはウェブ計測用のタグを一括管理できるツールです。

 

広告を扱う方はご存じかもしれませんが、ウェブサイトの運用が不慣れな方はおそらくご存じないと思いますので、少し解説します。

※GTMのことをご存じの方は飛ばしてください!

 

ウェブサイトの分析やツールの導入をする際、「タグ」と呼ばれるコードをウェブサイトのHTMLに埋めることで分析したりツールを使ったりすることができます。

 

しかしたくさんの分析・計測ツールを使うために同じHTML内にタグを全て埋めると、サイトが重くなる原因になってしまうのです。

サイト重たい

GTMはこの問題を解決できます。具体的に言うと、ウェブサイトに埋めるタグがGTMの scriptタグとnoscriptタグの2つだけになるのです。

サイト快適

計測タグやツール導入用のタグなどはGTMの管理画面内に全て埋めるため、HTMLにわざわざタグを入れなくて良いということですね。

GTMにタグを埋める

説明はここまでにして、GTMのアカウント作成を行いましょう。

 

<設定方法>

まずはGTM公式サイトへ飛び、「無料で利用する」をクリック

 

gtm1

アカウント名には会社名やサイト名などご自身が分かりやすいものを入力、国で「日本」を選択

 

コンテナ名にはサイト名、もしくはサイト内でジャンルを分けてタグ整理をしたい場合はジャンル名を入力、ターゲットプラットフォームにはご自身が当てはまるものを選択して「作成」をクリック

 

※ちなみに現在GA4はAMPに対応していません。

gtm2

 

すると利用規約がでてくるので、画像下方にある「GDPR で必須となるデータ処理規約にも同意します。」にチェックをいれて、画像右上の「はい」をクリックするとアカウントが作成されます。

 

日本語の利用規約がまだサポートされていないため英語のまま進めてください。

 

gtm3

 

すると下のタグが表示されるため、これを計測したいウェブサイトのHTML内部に埋めます。

 

gtm4

※scriptタグは</head>タグ直前、noscriptタグは<body>タグ直後に配置してください。

 

これでGTMの導入設定は完了です。

③GA4のアカウント作成~プロパティ作成

最後にGA4のアカウントを作成しましょう。

 

<設定方法>

まずはGA4公式サイトに飛び、「無料で利用する」をクリックします。

 

ga41

もし既にChromeでGoogleアカウントにログインしている状態であれば下の画面が表示されますが、まだログインしていなければログイン画面が表示されるためログインしておきましょう。

 

 

未ログインだった方はログイン後に下のページが開かれるので「測定を開始」をクリックします。

 

ga4login

 

サイト名や会社名など自分が分かりやすいアカウント名を入力し、チェックボックスの要綱を読んで特に問題が無ければ全てチェックを入れ、「次へ」をクリック

 

ga42

 

プロパティ名を入力します。サイト名やサービス名など分かりやすい名前をつけましょう。

 

そしてレポートのタイムゾーンを「日本」に、通貨を「日本円」にした後、左下の「詳細オプションを表示」をクリックします。

 

ga43

 

ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成の右側にあるボタンをオンにして、ウェブサイトのURLを入力したら「次へ」をクリックしましょう。

 

ga44

 

ここであなたが当てはまるものを選択し、「作成」をクリック

 

ga45

 

利用規約が出るので、「日本」を選択、2か所チェックを入れて「同意します」をクリックします。

 

ga46

 

下の画面に飛んだら作成は完了ですが、まだ閉じずに測定IDをコピーしておきましょう。

 

ga47

 

もし閉じてしまったら左下の「管理」→「データストリーム」→今作ったデータストリームの「>」の順に進めば元の画面に戻ります。

 

↓参考画像

ga48

②GTMにGA4のタグを入れる

<設定方法>

まずGTMの管理画面を開いたら、ワークスペースタブの「タグ」を開きます。

 

gtmga41

 

次に「新規」をクリック

 

gtmga42

 

タグに「GA4タグ」など分かりやすい名前を付け、「タグの設定」の部分をクリック。

 

gtmga43

 

するとタグタイプが表示されるため、おすすめにある「Google アナリティクス: GA4 設定」のタグを選択します。

 

gtmga44

 

次にGA4アカウント作成後の画面で表示された測定IDを入力し、「トリガー」の部分をクリック。

 

gtmga45

 

「All Pages」を選択します。

 

gtmga46

 

下の画像と同じ内容になっていたら「保存」をクリック。

 

gtmga47

 

