楽天CPA広告は広告経由売上に対して課金される成果報酬型広告です。

コンバージョンが発生しない限り、
広告費は発生しない点は大きなメリットですね。
しかし、運用にはいくつか注意すべきポイントが。

今回は楽天CPA広告を効率よく運用する方法について解説します!

「商品や店舗の認知度を上げたいけど、
楽天市場広告はROASが合わないことが多い…。」

そんなお悩みをお持ちの方にぜひお読みいただきたいです!

楽天CPA広告とは?

楽天CPA広告とは、その名の通り
コンバージョンに対して広告費が発生する成果報酬型広告です。

広告経由の売上に対して20%を広告費として楽天に支払います。
成果報酬型広告のため、ROASが合わなくなるリスクは低いですが
その分広告費としては高くなってしまうのが特徴です。

掲載場所は以下のように楽天市場内外と様々。
商品や店舗の認知度を上げたい方には魅力的な広告ですね。

・楽天市場ジャンルページ「このジャンルのピックアップアイテム」
・お買い物マラソンやスーパーセールなどのイベントページ
・楽天グループ媒体内
・楽天メールマガジン

運用する前に、楽天CPA広告のメリットとデメリットについて
しっかり理解しておきましょう。

メリット

コンバージョンがない限り広告費はゼロ

成果報酬型広告である楽天CPA広告は、
コンバージョンが発生しない限り広告費はかかりません。

そのため、楽天市場広告やRPP広告など楽天内の他の広告のように
「ROASが合わないまま予算を消化してしまった…」
といったことは起こりにくいです。

また、成果報酬型のため出店したばかりの店舗など
まとまった広告費の準備が難しい店舗でも
チャレンジできるのは大きなメリットと言えるでしょう。

人が集まる場所に掲載される

お買い物マラソンやスーパーセールなど
人が集まる場所に掲載されるのは楽天CPA広告のメリットの1つです。

楽天トップページなどに掲載される楽天市場広告は
1枠40,000円~1,200,000円と高価。

それと比較すると、手軽に露出を増やすことのできる
楽天CPA広告はとてもお得に思えますね!

出稿・設定が簡単!

楽天CPA広告の設定方法は簡単!30秒で完了します。

ステータスの「有効」のラジオボタンを選択し、
「設定する」ボタンをクリックするだけで
24時間以内に広告の配信が開始されます。

広告の配信をやめたい場合は、
「無効」のラジオボタンを選択し、再度設定を行えば
24時間以内に広告の配信がストップされる仕様です。

デメリット

クリックしてから720時間以内の購入全てが広告費の対象となる

知っておかないと怖い楽天CPA広告の落とし穴があります。
それは、広告をクリックしてから720時間以内の購入全てが
広告費の対象となることです。

例えば、商品①の広告をクリックし、
商品①(1,000円)と商品②(2,000円)を購入したとき。

広告費=(1,000+2,000)×0.2=600円
という計算になります。

また、クリックしてから720時間(30日)と期間があるため
期間内にリピート購入があった場合は
2回目購入分も広告費の対象となってしまいます。

広告を出稿したい商品以外は除外設定を行い
無駄な広告費が発生しないよう対策をしましょう。

商品画像1がクリエイティブになる

入稿作業が不要の楽天CPA広告は
商品画像1に設定している画像がクリエイティブになります。

CTRを高くするために、
商品画像により工夫を施すことが必要となりますね!

一目で商品の訴求ポイントや
送料無料などのオファーが分かるような設計がおすすめです。

広告予算が設定できない

楽天CPA広告は、RPP広告やクーポンアドバンス広告など
楽天内の他の広告のように月予算を設定することができません。

広告経由の売上が大きくなれば大きくなるほど
広告費も高くなってしまうため、
出稿する商品を絞って運用するのがおすすめです。

効率よく運用するコツ

利益率の高い商品に絞って出稿する

広告費として売上の20%を支払う必要があるため、
利益率の高い商品でないと赤字になる可能性も。

利益率の高い商品に絞って出稿し、
他の商品は除外設定してリスクヘッジしておきましょう。

イベント開催時などアクセスや転換率が高くなるタイミングで出稿する

お買い物マラソンやスーパーセールが開催される期間に合わせて
自由に配信を開始、また停止できるのは楽天CPA広告ならではのメリット

イベント期間中は、楽天市場へのアクセスはもちろん
転換率も高くなりやすい傾向にあります。

イベントに合わせて出稿することで、
より効率的に広告経由で売上を立てられるようにしましょう。

▼CPA広告以外の楽天広告についてはコチラの記事をお読みください!

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【2020年最新】楽天広告の種類別効果と運用方法を徹底解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/2628
楽天での売上最大化に欠かせない広告。種類が多くて、どの広告がどんな効果に繋がるのか分かっていない方も多いのではないでしょうか。今回は、楽天の広告を費用対効果、運用方法まで初心者でも分かるよう徹底解説していきます!楽天の広告は3種類に分けられる楽天の広告は全部で6つあり、3種類に分類することができます。▼楽天新広告「ターゲティングディスプレイ広告」についての記事はコチラ掲載系広告楽天トップページやジャンルトップページ、特集ページなど、多くのユーザーの目に止まる場所に掲載されます。楽天内純広告と思っ...

