Hide&Seek

『 【楽天メルマガ攻略法】誰でも月10万円売り上げるメルマガの作成方法を大公開! 』

2020年10月04日更新

Ayumu Ogata WEBマーケター

  • fb
  • line

あるデータでは、
楽天で成功している店舗の新規顧客とリピーターの割合は、
最低で5:5と言われています。

リピート施策は、楽天で売上を作るために必要不可欠。
今回は、リピーター育成に欠かせないメルマガについて解説します!

楽天メルマガとは?

そもそも、楽天のメルマガとは
店舗が独自で作成し、購入履歴のあるユーザーや
メルマガ登録を行ってくれたユーザーに向けて配信することのできる
メールのことです。

1通当たり1円で送ることができるため、
高い広告費をかけずに注文獲得ができるという点は大きなメリット。

次の章では、なぜ楽天でメルマガを送る必要があるのかについて
解説していきます。

楽天でメルマガを送るべき理由

ここでは、楽天でメルマガを送るべき3つの理由についての解説です!

メルマガ経由の売上を作ることができる

メルマガを送る最大のメリットは、
メルマガ経由の売上を作ることができること。

お買い物マラソンやスーパーセール、5の倍数の日など
イベントに合わせてメルマガを配信すると売上に繋がりやすくなります。

以下のように、メルマガ配信は
ユーザーにとっても店舗にとっても大きなメリットが。

<ユーザー側のメリット>
・割引やクーポンなどお得な情報を簡単に手に入れることができる

<店舗側のメリット>
・お得な情報や最新情報を伝えたいタイミングで伝えることができる

ユーザーにとって有益な情報を、最適なタイミングで配信することによって
メルマガ経由の売上を最大化しましょう。

ユーザーとの接触回数を増やすことができる

接触回数が増える度に、対象に好印象を持つようになる「単純接触効果」。
リターゲティング広告などで
聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

メルマガを定期的、また継続的に配信することによって
ユーザーとの接触回数を増やすことができます

メルマガを配信していない場合、
ユーザーとの接触回数は購入時1回限り。
しかし、メルマガを配信すれば
接触回数を2回3回…と増やすことができます。

接触回数を増やすことで、商品や店舗のことを忘れずに
リピート購入をしてくれるユーザーが増えるため
メルマガを配信することはリピート施策の重要な1つです。

ブランディングに活用することができる

お得な情報や最新情報はもちろん、
ブランディング要素を含んだメルマガの配信を行うことによって
ユーザーのファン化を狙うこともできます。

例えば、メルマガにスタッフのイラストと一緒に小話を差し込んで
店舗やそのスタッフのファンになってもらえるような工夫を行っている店舗も。

商品を継続して購入してもらうためには、
商品はもちろん店舗のファンになってもらうのが近道の1つですね!
売上のためだけでなく、ブランディングの1つとしても
メルマガを活用しましょう。

売れるメルマガを作るポイント

この章では、今すぐ使えるメルマガ作成の3つのポイントについて
解説していきます。
売れるメルマガを作りたい人は必見です!

▼まずはメルマガの基本についてお読みください!

タイトルにはとことんこだわる

メルマガで必ず見るべき数字は以下の3つ。

・開封率
・送客率
・転換率

この3つの中でまず最初に高くするべきものはどれでしょうか?
答えは「開封率」です!

というのも、メルマガはそもそも開かれないと読まれません
そのため、メールを開いてもらうのが
売れるメルマガを作るための最初のステップ。

では、ユーザーは何を見て
メールを開くか開かないかを決めているのでしょうか?
答えは「タイトル」です。

開封率はほぼ100%タイトルで決まると言っても過言ではないため、
とことんこだわりましょう

おすすめのタイトルの付け方を2つご紹介します。

【1】タイトルに入れるべきKWを3つ出す

ユーザーが思わず開いてしまうようなキャッチコピーを
3つ書き出してみましょう。

以下のワードを参考にしてみてください!

■お買い物マラソンやスーパーセール、店舗のタイムセール開催時
・店内全品ポイント10倍
・タイムセール開催中!

■クーポンを訴求したいとき
・〇〇円から使える〇円クーポン
・最終クーポン配布中!

■緊急性を訴求したいとき
・24時間限定
・残り4時間
・100枚限定

入れるKWを3つ出したら、優先順位を付けて並べ替えましょう。

【2】目立たせたい部分を強調する記号を使う

【】《》\/★などの記号を目立たせたい部分に入れていきます。
例えば、以下のように同じKWでも記号を入れるか入れないかで
目立ち方が変わりますよね。

◎\★本日中に開封してください★/あと12時間だけ使える《10%オフクーポン》を特  別なお客様だけに配信中!
×本日中に開封してください!あと12時間だけ使える10%オフクーポンを特別なお客様に配信中!

ユーザーのメールボックスには
毎日何十件ものメールが届く中で配信したメールを開いてもらうには
タイトルを目立たせたくする工夫は必要不可欠

黒に目がいきやすいため、
一番目立たせたい部分は【】や★がおすすめです!