最後にサイトでタグが発火しているかの確認をして、「公開」しましょう。

 

「プレビュー」をクリックして

 

gtmga48

 

埋めたサイトのURLを入力後、「Connect」をクリックします。

 

gtmga49

 

管理画面の「Tags Fired」のところに今埋めた「GA4タグ(あなたがつけた名前)」があれば大丈夫ですが、「Tags Not Fired」のところにあればGTMタグがそのサイトに正常に埋まっていない可能性があるため確認しましょう。

 

※ちなみにGTMにタグを埋めた際は毎回必ずタグが埋まっているかの確認をプレビューもしくはデベロッパーツールですることをオススメします。

 

「Fired」に埋めたタグがあることが確認出来たら、こちらの画面に戻り「公開」をクリックします。

 

gtmga410

 

GTMではタグ管理の徹底がしやすいように「公開」ごとに名前と説明をつけることができます。今回は「GA4基本タグ設定」などの名前をつけて公開しましょう。

 

gtmga411

 

これでGTMへのGA4初期タグ設定は完了です。

③その他、必ずしておくべき設定

GA4導入設定は以上で完了ですが、まだしておくべき設定が残っているので解説します。

データ保持期間を14か月に設定

まずはデータ保持期間がデフォルトでは「2か月」になっているので、最大の「14か月」に設定し直しましょう。

 

<設定方法>

左下の「管理」からプロパティ欄の「データ保持」をクリック

 

datahoji1

 

イベントデータ保持を「14か月」にしたら「保存」して完了です。

 

datahoji2

 

ちなみにデータ保持期間反映には24時間かかります。

 

また、14か月に設定しても「年齢」「ジェンダー」「インタレスト」のデータは自動的に2か月で削除されるようです。

自分のIPアドレスを削除

次に自分のIPアドレスを削除します。

 

これはサイトのデータ分析をする際に、自分のページビューなどのイベントをデータとして反映させないようにするためです。

 

<設定方法>

左下の「管理」からプロパティ欄の「データストリーム」をクリック

 

ga48

 

ページ下方の「タグ付けの詳細設定」をクリック

 

ipjogai1

 

「内部トラフィックの定義」をクリック

 

ipjogai2

 

「作成」をクリック

 

ipjogai3

 

ルール名に「社内IP」など分かりやすい名前を付け、「IPアドレスが次と等しい」を選択し、自分または自社のIPアドレスを入力したら「作成」をクリック

 

ipjogai4

こちらから自分のパソコンのIPアドレスを確認できます

 

その後また管理ページに戻ってプロパティ欄の「データフィルタ」をクリックし、今作った内部トラフィックの「フィルタを有効」にしたら完了です。

 

ipjogai5

Googleシグナルを有効化する

Googleシグナルを有効化しましょう。

 

Googleシグナルは異なるデバイスやブラウザからアクセスしたユーザーを同一ユーザーとして計測できる機能です。

 

これを有効にすることで、従来User-IDが付与されたユーザー(サイトにログインしたユーザー)しかクロスデバイス計測ができませんでしたが、Googleにログインしたユーザーもクロスデバイス計測をすることができるようになりました。

 

<設定方法>

左下の「管理」からプロパティ欄のデータ設定内にある「データ収集」をクリックし、「利用を開始する」をクリックすれば完了です。

 

GA4signal

クロスドメインの設定

最後にクロスドメインの設定をしましょう。

 

もし扱っているドメインが1つしかない場合はこの手順は無くて大丈夫です。

 

<設定方法>

左下の「管理」からプロパティ欄の「データストリーム」をクリック

 

ga48

 

下方の「タグ付けの詳細設定」をクリック

 

ipjogai1

 

タグの設定にある「ドメインの設定」をクリック

 

xdome1

 

クロスドメイン測定したいドメインを含める形で入力して「保存」をクリックしたら完了です。

 

xdome2

 

これでGA4の設定はある程度完了しました!

 

あとはレポートに出したい項目に合わせてカスタムコンバージョンを設定するのですが、それはまた次の記事でレポート機能の使い方に合わせてご紹介します!

2020年10月にGA4(Googleアナリティクス4)がローンチされましたね。旧バージョンのUA(ユニバーサルアナリティクス)を利用していた方にとっては、管理画面のUIが変わりすぎて戸惑った方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はGA4とUAがなぜこんなにも違う仕様になったのか、また具体的にできるようになったこととできなくなったことの違いは何かについて解説していきます。

GA4とUA(旧Ver)は全くの別ツール?