まとめ

楽天CPA広告の活用方法について解説しました!

予算が設定できない、必ず掲載されるわけではないなど
コントロールできない部分も多い楽天CPA広告ですが、
しっかりと理解し、リスクヘッジした上で運用すれば損はないはずです。

このブログを書いているHide&Seekは、
Amazon、楽天、ヤフーショッピングの運営代行を行っています。

「ECモールに出店したいが、リソースを割く余裕がない」
「あくまで自社モールに優位性を置いた上で、販路を増やしていきたい」
「ECモールに出店したけれど、手が回っていなくて売上が上がらない」

そんなお悩みをお持ちの方は、
ぜひ下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました!

ヤフーショッピングで売上を最大化するために欠かせない広告。

7~8割のユーザーが検索結果、
またはカテゴリ経由で購入するというデータから分かるように
検索対策を行うことが売上最大化への近道です。

今回は検索対策に必要不可欠なアイテムマッチ広告の
効率的な運用方法について最新情報をお伝えします!

アイテムマッチ広告とは?

アイテムマッチ広告は、
ヤフーショッピング内リスティング広告です。

楽天でいうRPP広告と同じ立ち位置ですが、
KWに対して入札するのではなく、
カテゴリに対して入札する点が異なる点。

PCでは検索結果上位4枠と下部6枠、
スマートフォンでは上位2枠と広告枠が決まっています。
「ストアのイチオシ」と表示されている商品が
アイテムマッチ広告によって表示されているものです

以前は、KWに対して入札する広告がありましたが、
2020年10月現在はカテゴリに対して入札する
アイテムマッチ広告のみとなっています。

<PC>

<スマホ>

アイテムマッチ広告を運用する前に、
以下のようなメリットとデメリットがあることを
理解しておきましょう。

メリット

【1】最低入札単価10円~始められる

アイテムマッチ広告の最低入札単価は10円。
低予算で広告運用が始められるのは、アイテムマッチ広告のメリットです。

また、ページ送りにも対応しているため
入札額1位で入札しなくても、検索結果上位に表示される可能性はあります。

【2】入札順位を確認することができる

ストアマッチ広告では、
広告設定画面で入札順位を確認することができます

また、「1位入札」というボタンをクリックすると
1位入札額を確認することもできるんです!

入札順位や1位入札額を参考にしながら
費用対効果が高くなるようCPCを調整することができるのは
アイテムマッチ広告ならではのメリットですね。

【3】初心者でも始めやすい

KWに対して入札する楽天RPP広告などは、
どのKWをどのくらいのCPCで入札するか
初心者にとっては難しいこともあります。

しかし、アイテムマッチ広告は
カテゴリから商品を選択してCPCを決めるだけで出稿は完了
初心者でも簡単に始めることができます。

また、月予算も50,000円から設定できるため、
「ROASが合わないまま予算だけ大幅に消化してしまった…!」
などどいったことが起こりにくいです。

まずは最低予算で設定し、PDCAを回して
効率よく回り始めたら予算を増やしていきましょう。

デメリット

【1】KWに対して入札できないため、細かいターゲティングができない

カテゴリに対して入札するアイテムマッチ広告は
初心者でも始めやすい点が大きなメリット。
しかし、KWに対して入札する広告のように
細かいターゲティングができないという
デメリットを持ち合わせていることを理解しておく必要があります。

例えば、携帯用マウスウォッシュを出稿する場合。
KWに対して入札する場合は、
「マウスウォッシュ 携帯用」「マウスウォッシュ 使い切り」など
マウスウォッシュの中でも携帯用の商品が欲しい人に
ターゲットを絞って広告を運用することができます。

しかし、アイテムマッチ広告は
カテゴリに対してしか入札できないため、
「携帯用」などといった細かいKWに関しては
商品名やキャッチコピー、LPなどで対策するしかありません。

【2】入札額1位で入札しても1位に表示されるとは限らない

ヤフーショッピングのアルゴリズムは開示されていませんが、
以下のような要素が関係しているとされています。

・販売実績
・商品名、キャッチコピー
・アイテムマッチ入札額
・PRオプション料率  …など

ターゲットとなるユーザーに、自分の商品をより多く表示させるためにも
商品名やキャッチコピー、LPなどを見直す必要がありますね。

これらのデメリットを考慮しても、
ヤフーショッピングで売上を最大化するために
アイテムマッチ広告の運用は必要不可欠でしょう。

アイテムマッチ広告の設定

アイテムマッチの設定方法は3パターン。
それぞれについて解説していきます!