ペルソナを明確にして訴求を決める

実際にメルマガのコンテンツを作成するときに大事なことは何でしょうか?
それは「ペルソナを明確にすること」です。

このメルマガでどんな人に購入してほしいのか。
この商品を買う人はどんな人だろうか。

ペルソナを明確にすることで訴求は自ずと決まってきます

例えば、マウスウォッシュについてメルマガを書くとき。
「大切な商談の前に!」という訴求で獲得できるお客様は男性が多いでしょう。
一方、「デート中にも10秒で使える!」という訴求なら
女性が多いことが予想できるかもしれません。

メルマガのペルソナを明確にして、
よりユーザーに刺さるメルマガを作りましょう。

メルマガのゴールを決めて作成する

メルマガを作成する上で、もう1つ大事なことは
「メルマガのゴールを決める」ことです。

例えば、
・クーポンクリック数10
・この商品ページへの送客数10

などメルマガのゴールを決めて作成することが重要。

クーポンを獲得してもらうのがゴールであれば
クリックされるデザインにこだわるべきです。
一方、商品ページへの送客数を増やしたいのであれば、
「この商品よさそう!」とユーザーに思ってもらえる
キャッチコピーや商品の見せ方、価格の提示方法、デザインが大切になるでしょう。

メルマガにかける時間対効果を最大化するためにも、
どこにリソースをかけるべきかは必ず明確にしておく必要があります。

メルマガ作成方法

ここでは、楽天メルマガを効率的に作成する方法についての解説です!
まず、楽天メルマガには以下の5種類があります。

・PCテキストメール
・HTMLメール
・レスポンシブメール
・モバイルテキストメール
・モバイルHTMLメール

楽天では、効果測定ができ作成しやすい
HTMLメールとモバイルHTMLメールを送っていれば十分でしょう。
今回はこの2種類の作成方法について解説していきます!

HTMLメール

楽天で言うHTMLメールとは、
GmailやicloudなどのPCアドレス宛てに配信できるメールです。
開封率や送客率、転換率など効果測定をすることができます。

RMSトップ>メルマガ配信>メール本文編集>HTMLメール

①タイトル
②本文
③テキスト本文

この3つを書いていきます。

①タイトル
考えたタイトルを入力しましょう。

②本文
メール本文を入力します。
HTMLタグを入力して作成することもできますが、
RMS内の機能を使って効率的に作成することが可能です!

また全てテキストで送ることも可能ですが、
ユーザーの視覚に訴えるために画像を入れて配信している店舗が
多い傾向にあります。
画像サイズは800~1000pxがおすすめです!

例えば、画像を挿入する場合は
イメージボタンをクリックして画像URLを入力すると挿入完了。

さらに、その画像にリンクを貼りたい場合は、
画像を選択した状態でハイパーリンクボタンをクリックし
遷移先URLを入力すればオッケーです。

③テキスト本文
画像を表示しない設定にしているアドレスに配信される内容を入力します。
本文で入力した内容を文章に書き起こして入力しましょう。

モバイルHTML

モバイルHTMLは、docomoやezweb、softbankなど
キャリアアドレスを持つユーザーに配信するメールです。

RMSトップ>メルマガ配信>メール本文編集>モバイルHTMLメール

HTMLメールと同様
①タイトル
②本文
③テキスト本文

を入力していきます。

HTMLメールと違う点は以下の2点。
・横幅240pxまでの画像しか挿入できない
・HTMLメールのようにイメージボタンがない

そのため、モバイルHTMLメールで画像を挿入したい場合は、
自分でHTMLコードを書いて入力する必要があります。

操作に慣れてくるとそこまで時間をかけずに
作成できるようになります!

画像挿入以外は、HTMLメールと同じ操作で作成OK!

メルマガを作るときの注意点

最後に楽天でメルマガを作成する際に
注意すべきポイントを2つ解説します!

早めに作成して配信予約をしておく

メルマガの予約枠は早いもの勝ち。

お買い物マラソンやスーパーセールの開催日や
5の倍数の日には枠が埋まってしまうことも少なくありません

開封率がよくなりやすい12時や20時から埋まっていくことが多いため、
より効果的にメルマガを配信するために
早めに作成し最適な配信時間に予約をしておきましょう。

必ず効果測定を見てPDCAを回す

HTMLメールとモバイルHTMLメールは
開封率や送客率、転換率やヒートマップなど効果測定を行うことができます。

開封率の高いタイトルの傾向や
クリック数の高いバナーデザインなど、
必ず効果測定を見てPDCAを回していきましょう

まとめ

楽天メルマガのメリットや作成方法、配信時のポイントについて解説しました!
まだメルマガを送っていない店舗はもちろん、
すでに配信している店舗にも役に立てると嬉しいです。

このブログを書いているHide&Seekは、
Amazon、楽天、ヤフーショッピングの運営代行を行っている福岡の会社です。

「ECモールに出店したいが、リソースを割く余裕がない」
「あくまで自社モールに優位性を置いた上で、販路を増やしていきたい」
「ECモールに出店したけれど、手が回っていなくて売上が上がらない」

そんなお悩みをお持ちの方は、
ぜひ下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました!