Hide&Seek

『 【Amazon】転売にお困りの方必見!対策のために知っておくべき基礎知識をお伝えします! 』

2020年08月17日更新

Minori Ikeda WEBマーケター

  • fb
  • line

最近マスクやゲームなど、転売に関するニュースをよく見かけますね。

通販を行っていく中で、
転売業者に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。
転売対策を行っていない商品は大きな損失につながっている可能性も…

今回はAmazon運用において知っておくべき転売の知識をまとめました。
記事を読んだ上で、ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

転売による損失の実例

突然ですが、転売対策をする理由は何だと思いますか?
皆さんがお考えの通り「損失が生まれるから」です。

では実際に転売対策を行わないとどのような損失があるのでしょうか?
実例を示しながら説明していきます。

ブランディングの低下

ユーザーは商品をブランドから直接購入していると考えています。

そのため、転売業者から購入した際に商品の品質が良くないと、
転売業者ではなくブランドにクレームが行く可能性も。

以下はその実例です。

転売業者から購入したユーザーが
品質に関してネガティブな印象を持っていることがわかります。

このように、転売業者の商品がユーザーの手に渡ってしまうと
ブランドのイメージ低下につながる可能性があるのです。

また、転売業者に向けたネガティブなレビューは、
Amazon内における商品のCVRにも影響します。

Amazon内での顧客損失

転売における最も大きな影響は顧客損失です。
Googleで商品名を検索してみてください。

Amazonの商品ページやカスタマーレビューのページが
出てくるのではないでしょうか。
このように最近では、
Google検索でもAmazonページが上位に表示されます。

転売業者が商品ページのカートを獲得している状態であると、
Amazonの商品ページにお客様が遷移しても

自社の売上にはほとんどつながりません
「カートの獲得」については後ほど説明いたします。

近年Amazonユーザーが増えてきているため、
大きな売上損失になってしまう可能性が高いです。

このようにAmazonにおける転売は
ブランドの信頼顧客損失に大きく影響を与える可能性があります。

▼「転売の対策について相談したい!」とお考えの方は
お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

そもそもAmazonにおける転売って?

Amazonのページの仕組みついて

実際に対策を行っていく上では
Amazonのページの仕組みについて理解しておく必要があります。

Amazonでは「1つの商品=1ページ」が原則。

複数の出品者が1つのページに存在していますが、
ページのトップに表示されるのは1ショップのみです。

このように、ページのトップに表示されている商品のことを
カートを獲得している商品」といいます。

ユーザーのほとんどは出品者を選ぶことなく、
「カートに入れる」をクリックするでしょう。

つまりトップページに表示されている「カートを獲得している商品」は、
ページを訪れたユーザに購入してもらえる可能性が高くなるのです。

自社商品のAmazonページを確認してみましょう。
カートを取得している商品は転売業者が発送しているものになっていませんか?

時間を限定して出品してくる転売業者も存在するため、
常にAmazon内での注文が自社の売上につながっているとは限りません。

まずは自社の商品ページの現状を把握することが
対策を行っていく上で大切です。

転売数の確認方法

次にAmazonにおける転売数の確認方法について説明します。
転売業者の数は商品ページで確認することが可能です。

上の図の商品には7つの転売業者が存在している状態を表します。
(自社で販売している場合。8つのうち1つは自社であるため。)

「新品の出品」部分をクリックすると出品者の一覧を見ることが可能です。

基本的には最安値の商品がカートを獲得できる仕様です。

転売業者はメルカリや初回価格での購入によって販売を低価格で行っています。

カートを取得するために
自社商品の価格を下げることも1つの手ではありますが、
価格を下げなくても転売業者の駆逐を行うことでカートの獲得は可能です。

Amazon内で転売駆逐が可能である理由を次に説明します。

どうしてAmazonで転売対策ができる?

転売行為自体は法律で規制されているわけではありません。

しかし、Amazonは出品において
「中古品を新品として出品できない」という規約があるため、
規約に即していない転売は禁止されています。

以下が中古品として見なされる(新品として出品できない)商品です。

・個人(個人事業主を除く)から仕入れた商品

<メーカー保証がある場合>
・正規代理店販売商品と同等の保証を購入者が得られない商品
(保証期間など)

・プロモーション品、景品、おまけ

(参照:Amazon コンディションガイドライン

上記で述べたように、転売業者は正規の代理店ではなく
メルカリなどで手に入れた中古品を「新品」として販売しています。

そのため、転売業者が出品している商品は
Amazonの規約に沿っていないものとして見なすことが可能です。

「Amazonのガイドラインに則っていない」という理由
転売商品を規約違反として申告することができます。

転売駆逐による実績

Amazonでの転売対策の仕組みや重要さを理解していただけましたか?
弊社では
40社以上のクライアント様のAmazon転売対策、運用代行を行っております。

以下はその実績です。

転売駆逐を行うことで、カート取得率の増加に伴い売上も向上しております。

以下は転売駆逐に加えて
運用代行をお手伝いさせていただいているクライアント様の売上実績です。

転売対策と運用施策で売上アップを目指しましょう!
ご興味のある方はぜひ一度お問い合わせください!

まとめ

モールにおける転売を放置しておくと様々なデメリットがあることを
ご理解いただけましたか?

「売れる商品」を狙って転売業者は出品を行います。
お客様に本当に良い商品をお届けするためにも転売駆逐は欠かせません。

ぜひAmazonにおけるお客様からの信頼や売上の向上のための
転売駆逐、運用をお手伝いさせていただければと思います。

「自社通販やモールでの転売に悩んでいる…」
「モールでの売上をもっと伸ばしたい!」
「転売について相談したい!」

とお考えの方はぜひ下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

自社通販における転売については以下の記事でご紹介しています。
ぜひご覧ください。

▼自社通販における転売について

▼自社通販における転売の対策方法について