全品おまかせ入札

店舗の全商品を最適なCPCで自動的に運用してくれる入札方法です。
ヤフーショッピングを始めたばかりの方や
商品数が多い店舗におすすめ。

しかし、商品の除外設定ができない点には注意しましょう。

全品指定価格入札

店舗の全商品を指定した一律CPCで運用する入札方法です。
ヤフーショッピングを始めたばかりで、
どの商品が売れるかどうか分からない人におすすめ。

個別入札

広告を運用する商品を自分で選び、
商品ごとにCPCを設定する入札方法です。

3つの方法の中では、いちばん細かく設定を行えるため
費用対効果の最大化がしやすいと言えるでしょう。

まずは、全品指定価格入札を行った上で
より広告を打ち出していきたい商品は個別入札でCPCを高くするのが
おすすめの設定方法です!

ROAS600%で運用するコツ

実績レポートを見てPDCAを回す

必ず実績レポートを見て、費用対効果を高くするために
何か改善できる点がないかPDCAを回していきましょう。

例えば、クリック数が多い割に
コンバージョンが少ない商品がある場合は、
クーポンやポイント施策を打つとコンバージョン率が良くなるかもしれません。

無駄に広告費を消化することがないよう
必ず定期的に調整を行いましょう。

アイテムマッチ広告以外の調整も忘れずに

KWの選定ができないアイテムマッチ広告は、
商品名やPRオプションなど
広告以外の要素も重要になってきます。

検索にひっかけたいKWは積極的に
商品名や商品ページ内に入れて検索対策を行いましょう。

また、ヤフーショッピング内SEOのベースを底上げしてくれる
PRオプションについても、最適な料率設定を行うことが
検索対策の肝となります。

楽天の運用も行っている方は、
楽天のCPC広告「RPP広告」についての記事も
ぜひ併せてお読みください!

▼楽天RPP広告をROAS900%で運用する方法

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【楽天RPP広告の基本と運用ノウハウ】初心者でも分かるように簡単解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/2112
ECモールで売上を上げるためには広告を運用することが必要不可欠。今回解説するのは、数多くある楽天内広告の中でも比較的運用しやすいRPP広告です。楽天初心者の方は必ず読んでくださいね!RPP広告とは?そもそも、RPP広告とは検索連動型の広告です。楽天内リスティング広告と思っていいでしょう。 例えば、楽天市場の検索窓に「マウスウォッシュ」と入力して検索すると、下のようなページが表示されます。黄色い枠で囲んだエリアがRPP広告枠です。赤枠で囲んであるように「PR」と表示され、PCでは検索結果の上位3位以内、SPでは...

まとめ

ヤフーショッピング内リスティング広告である
アイテムマッチ広告について解説しました!

この記事がヤフーショッピングを運用している方の
役に立てば嬉しいです。

このブログを書いているHide&Seekは、
Amazon、楽天、ヤフーショッピングの運営代行を行っています。

「ECモールに出店したいが、リソースを割く余裕がない」
「あくまで自社モールに優位性を置いた上で、販路を増やしていきたい」
「ECモールに出店したけれど、手が回っていなくて売上が上がらない」

そんなお悩みをお持ちの方は、
ぜひ下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました!

いまや、ECモールはAmazon、Yahoo!、楽天など様々です。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【必見】Amazon・楽天・ヤフーの違いとは?出品&購入者目線で徹底比較!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/1111
「ECモールで商品を売りたいけど、どのモールがいいのかわからない...」とお悩みの方必見です。今回は「Amazon」「楽天」「ヤフーショッピング」の違いを、購入者と出品者の目線から初心者の方にも分かりやすく説明します。ぜひ参考にしてくださいね。Amazon・楽天・ヤフーショッピングのユーザー比較「Amazon」「楽天」「ヤフーショッピング」の3モールではユーザー層が違うことをご存知ですか?「Amazon」「楽天」「ヤフーショッピング」のユーザーの違いは、出店において必ず押さえておくべきポイントです。3モールのユーザーの特徴...

そして、Facebookも今や情報を発信するためのものだけではありません。
実は、ネットショップを作成する機能もついたんです。

さらに、直近のアップデートでショッピング機能がさらに拡充され
FacebookやInstagram内にオンラインショップの開設が可能になりました。

Instagramについて詳しい内容は以下の記事をご覧ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【インスタグラム】企業アカウントを運用するメリットから運用方法まで徹底解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/3149
企業のマーケティング担当者も注目しているInstagram。アクティブユーザーは世界で10億人、日本で3,300万人いると言われており今、勢いのあるSNSです。今回は企業アカウントを運用するメリットや最新情報を踏まえてフォロワーを増やすために必要な情報を詳しくお伝えします!企業がInstagramを運用するメリットは3つ!SNS運用に力を入れる企業が増えている中でInstagramを運用するメリットをお伝えします!Instagramで企業ブランディングをすることができるブランディングとは「このロゴマークは、〇〇の会社だ」「この会社は、〇〇を...

