Hide&Seek

『 【必見】Amazonブランド登録のメリットと登録方法 』

2019年05月28日更新

Amazonの「ブランド登録」はご存知でしょうか。
登録をすると、様々なメリットがありますが、
注意点もあります。
今回は、そんな「ブランド登録」の
メリット・条件・手順等をご紹介します。

  1. ブランド登録のメリット
  2. ブランド登録の必須条件
  3. ブランド登録の登録手順

【ブランド登録のメリット】

ここでは、
ブランド登録のメリットをご紹介します。

  1. ストアページが作れる
  2. スポンサー広告が打てる
  3. 商品ページの編集権限を優先して得られる
    商品ページの編集権限を守れる
  4. 転売屋に対して知的財産権が通りやすくなる

ブランド登録のメリットその1
ストアページが作れる

ストアページとは、Amazon内に
商品を紹介するLPが作成・
公開出来るサービスのことです。
ストアページを作成することで、
より商品の魅力をユーザーに伝える事が可能です。

ブランド登録のメリットその2
スポンサー広告が打てる

スポンサー広告とは、
Amazon.co.jp内に広告掲載できるサービスです。
ユーザーが検索した際、
設定したキーワードに対して
関連度の高い広告の掲載が出来るため、
購入意欲の高いお客様に商品の訴求が可能です。
表示場所は、
検索結果ページや商品詳細ページとなります。
実施した広告の効果を分析し、
広告の最適化をすることも出来ます。

また、広告がクリックされた時に初めて
料金が発生する仕組みとなります。

ブランド登録の詳細は
出品大学の資料を御覧ください。

▼amazon出品大学

ブランド登録のメリットその3
商品ページの編集制限を優先して得られる
・商品ページの編集権限を守れる

多くの出品者が商品ページから出品するため、
商品詳細ページは、出品者から寄せられた
情報を調整して反映しています。

商品情報の修正を登録しても、そのまま
商品詳細ページに掲載されるとは限りません。
しかし、Amazonブランド登録をすることで、
登録した商品情報が反映されやすく、
他者から編集されても、反映されにくくなります。

ブランド登録のメリットその4
転売屋に対して知的財産権が通りやすくなる

ブランド登録をしている店舗は、
商標権の所有を証明しているので
ASINの相乗りをしている
転売屋の排除が比較的通りやすくなります。

【ブランド登録の必須条件】

 ここでは、ブランド登録をする際の
必須条件をご紹介します。

  1. ロゴの入った商品4点以上の出品
  2. ロゴ入りパッケージ
  3. ブランドサイトのURL
  4. 商標の取得

amazonストアの屋号でブランド登録をすると、
関連商品として自社商品の広告を
打ち出す事が可能なので、商品名や屋号、
会社名等、複数登録をする事をおすすめします。

【ブランド登録の手順】


ブランド登録には、1週間程時間を有しますが、
登録方法は至ってシンプルです。

登録の流れ

 ▼Amazon  brand registry に入り、
今すぐ登録をクリック。

 ▼Amazon  brand registry

2.ブランド登録先で日本を選択し、
  親アカウントでログインする。

3.下記の「新しいブランドを登録」
  から進めます。

 ↑登録済のブランドが1になっている箇所が、
  現在の登録数です。

①はい(はいの場合しか登録はできません)
②登録するブランド数によって、
 はい・いいえを選んで下さい。
③今回登録する名前を記入ください。
 (商標を取っている必要があります)


①商標をとっているタイプを選びましょう。
(どちらもとっている場合は、
 テキストでお願いします。)

②先ほど、記載したブランド名が反映されます。
③商標番号を下記サイト、もしくは
 商標の証明書から調べて記載ください。
 商標登録機関は日本を選択してください。
①「はい」を選択してください。
②その商品の Amazon登録のカテゴリを選んで下さい。
 ブランド名の場合は、
 そのブランドの商品のカテゴリを選んで下さい。
③公式サイトのURLを記載してください。
④出品者を選択してください。
⑤出品用のメールアドレス
 (登録アドレス)を入力して下さい。
⑥「はい」を選択して下さい。
 (OEMの場合でも、「はい」で問題ありません)
⑦「いいえ」を選んでください。
⑧「日本」を選んでください。
⑨「日本」を選んでください。
 (海外でも販売されている場合でも、
  日本のみ記載で問題ありません)
 
test@gmail.comの箇所に記載されているメールアドレスに、
コードが送られてくるので、コードと10桁のケースIDを
ブランドページから入力するので、メモして下さい。
 
▼下記のブランドページのトップからケース履歴に入ります。
▼下記のようなメールが届いてるので返信フォームから
 確認コードと申請IDを入力して送信して下さい。
これで、申請完了となります。
 
【まとめ】
ブランド登録は、上記でも上げたとおり、
様々なメリットがあります。
是非、ブランド登録を進めてみられてはいかがでしょうか?