GA4とUAではまずサイドバーから違いますよね。特に大きく変わったのはレポートの部分です。

analytics-sidebar

UAのレポートはリアルタイム・ユーザー・集客・行動・コンバージョンという5項目のみでしたが、GA4では左端にアイコンが増え、その中にレポートのスナップショット・リアルタイム・ユーザー・ライフサイクルという項目に変化しました。

ua-ga4-lifecycle

さらにライフサイクルの内部と照らし合わせると、集客は集客、行動とコンバージョンはエンゲージメント、そして新しく収益化と維持率という項目が追加されています。(コンバージョンの一部は収益化に入っています)

とはいえレポートの表示のされ方も変わり、どこをどう見てよいか分からなくなったという方も多いのではないでしょうか?

ここまでUIが一新した理由、それはGA4とUAが目的の違う全くの別ツールになったからです。

なぜここまで変わったのか、UAとGA4が出来た経緯とともに解説していきます。

UAは検索連動型広告を最適化するためのツール

そもそもGA4以前のアナリティクスであるUAはGoogleの検索連動型広告を最適化するためのツールだったということをご存じでしょうか?

検索連動型広告(よくリスティングと言われている)は顕在層の刈り取りがしやすく、費用対効果が高いということもあり、ひと昔前のWEB広告業界では主流の時代でした。

search-apparent needs

(SEOも顕在層に向けたものであるため、UAは検索系全てを最適化するといっても良いですね)

Googleとしてもそんな、主流であり収入源の大半を占めていた検索連動型広告をもっと効果的に利用してもらうため、「顕在層の分析に長けたツール」であるUAをリリースし、日々改良を加えてきました。

もちろん今でも検索連動型広告は主流の媒体です。しかし最近は広告出稿者が増えたことや限定的な配信面であること、また検索ボリューム数には上限があることによって効果が頭打ちになってきました。

GA4は認知・ブランディング広告を最適化するためのツール

そこでGoogleは売上拡大のために認知・ブランディング施策に強いディスプレイ広告に注力を始めます。

sales-expansion

ディスプレイ広告はYoutubeの動画やSEOの記事などコンテンツが増えるたびに配信面も増えていくため、広告費用を伸ばすにはもってこいの媒体なのです。

しかしディスプレイ広告に代表される認知・ブランディング施策は費用対効果が見えづらく、中小企業にとっては費用対効果が分かる新規顧客獲得寄りの広告に比べて手が出しづらいものでした。

というのも最近はYoutube・Instagram・ディスプレイ広告などたくさんの媒体から商品を知る機会が増え、色んなアプリやサイトをまたいで商品について調べ購入に至るなど、ユーザーの経路は多岐に渡るようになりましたよね。

<ユーザーの経路例>

user-path

それに加え認知・ブランディング広告は新規顧客を獲得をする目的で配信されていないため、ユーザーのほとんどは別のアプリやサイトに飛んでしまいます。

しかしUAでは、異なるデバイス・アプリ・サイトをまたいでしまうと別のユーザーのセッションとして認識してしまうため、詳細なユーザーの情報が計測できません。

そのため認知・ブランディング広告を配信しても、その結果ちゃんと獲得できているのかが分からず、手が出しづらいのです。

さらにiTP問題によりCookieの保管期間が減り、より一層正確なデータが集められなくなるなど今の時代に合わなくなってきたという問題もあります。

そこでGoogleは今の時代に合うように、そしてディスプレイ広告の利用を増やしてもらうためにGoogleアナリティクスを改良する必要がありました。

アナリティクスを使う私たちにとっても、自社のアプリ・サイトを訪れるユーザーがどのような行動をしているのか一連の流れで知ることができたら便利になりますよね。

このような経緯からGoogleはユーザーが様々なデバイス・サイト・アプリをどのようにまたいで購入に至りリピート購入したか、つまり「一人のユーザーのライフサイクル」を分析できるようにGA4という形でツールを一新したのです。

GA4とUAにおける重要な分析の考え方

GA4では一人のユーザーのライフサイクルを分析できるため、「どの経路を通ったユーザーのLTVが高くなるか」を調べることができます。

ここに潜在層や顕在層といった概念はありません。GA4はユーザー全体の中でLTVが高いユーザーを見つけることができるのです。

対してUAではどのキーワードからの流入がCVRを高められるかなど、主に顕在層の刈り取りのための分析をします。

これを表したのが下図です。

ga4-ua-differences

このように、GA4はユーザー層を縦に切った分析、UAはユーザー層を横に切った分析ということですね。

GA4とUAではデータの計測方法が違う

そして今の時代に沿ったライフサイクル分析を実現するためにはデータの計測方法の大幅な変更が必要でした。

元々旧バージョンのUAは「1ページ単位でどのくらいのセッション・直帰率・購入数だったか」というページを基準にした計測です。

対してGA4では、「ユーザーがどのデバイス・サイト・アプリでどんなイベント(ページビュー・スクロール・購入など)を起こしたか」というユーザーを基準にした計測になりました。

ページを基準とした計測方法ではなくなったことで、UAでは重要な指標であった直帰率や離脱率はGA4ではデフォルトで無くなったのですね。

ただデフォルトで無くなったというだけで、カスタムで設定すれば見ることは可能です。

GA4とUAの使い分けはどうするか

実はGA4とUAは両方併用することができます。では2つの使い分けはどのようにすればよいのでしょうか?

UAにはUAの、GA4にはGA4の良さがあります。それぞれの良さを踏まえながら使い分けるのが無難でしょう。

GA4はLTVを増加させるために使う

GA4は全ユーザーの中で顕在層潜在層関係なく自社に合ったユーザーを見つけ出し、認知からリピートまでを分析、さらに機械学習までしてくれるのが強みです。

異なるデバイス・サイト・アプリをまたいでも同一のユーザーとして計測ができるため、「この媒体は単体で見ればCPAが上振れているけど、この広告を見た人のほとんどがリスティングとリタゲで刈り取れて全体でCPAが合うから、広告は止めない方が良い」など広告媒体選定がしやすくなります

さらにEコマースの設定ができれば、7日以内に購入・離脱してくれるユーザーを機械学習で予測してくれるので、オーディエンスリストを作成し広告配信に役立てることも可能です。

UAは顕在層を刈り取るために使う

UAは顕在層にいるユーザーの刈り取りが強みです。

サーチコンソールとの連携ができるためCVRが高いキーワードの選定がすぐにできますし、どのランディングページからの購入が高いかもすぐに分かります。

このような顕在層・ランディングページの分析の際はUAに使い慣れている方が多いのでUAをそのまま使うと良いでしょう。

 

ここまでGA4・UA、2つの使い分けを解説しましたが、もしかしたらまだGA4の導入に踏み切れないという企業様もいらっしゃるかもしれません。

しかしiTPに対応したGA4の改良が進むことを考えると、これからはどんどんGA4の方がデータに正確性が増していくでしょう。

また、今後はUAのサポートが終了し使えなくなることも考えられるので、今のうちから導入しデータを溜めておくことをおすすめします。

その他、GA4で「できなくなったこと」

GA4では大幅な仕様変更があったため、UAでは出来たがGA4では出来なくなったことがいくつかあるのです。ここでは特に影響が大きい出来なくなったことを3つご紹介します。

ビューによる集計

UAのアカウント構造は、アカウント>プロパティ>ビューとなっていましたが、GA4ではアカウント>プロパティまでとなり、ビューという概念がなくなりました

つまりビューによるフィルタリングができなくなりましたが、その代わりデータストリームが追加され、データストリームで様々な設定を行うことができます。

補足として内部アクセスやクローラーの除外はデフォルトで設定できるように機能が追加されたため、そちらで行いましょう。

Google Search Consoleとの連携

UAではGoogle Search Consoleとの連携ができましたが、今のところGA4では連携ができません

そのためSEOでのキーワード選定をする場合はUAを使いましょう。

AMP(Accelerated Mobile Pages)の計測

モバイルページの高速表示を可能にするAMPですが、GA4はまだAMPに対応していません。つまりAMPページの計測ができないのです。

今後サポートされる可能性はありますが、今AMPページに対応したサイトの計測するのであればUAを利用しましょう。

GA4の勉強方法

GA4のリリースから1年が経ち記事も大分増えてきました。しかしアナリティクス初心者の方にとってはどんなことを知ればしっかり分析できるようになるのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこでご紹介したいのが、2021年9月に株式会社インプレスさんから発売された「1週間でGoogleアナリティクス4の基礎が学べる本」です。

※画像をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます

 

こちらはGA4の基礎知識から設定方法、簡単なレポートの出し方から独自イベントの設定方法まだ幅広く7日間で学べる内容になっています。

もしGA4に関してもっと情報を知りたいという方は是非読んでみてください。