これからFacebookでネットショップを構築したい方に向けて
Facebookショップの機能をご紹介していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

Facebook ショップについて

これまでもFacebook Marketplaceなどのeコマース機能はありましたが、
広告主のサイトへリンクさせることしか出来ませんでした。
今後はFacebookショップに統一されており
より本格的かつ簡単にオンラインショップを開設できるようになります。

その機能としてできたのが「Facebookショップ」です。

「Facebookショップ」は、
カスタマイズ可能なオンラインショップを無料で作成できます。
店舗の規模や予算に関わらず
自社の商品からコレクション(カタログサイト)を作成したり
画面の色を変更してショップの雰囲気を
ブランドイメージに合わせて表現することが可能です。

Facebookショップを設定すると
ユーザーはFacebookページや広告などからショップへアクセスし
アプリ内で表示されたコレクションを見て
興味のある商品を保存したり、注文したりできるようになりました。

また「WhatsApp」や「Messenger」アプリ、インスタグラムの
ダイレクト機能を通じて店舗への問い合わせや
配送の追跡などのサポートも行なえます。
ただ、日本ではまだ決済まではできない状態です。
決済機能はまずは米国からの導入で
日本は今まで通り外部サイトに遷移しての商品購入となります。

Facebookショップの設定の仕方

それではFacebookショップの設定方法を説明していきます。
まずFacebookショップを始めるにはFacebookページが必須です。

また必要な商品の登録、カタログの作成方法から
Facebookでショップを設定するには、以下のことが必要になります。

□ビジネスマネージャの管理者であること
□Facebookページとカタログを、同じビジネスマネージャで所有していること
□ビジネスマネージャで、ページに対して[ページの管理]のアクセス許可、カタログに対して[カタログの管理]のアクセス許可を持っていること

また、Facebook社の”使用にあたっての各種条件”を満たしており審査で承認される必要があります。

<設定方法>

1.コマースマネージャを開きます。

2.[開始する]をクリックして、[ショップを作成]ページに移動します。

3.[ショップの設定を開始]セクションで、[ウェブサイト]を選択します。[スタート]をクリックします。

4.[ビジネスを選択]セクションに、自分がページの管理者となっているFacebookページのリストが表示されます。ショップを追加するビジネスを選択します。[次へ]をクリックします。

5.[アカウント詳細]セクションで、アカウント名を入力し、[ビジネスアカウント]を選択します。[次へ]をクリックします。

6.[ショップを表示する場所]セクションで、ショップを作成する場所を選択します。InstagramビジネスプロフィールとFacebookページがある場合は、両方を選択できます。

7.[アイテムを表示するカタログを追加]セクションで、既存のカタログを選択するか新しいカタログを作成し、[次へ]をクリックします。

8.ショップの詳細を見直し、販売者契約を確認して同意したうえで、[ショップを作成]をクリックします。

これでショップの作成は完了です。
次に必要に応じて以下の設定を行ないます。

コレクションを作成する。
2つ以上の商品を含むコレクションを作成することができます。

ショップをカスタマイズする。
注目のコレクションを選択したり、ショップのルックアンドフィールをカスタマイズしたりします。

ショップを公開する。
Facebookによる審査が完了してコレクションが承認されると、ショップが利用者に表示されます。審査は通常24時間以内に完了します。

以下に注意してください。
上記の手順で既存のカタログを追加した場合、ショップは自動的に作成されます。
ショップを公開するには、[ショップ]タブに移動して
[編集]をクリックしてから[送信して公開]をクリックします。
さらに、ショップを編集してカスタマイズすることもできます。

詳しくはコチラをご覧ください。

Facebookショップ利用の留意点

Facebookショップを利用する上で注意点がいくつかあります。
それらに関しては、以下の通りです。

□商品画像にはイラストやアイコンは使用できない
□商品画像は正方形フォーマット
□不快なコンテンツ(性的表現の強いもの)は使用できない
□広告素材や宣伝素材は使用できない
□期間限定の値下げなどは使用できない
□HTMLは使用できない
□電話番号やメールアドレスは説明に含むことができない
□本や映画の結末は説明に含むことができない
□外部サイトへのリンクは掲載できない

制限はありますが、Facebookショップは具体的に次のようなことができます。

Facebookショップでできること

◎自由に商品を追加することができる

あらかじめカタログなどを作成しておく必要はありません。
随時、好きなだけ商品の追加を行うことができます。

初めて追加される商品は、Facebookのポリシーに
準拠した商品であるのか審査されます。
問題がなければ、24時間以内にインベントリーに追加されます。
インベントリーとはこちらをご覧ください。

なお、審査には時間がかかる場合もあるので
24時間以上経って審査が終わらなくてもしばらく様子をみてみましょう。

◎商品インベストリーのカスタマイズ

Facebookのショップ機能では、
商品を異なるコレクション毎に分類し、カテゴリ別に整理することが可能です。
商品数が多い場合、カテゴリ分けされていないと、
ユーザーは目当ての商品を探すことができず、離脱率が高くなってしまいます。

◎ユーザーからのお問い合わせ対応

ユーザーが商品についてページ内から直接問い合わせが可能です。
ユーザーからの商品に対する問い合わせにシームレスに対応することができるので、わからないこと、気になることがあることによる購買の機会損失を防ぐことができます。

