EC/D2C CONTENTS

【GA4導入方法】既にUAを利用中なら簡単に導入できる?

今回の記事ではもう既にユニバーサルアナリティクス(UA)を使っていて、新しくGA4を導入したいという方に向けて、UAの管理画面から簡単にGA4を設定する方法を解説します。

UAとGA4は両方併用できる

GA4がローンチされて1年以上経ちましたね。ローンチ当初はまだ未整備の部分が多かったり、情報が少なかったりと扱いづらいものでした。

しかし1年以上経ったことでGA4に関してたくさんの情報が出始め、導入を進めている企業も増えてきました。是非この機会に導入して、扱い方に慣れていきましょう。

今回は導入に関してですが、GA4の導入は簡単にできますし、GA4を導入しても引き続きUAを使い続ける事が可能です。

また、もし今GA4を使わなくても、導入だけしておけばデータを溜めておくことができるので、後々GA4が主流になったときにすぐデータを活用することができます。

既にUAを使っているならGA4は簡単に導入できる

既にUAを使っている方は管理画面から簡単にGA4プロパティを作成することが可能です。

ここではその方法を画像付きで説明していきます。

<導入方法>

まずは左下の「管理」から、プロパティ欄にある「GA4設定アシスタント」をクリックします。

次に「ようこそ」をクリック

チェックボックスにはチェックをつけたまま、「プロパティを作成」をクリックします。

※元のUAのタグでカスタマイズを行っている場合、この方法では作成できないことがあるので、その際はチェックを外してGA4プロパティを作成後、現在のGA4と連携させてください。

この画面が出てきたら、GA4プロパティが作成されていますので、「GA4プロパティを確認」をクリックしたら新規タブでGA4プロパティの管理画面が開きます。

次にGTMでのタグ設定をします。「タグの設定」をクリックしましょう。

データストリームの画面が表示されるため、「>」の印をクリック

するとウェブストリームの詳細が表示されるため、「測定ID」の部分をクリックしてクリップボードにコピーしておきます。

これ以降はGTMで設定を行うのでこちらの記事の途中から参照ください。

※リンクをクリックすると続きとなる見出しの箇所に飛びます。

この記事を書いた人

SatoRyutaro

twitter
WEBコンサルティング事業部の新卒2年目。給料の5倍の粗利を目標に掲げながら主にリスティングやアドの運用をしています!
  • facebook
  • line

おすすめ記事