Hide&Seek

『 amazon出品者必見「タイムセール祭り」出品ガイド2019最新版 』

2020年05月27日更新

Rika Inoue

  • fb
  • line

最近amazonや、広告でよく目にする「タイムセール祭り」。
今回は、そのタイムセール祭りについて、最新情報も交えながら徹底ガイドしていきます。

  1. タイムセール祭りとは?
  2. タイムセールの種類と参加条件は?
  3. 出品する際のメリット
  4. 出品する際のデメリット
  5. 出品方法
  6. まとめ

Amazonのタイムセール祭りとは?

このタイムセールまつりはAmazon自身も大きくプロモーションを行うこともあり、通常より10%~20%の集客が見込めます。

注目が集まるセールなので、タイムセール祭りに合わせAmazon内での人気商品を出品したり、並行してプライム会員キャンペーンを行ったりすることで一層効果が見込めます。このタイムセールまつりはAmazon自身も大きくプロモーションを行うこともあり、通常より10%~20%の集客が見込めます。

注目が集まるセールなので、タイムセール祭りに合わせAmazon内での人気商品を出品したり、並行してプライム会員キャンペーンを行ったりすることで一層効果が見込めます。

タイムセールの種類と参加条件は?

特選タイムセール(Deal of the Day)と、その条件

特選タイムセール とは、人気目玉商品を1日限りの割引価格で提供する、
日替わりタイムセール です。
タイムセール ページのトップの位置に露出されます。

<実施期間>
原則24時間
<参加条件>
・原則25%OFF以上
・レビュー★4以上、もしくはレビューが無いこと
・4週間の販売履歴があること
・直近4週間の販売価格から25%OFF以上であること
・商品紹介コンテンツが作成されていること
・在庫処分品では無い、旬の商品であること
・ある程度の販売見込みがある商品であること
・Amazon内の出品者の中で一番価格が低いこと
・直近でセールを開催した日から4週間以上であること
・再出品の場合は前回と同等価格であること

 

数量限定タイムセール(Lighting Deal)と、その条件


数量限定・期間限定の割引セールです。

<実施期間>
0時から23時45分の間の最長8時間
<参加条件>
・原則セラーセントラルにて自動で選定されます。
・原則20%OFF以上
・レビュー★3以上、もしくはレビューが無いこと
・4週間の販売履歴があること
・直近4週間の販売価格から20%OFF以上であること
・直近でセールを開催した日から1週間以上であること
(特選タイムセール に出品する場合は4週間以上

・再出品の場合は前回と同等価格であること
(期間が開いた場合は変更可能)

 

出品する際のメリット

・対象セールへの参加で、お客様の目に触れるさまざまな場所でアピール!
アソシエイトパートナーやソーシャル、Eメール等の 多様なメディアでの露出が可能となります。
AmazonのTOPページや、イベントページにも大々的にアピール可能です。

・Amazonランキング上昇!
 セール開催によって集客され、セールによる 販売台数の増加により、
Amazonランキング上昇が見込めます。今後の売り上げにも大きく影響されます。

出品する際のデメリット

・商品の価格を下げなければいけない
 出品するセールに寄って、値引きの額(負担額)は変わりますが、
メリットを考えると、出品をおすすめ致します!

出品方法は?

出品方法はタイムセールの種類によって変わります。

<特選タイムセール >
特選タイムセールは、Amazonの担当者から直接案内が来たセラーのみ
出品が可能となっております。
Amazonの選定規定は、開示されておりませんが
ある一定(1000万以上?)の売り上げがあるセラーがほとんどだと思われます。

<数量限定タイムセール >
数量限定タイムセールは、セラーセントラルから申請が可能となっております。

▼申請ページ
https://sellercentral-japan.amazon.com/merchandising-new/

まとめ

いかがでしたでしょうか。
一見参加条件は比較的厳しいですが、今後、セール参加条件をクリアしていくことによって、
Amazonで売れる商品になっていくかと思います。
ぜひ、以上を参考に今後のタイムセールに出品してみてはいかがでしょうか。