◎インサイトによる分析

Facebookのショップ機能の一つにインサイトがあります。

これは商品ごとに表示数、クリック数、購入数のインサイトを確認することが可能です。
ECにおいて成功と失敗を最も左右する要因のひとつが仕入れになります。
インサイトを確認することによってユーザーからの需要が高い商品の傾向を
分析できれば、ショップの運営を改善することに繋げられるでしょう。

まとめ

Facebookショップについて解説させていただきました。
Facebook広告と併用することで
より多くのユーザーにリーチできるようになります。
また、Facebook広告はどんな媒体であるのかどんな掲載先や強みがあるのかを以下の記事にまとめております。
興味のある方はぜひご覧ください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
【完全ガイド】これを読めばFacebook広告のすべてが分かる!広告費や配信先、フォ...
https://www.hideandseek.co.jp/archives/4003
今回は「これからFacebook広告を始めたい!」という方のためにFacebook広告の全体の概要についてまとめてみました。Facebook広告には「どんな目的」で広告を出すのが最適なのか?「どんな掲載先」があるのか?「どんなフォーマット」があるのか?「どんな強み」があるのか?詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。facebook広告とはfacebookとは2004年に創業され、2006年の9月26日に公開されたSNSです。創始者はハーバード大学出身のマーク・ザッカーバーグ氏。もともと、ハーバード大学の学生が交流を図るためにル...

あるデータでは、
楽天で成功している店舗の新規顧客とリピーターの割合は、
最低で5:5と言われています。

リピート施策は、楽天で売上を作るために必要不可欠。
今回は、リピーター育成に欠かせないメルマガについて解説します!

楽天メルマガとは?

そもそも、楽天のメルマガとは
店舗が独自で作成し、購入履歴のあるユーザーや
メルマガ登録を行ってくれたユーザーに向けて配信することのできる
メールのことです。

1通当たり1円で送ることができるため、
高い広告費をかけずに注文獲得ができるという点は大きなメリット。

次の章では、なぜ楽天でメルマガを送る必要があるのかについて
解説していきます。

楽天でメルマガを送るべき理由

ここでは、楽天でメルマガを送るべき3つの理由についての解説です!

メルマガ経由の売上を作ることができる

メルマガを送る最大のメリットは、
メルマガ経由の売上を作ることができること。

お買い物マラソンやスーパーセール、5の倍数の日など
イベントに合わせてメルマガを配信すると売上に繋がりやすくなります。

以下のように、メルマガ配信は
ユーザーにとっても店舗にとっても大きなメリットが。

<ユーザー側のメリット>
・割引やクーポンなどお得な情報を簡単に手に入れることができる

<店舗側のメリット>
・お得な情報や最新情報を伝えたいタイミングで伝えることができる

ユーザーにとって有益な情報を、最適なタイミングで配信することによって
メルマガ経由の売上を最大化しましょう。

ユーザーとの接触回数を増やすことができる

接触回数が増える度に、対象に好印象を持つようになる「単純接触効果」。
リターゲティング広告などで
聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

メルマガを定期的、また継続的に配信することによって
ユーザーとの接触回数を増やすことができます

メルマガを配信していない場合、
ユーザーとの接触回数は購入時1回限り。
しかし、メルマガを配信すれば
接触回数を2回3回…と増やすことができます。

接触回数を増やすことで、商品や店舗のことを忘れずに
リピート購入をしてくれるユーザーが増えるため
メルマガを配信することはリピート施策の重要な1つです。

ブランディングに活用することができる

お得な情報や最新情報はもちろん、
ブランディング要素を含んだメルマガの配信を行うことによって
ユーザーのファン化を狙うこともできます。

例えば、メルマガにスタッフのイラストと一緒に小話を差し込んで
店舗やそのスタッフのファンになってもらえるような工夫を行っている店舗も。

商品を継続して購入してもらうためには、
商品はもちろん店舗のファンになってもらうのが近道の1つですね!
売上のためだけでなく、ブランディングの1つとしても
メルマガを活用しましょう。

売れるメルマガを作るポイント

この章では、今すぐ使えるメルマガ作成の3つのポイントについて
解説していきます。
売れるメルマガを作りたい人は必見です!

▼まずはメルマガの基本についてお読みください!

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【HTMLメールに落とし穴?】メルマガ初心者でも3分で攻略!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/2291
低コストでお客様との関係を構築できるメルマガ施策。実は、誰もが陥りやすい落とし穴があることをご存じですか?今回はメルマガの効果を最大化するために知っておきたい、3つのポイントについて解説します。ぜひ参考にしてください!HTMLメールとテキストメールの違いそもそも、メルマガはHTMLメールとテキストメールという2種類のメールで配信が可能です。まず最初に、この2つの違いとHTMLメールでのメルマガ配信をおすすめする理由について解説します!HTMLメールの特徴HTMLメールとテキストメールには下のような違いがあります。画...

タイトルにはとことんこだわる

メルマガで必ず見るべき数字は以下の3つ。

・開封率
・送客率
・転換率

この3つの中でまず最初に高くするべきものはどれでしょうか?
答えは「開封率」です!

