Hide&Seek

『 Amazon’s choice アマゾン チョイスとは。Amazon出品者がベストセラー との違いも含めて説明します。 』

2020年09月03日更新

Riko Yokota WEBマーケター

  • fb
  • line

Amazonで商品を探している時に
「 Amazon’s choice (アマゾン チョイス)」というマークを
見たことはありますか?
これはAmazonがユーザーに商品をおすすめする仕組みの1つです。

今回はこの「Amazon’s choice」 について詳しく説明していきます!

Amazon’s choice(アマゾン チョイス)とは?

Amazon’s choiceの概要

Amazon’s choice(アマゾン チョイス)とは、 
Amazonが独自で商品をおすすめする仕組みのことです。

商品には、以下の画像のようなマークがついています。

Amazonは商品点数が多いため、Amazon’s choiceのマークが
ついている商品はユーザーに目を留められやすいでしょう。

Amazon’s choiceがつく基準は商品ページに
以下のように記載されています。

「Amazon’s choiceは、評価が高く、お求めやすい価格の商品をおすすめします。」

明確な数値での基準は公表されておりません
ユーザーの”お求めやすい”価格で良いレビューを増やしていくことが
Amazon’s choiceマークをつける近道です。

ちなみに、Amazonデバイスの「Echo」で商品を購入するときに
音声で案内される商品はAmazon’s choiceがついている商品になっています。

Amazon’s choiceが登場した背景

AmazonがこのAmazon’s choiceのマークを
始めた理由は何点かあります。

1つは、Amazonの出品商品が多く
ユーザーが購入する商品を迷ってしまうためです。
今や、Amazonの出品数は数億にも及ぶと言われており
同じような商品の中から選んで購入するのは難しくなってきています。

それに加えて最近はカスタマーレビューへの
信頼が薄くなってきているのも事実です。

Amazonなどのレビューは純粋なレビューだけではないと言われており、
レビューを元に購入することに抵抗がある人も増えています。

こういった理由を踏まえてAmazon自身が商品をオススメをする
Amazon’s choiceが登場したのです。

 

Amazon’s choiceは検索キーワードにつく

検索キーワードによって
Amazon’s choiceがつく商品は変わります。

基本的に検索キーワード1つに対して
Amazon’s choiceマークは1つのみです。
しかし、マークがついていないこともあります。

スモールキーワードよりもビッグキーワードで
Amazon’s choiceのマークがついていた方が
セッション数が増える可能性が高いです。

意図的にマークをつけることはできませんが
検索キーワードによってAmazon’s choiceが
つく商品も変わるということを覚えておきましょう。

ベストセラー とスポンサー広告との違いは?

商品につくマークは、他に2種類あります。
「ベストセラー」と「スポンサー広告」です。

それぞれについて説明してきますね。

ベストセラー

商品をみていると、Amazon’s choiceだけでなく
以下のような「ベストセラー」というマークがついている
ことがあります。

これもAmazonがユーザーに対して商品をおすすめする仕組みです。

ベストセラーは、各ジャンルのうちで
売れ筋ランキング1位の商品に一定期間つくマーク。

よく売れている商品につくため
返品率やカスタマーのレビューは考慮されず
売れた数が関係していると考えられています。

Amazon’s choiceは評価も大切になってくるため
その点が違いといえるでしょう。

また、Amazon’s choiceのように
検索キーワードにつくマークではなく、
ASINにつくマークになっているため検索キーワード1つに対して
複数のベストセラーマークがついていることもあります。

例:「コンタクトレンズ」と検索すると
ベストセラーマークがついている商品が2つ出てくる。
(サブカテゴリー:コンタクトケース・ソフトコンタクトレンズ)

 

スポンサー広告

Amazonで商品を探していると以下の画像のように
「スポンサープロダクト」というマークがついている商品を
見ることもあるのではないでしょうか?

これはスポンサープロダクト広告といい
Amazon内広告のことです。

Amazonが表示しているわけではなく
出品者自身がオススメしたい商品を表示させているもの。
出品者で入札額などを調整している点が
Amazon’s choiceとの違いと言えます。

スポンサー広告の仕組みや運用方法について詳しく知りたい方は
以下の記事をご参考にしてください。

Amazon’s choiceの注意点

Amazon’s choiceのマークが全てではない

Amazon’s choiceのマークがついているだけで
ユーザーの目を引くのはもちろんですが
Amazon’s choiceのマークがついていない商品が
他の商品よりも劣っているというわけではありません。

Amazon’s choiceはAIが判断しているとも言われており
基準が不明確です。
「条件を満たしているからAmazon’s choiceのマークがつく!」
というわけではありません。

Amazon’s choiceは本にはつかない

Amazon’s choiceのマークは本にはつきません。
レビュー数が十分で評価が高く
配送が早い商品にもAmazon’s choiceのマークが
ついていません。

配送に時間がかかってしまうことや
電子書籍のkindleがあることが理由だと考えられています。

まとめ

今回は「Amazon’s choiceって何?」という
疑問を持っている方に向けて書きました。

このAmazon’s choiceは
Amazonが商品をオススメする仕組みで
意図的につけることはできないものです。

出品者の基礎知識として
Amazon’s choiceやベストセラーなどについて
知っておくことも大事でしょう。

このブログを書いているHide&Seekは、
Amazon、楽天、yahoo!の運営代行を行っている福岡の会社です。

40社以上のAmazon運用代行を行っております。
「もっとAmazon運用のことについて聞きたい!」という方は
以下の問い合わせフォームよりお問い合わせください。