Hide&Seek

『 【 初心者必見】amazon商品登録ガイド〜2019年最新版〜 』

2019年06月17日更新

amazonで商品を出品する方法は、
大きく2つの方法があります。

1つ目が「新規出品する方法
2つ目が新たに商品ページを作成する
「マーケットプレイスで出品する方法」です。

今回は、商品登録の際に必要なことや、
上記であげた商品登録の手順、
の注意点を細かく解説します。

【商品登録に必要なこと】

  1.  JANコードの取得
  2. 製造元部品番号

商品登録に必要なこと
その1:JANコードの取得

JAN(Japanese Article Number)コードとは、
日本国内共通の商品管理コードで、
ほとんどの商品パッケージに付いている
バーコードのことです。
※AmazonではJANまたは
EANコードと表示されます。
(国際的な共通商品コードが
EANコードとなります)

Amazonに新規出品で販売する場合は、
「JANコードを取得した商品の出品が原則」
となっています。

JANコードの取得(45から始まる13桁のJANコード)は、
以下公式サイトから申請することができます。

一般財団法人 流通システム開発センター

/jan/check_digit.html

※Amazonブランド登録を行うことで、
一部商品はJANコードの取得ナシでの
出品が可能となります。

商品登録に必要なこと
その2:製造元部品番号

Amazon商品登録手順を進めていると、
製造元番号の入力が求められる場合があります。
Amazon内では、
「メーカー型番」とも呼ばれています。
詳しくは、以下をご覧ください。
▼ Amazon sellercentral

 【新規出品の手順】

まだ出品されていない商品を登録する際は、
新規出品の方法で登録を行う必要があります。
ここでは、
新規出品の際の登録手順をご紹介します。

  1. seller centralから商品登録をクリック
  2. カテゴリー指定
  3. 重要情報の入力
  4. 出品情報の入力
  5. 画像追加
  6. 説明の入力

1.seller centralから商品登録をクリック

まず、セラーセントラルにログインして頂き、
在庫→商品登録→商品を
新規で登録するの順でクリックします。

2.カテゴリー指定

次に、登録したい商品のカテゴリーを選びます。
選び終わったら、最後に選択をクリック。

3.重要情報の入力

✳︎赤枠で囲まれている、
商品コード・商品名・ブランド名
・メーカー名・製造元部品番号(該当商品の場合)
は必須入力となります。

4.出品情報の入力

ここでも、✳︎赤枠で囲まれている、
販売価格、数量の入力は必須となっています。

5.画像追加

ここで、商品画像を登録します。
登録できる画像は9枚。
推奨サイズは、1200×700です。

 

6.説明の入力

ここでは、商品の説明文の記載ができます。
主要製品の特徴は最大5つの記載ができます。
さらに登録をクリックすると項目が追加されます。

その他、バリエーション欄やキーワード欄、
詳細ページの記載で、
より充実した商品ページとなると思います。
最後に、保存して終了を押すと登録は完了です。

 【相乗り出品の手順】

マーケットプレイスでの出品は、既にamazonに
登録されている商品ページに乗っかるので
相乗り出品(販売)」と呼ばれています。

新規出品との違いは、下記画像の枠で囲まれている
「商品の型番やJANコードで検索してください」
の部分に、既に Amazon内にある
商品のASINコードやJANコードを入力すると、
商品ページ入力画面に自動的に移ります。

その他の手順は新規出品同様、各項目入力し、
保存して終了で登録完了です。

【出品時の注意点】

ここでは、相乗り出品時の注意点をご紹介します。

相乗り出品をするということは、
AmazonのASINコードを共有する、つまり
商品ページも共有するということになります。

同じASINコードの中でも、売り上げの高いショップの
商品ページ情報が反映されやすいので、
商品タイトルや詳細説明文を変えても、
なかなか反映されない場合があります。
ご注意ください。

【まとめ】

商品登録の手順は至ってシンプルです。
商品ページを充実させて、
お客様に選ばれやすいショップを作っていきましょう。