というのも、メルマガはそもそも開かれないと読まれません
そのため、メールを開いてもらうのが
売れるメルマガを作るための最初のステップ。

では、ユーザーは何を見て
メールを開くか開かないかを決めているのでしょうか?
答えは「タイトル」です。

開封率はほぼ100%タイトルで決まると言っても過言ではないため、
とことんこだわりましょう

おすすめのタイトルの付け方を2つご紹介します。

【1】タイトルに入れるべきKWを3つ出す

ユーザーが思わず開いてしまうようなキャッチコピーを
3つ書き出してみましょう。

以下のワードを参考にしてみてください!

■お買い物マラソンやスーパーセール、店舗のタイムセール開催時
・店内全品ポイント10倍
・タイムセール開催中!

■クーポンを訴求したいとき
・〇〇円から使える〇円クーポン
・最終クーポン配布中!

■緊急性を訴求したいとき
・24時間限定
・残り4時間
・100枚限定

入れるKWを3つ出したら、優先順位を付けて並べ替えましょう。

【2】目立たせたい部分を強調する記号を使う

【】《》\/★などの記号を目立たせたい部分に入れていきます。
例えば、以下のように同じKWでも記号を入れるか入れないかで
目立ち方が変わりますよね。

◎\★本日中に開封してください★/あと12時間だけ使える《10%オフクーポン》を特  別なお客様だけに配信中!
×本日中に開封してください!あと12時間だけ使える10%オフクーポンを特別なお客様に配信中!

ユーザーのメールボックスには
毎日何十件ものメールが届く中で配信したメールを開いてもらうには
タイトルを目立たせたくする工夫は必要不可欠

黒に目がいきやすいため、
一番目立たせたい部分は【】や★がおすすめです!

ペルソナを明確にして訴求を決める

実際にメルマガのコンテンツを作成するときに大事なことは何でしょうか?
それは「ペルソナを明確にすること」です。

このメルマガでどんな人に購入してほしいのか。
この商品を買う人はどんな人だろうか。

ペルソナを明確にすることで訴求は自ずと決まってきます

例えば、マウスウォッシュについてメルマガを書くとき。
「大切な商談の前に!」という訴求で獲得できるお客様は男性が多いでしょう。
一方、「デート中にも10秒で使える!」という訴求なら
女性が多いことが予想できるかもしれません。

メルマガのペルソナを明確にして、
よりユーザーに刺さるメルマガを作りましょう。

メルマガのゴールを決めて作成する

メルマガを作成する上で、もう1つ大事なことは
「メルマガのゴールを決める」ことです。

例えば、
・クーポンクリック数10
・この商品ページへの送客数10

などメルマガのゴールを決めて作成することが重要。

クーポンを獲得してもらうのがゴールであれば
クリックされるデザインにこだわるべきです。
一方、商品ページへの送客数を増やしたいのであれば、
「この商品よさそう!」とユーザーに思ってもらえる
キャッチコピーや商品の見せ方、価格の提示方法、デザインが大切になるでしょう。

メルマガにかける時間対効果を最大化するためにも、
どこにリソースをかけるべきかは必ず明確にしておく必要があります。

メルマガ作成方法

ここでは、楽天メルマガを効率的に作成する方法についての解説です!
まず、楽天メルマガには以下の5種類があります。

・PCテキストメール
・HTMLメール
・レスポンシブメール
・モバイルテキストメール
・モバイルHTMLメール

楽天では、効果測定ができ作成しやすい
HTMLメールとモバイルHTMLメールを送っていれば十分でしょう。
今回はこの2種類の作成方法について解説していきます!

HTMLメール

楽天で言うHTMLメールとは、
GmailやicloudなどのPCアドレス宛てに配信できるメールです。
開封率や送客率、転換率など効果測定をすることができます。

RMSトップ>メルマガ配信>メール本文編集>HTMLメール

①タイトル
②本文
③テキスト本文

この3つを書いていきます。

①タイトル
考えたタイトルを入力しましょう。

②本文
メール本文を入力します。
HTMLタグを入力して作成することもできますが、
RMS内の機能を使って効率的に作成することが可能です!

また全てテキストで送ることも可能ですが、
ユーザーの視覚に訴えるために画像を入れて配信している店舗が
多い傾向にあります。
画像サイズは800~1000pxがおすすめです!

例えば、画像を挿入する場合は
イメージボタンをクリックして画像URLを入力すると挿入完了。

さらに、その画像にリンクを貼りたい場合は、
画像を選択した状態でハイパーリンクボタンをクリックし
遷移先URLを入力すればオッケーです。

③テキスト本文
画像を表示しない設定にしているアドレスに配信される内容を入力します。
本文で入力した内容を文章に書き起こして入力しましょう。

モバイルHTML

モバイルHTMLは、docomoやezweb、softbankなど
キャリアアドレスを持つユーザーに配信するメールです。

RMSトップ>メルマガ配信>メール本文編集>モバイルHTMLメール

HTMLメールと同様
①タイトル
②本文
③テキスト本文

を入力していきます。

HTMLメールと違う点は以下の2点。
・横幅240pxまでの画像しか挿入できない
・HTMLメールのようにイメージボタンがない

そのため、モバイルHTMLメールで画像を挿入したい場合は、
自分でHTMLコードを書いて入力する必要があります。

操作に慣れてくるとそこまで時間をかけずに
作成できるようになります!

画像挿入以外は、HTMLメールと同じ操作で作成OK!

メルマガを作るときの注意点

最後に楽天でメルマガを作成する際に
注意すべきポイントを2つ解説します!

早めに作成して配信予約をしておく

メルマガの予約枠は早いもの勝ち。

お買い物マラソンやスーパーセールの開催日や
5の倍数の日には枠が埋まってしまうことも少なくありません

開封率がよくなりやすい12時や20時から埋まっていくことが多いため、
より効果的にメルマガを配信するために
早めに作成し最適な配信時間に予約をしておきましょう。

必ず効果測定を見てPDCAを回す

HTMLメールとモバイルHTMLメールは
開封率や送客率、転換率やヒートマップなど効果測定を行うことができます。

開封率の高いタイトルの傾向や
クリック数の高いバナーデザインなど、
必ず効果測定を見てPDCAを回していきましょう

まとめ

楽天メルマガのメリットや作成方法、配信時のポイントについて解説しました!
まだメルマガを送っていない店舗はもちろん、
すでに配信している店舗にも役に立てると嬉しいです。

このブログを書いているHide&Seekは、
Amazon、楽天、ヤフーショッピングの運営代行を行っている福岡の会社です。

「ECモールに出店したいが、リソースを割く余裕がない」
「あくまで自社モールに優位性を置いた上で、販路を増やしていきたい」
「ECモールに出店したけれど、手が回っていなくて売上が上がらない」

そんなお悩みをお持ちの方は、
ぜひ下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました!

楽天が新しくリリースした「ターゲティングディスプレイ広告」。
店舗側が設定したセグメントにバナー広告を配信できる魅力的な広告なんです!

今回は、実際に運用して分かった
ターゲティングディスプレイ広告の入稿方法から
効率的な運用方法まで徹底解説します。

ターゲティングディスプレイ広告とは?

ターゲティングディスプレイ広告とは、
店舗側が設定したセグメントにバナー広告を配信できる広告です。
広告の表示回数によって予算を消化していくため
楽天内IMP課金型広告といっていいでしょう。

楽天市場内のみで配信されるため、
買い物をしにきているユーザーに対して効率的に広告を表示させることができます。

入稿時に選択するパッケージによって、
広告掲載面やIMP単価が変わるため注意して設定を行いましょう。
以下の2つのパッケージから選択することができます。

プレミアムTOPパッケージ

楽天市場TOPページに、
自店舗への誘導バナーを配信できるパッケージです。

多くのユーザーの目に止まる場所に掲載されるため
楽天内での店舗認知度を上げたい方にはぴったりのパッケージですね!

楽天市場TOPページ以外にも、
お買い物完了画面や「もっと見る」ページに掲載されることもあります。

1表示当たり1.8円と、2つのパッケージの中では
広告費が高くつくのも特徴の1つ。

リッチ最大化パッケージ

リッチ最大化パッケージは、
様々な掲載面に効率よく広告を配信したい方におすすめ

主な掲載面は、以下のようなものが挙げられます。

・閲覧履歴
・お気に入り
・検索結果レフトナビ
・商品レビューページ etc…

1表示当たり0.8円と、
プレミアムTOPパッケージに比べて低価格であるため
コストパフォーマンスよく認知度を広げたい店舗にはおすすめのパッケージです。

より多くの掲載面に表示されるため、
入稿するバナーを以下の3サイズ作成する必要があります。

・1280×200px
・400×800px
・480×360px

ターゲティングディスプレイのメリット

楽天のユーザーデータを利用したセグメント配信ができる

年齢や性別はもちろん、楽天の会員ランクやイベント閲覧履歴など
楽天独自のユーザーデータをもとにターゲティング配信を行うことができます。

例えば、同じ検索履歴のユーザーでも
直近の購入が昨日のユーザーと1年前のユーザーでは
前者のほうが商品を購入する確立は高いでしょう。

楽天内でのユーザーの行動履歴でセグメントを設定し
最適な広告配信ができることは、
ターゲティングディスプレイ広告最大のメリットと言えます。

バナーデザインを独自で作成できる

1pxの枠線が必須だったり、フォントサイズに制限があったりと
レギュレーションはあるものの
自由にバナーを作成し出稿することが可能です。

設定したセグメントにより訴求できるデザインが
ある程度自由にできるのもターゲティングディスプレイ広告のメリットですね。

パフォーマンスレポートで効果を測定できる

RPP広告やクーポンアドバンス広告と同様、
パフォーマンスレポートで以下の数字の効果測定ができます。

・広告表示回数
・実績額
・クリック数
・CTR
・売上件数
・売上金額
・ROAS

ターゲティングディスプレイ広告は、
設定した予算を消化しきるまで掲載をストップすることができないため
最低予算100,000円でまずは運用をしてみて
その結果を見て調整を行っていくことが重要です。

効率よく店舗の認知度を上げたい方や
新規顧客を獲得したい方にとって
魅力的なターゲティングディスプレイ広告。
しかし、以下のようなデメリットがあることも理解しておく必要があります。

ターゲティングディスプレイのデメリット

実際に配信するまでに時間と手間がかかる

ターゲティングディスプレイ広告は、
バナーを作成して入稿し、修正がある場合は再入稿まで行う必要があります。

そのため、RPP広告やクーポンアドバンス広告など、
楽天内の他の広告に比べて配信までに時間と手間がかかるのがネック。

また、クリエイティブのPDCAを回していくには
継続的にリソースをかけていく必要があるでしょう。

設定した予算を消化するまで広告の配信を止めることができない

楽天の仕様上、設定した予算を消化しきるまで
広告の配信を止めることができません。

ターゲティングディスプレイ広告の最低設定予算は100,000円。
一度入稿したバナーは、
予算を消化しきるまで変更することはできないのがネックです。

クリエイティブのPDCAを行いたい場合は
最低予算でキャンペーンの設定を行い、
できるだけ細かくテストを行っていきましょう。

バナー入稿後のキャンセルができない

バナーを一度入稿すると、その後のキャンセルができない仕様となっています。
希望のスケジュールで広告を配信できるよう
スケジュールなど余裕をもって準備を行いましょう。

これらのデメリットを考慮しても、
楽天内の希望するセグメントに最適な広告を配信できる
ターゲティングディスプレイ広告は
楽天内の認知度を高めたい店舗や、新規顧客獲得を目指す店舗は
一度試してみる価値のある広告と言えます!

入稿方法

ターゲティングディスプレイ広告の入稿は2STEP!

【STEP1】キャンペーン登録をする

「キャンペーン」→「新規登録」からキャンペーンを登録します。

以下の5つの項目を入力または選択しましょう。

①キャンペーン名
②キャンペーン期間
③予算
④パッケージ種類
⑤対象セグメント

【STEP2】原稿を作成し入稿する

キャンペーン一覧から「未入稿」をクリックし、バナーの入稿画面に進みます。

バナーをアップロードし、リンクURLを入力します。
以上で入稿作業は完了です!

バナーは広告配信の6営業日前までに入稿する必要があるため
入稿したバナーに修正依頼があった場合は、できるだけ早く対応しましょう。

効率的な運用方法

最後にターゲティングディスプレイ広告の効率的な運用方法を2つ解説します。

施策と絡ませて出稿する

楽天市場広告など、他のディスプレイ広告と同様
クーポン施策やポイント施策と絡ませて出稿するのがおすすめです。

楽天ユーザーにとって商品がお得に見えるかはとても重要。
いいなと思った商品に使えるクーポンがあったり、
ポイント20倍などの特典がついている場合、転換率が高くなりやすいことは明確ですね。

施策と絡ませて出稿することでROASを合わせていきましょう。

最低予算で配信しPDCAを回していく

設定した予算を消化するまで広告配信を止めることができない
ターゲティングディスプレイ広告。

クリエイティブや施策のPDCAをより早く回すためには、
最低予算の100,000円で継続的に配信を行うのがおすすめです。

継続的に配信を行うことによって、
ユーザーとの接触回数を多くし、楽天内での認知度を高めていきましょう。

まとめ

楽天の新しい広告、ターゲティングディスプレイ広告について解説しました!

楽天市場広告やRPP広告、クーポンアドバンス広告など
楽天内の基本的な広告をすでに配信している店舗はぜひチャレンジしてみてください!

このブログを書いているHide&Seekは、
Amazon、楽天、ヤフーショッピングの運営代行を行っている福岡の会社です。

「ECモールに出店したいが、リソースを割く余裕がない」
「あくまで自社モールに優位性を置いた上で、販路を増やしていきたい」
「ECモールに出店したけれど、手が回っていなくて売上が上がらない」

そんなお悩みをお持ちの方は、
ぜひ下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました!

2019年5月のソフトバンク連結子会社化により
PayPayでの決済が可能となったヤフーショッピング。

これまでの顧客層である30~40代以外の
若年層の囲い込みを開始し、規模が拡大しつつある将来性の高いモールです。

出店数が増える中で、
競争に勝つための広告活用方法について解説していきます!

ヤフーショッピングの広告は4種類

ヤフーショッピングの広告は全部で4種類に分かれます。

▼楽天の広告全種類について知りたい方はコチラ

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【2020年最新】楽天広告の種類別効果と運用方法を徹底解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/2628
楽天での売上最大化に欠かせない広告。種類が多くて、どの広告がどんな効果に繋がるのか分かっていない方も多いのではないでしょうか。今回は、楽天の広告を費用対効果、運用方法まで初心者でも分かるよう徹底解説していきます!楽天の広告は3種類に分けられる楽天の広告は全部で6つあり、3種類に分類することができます。▼楽天新広告「ターゲティングディスプレイ広告」についての記事はコチラ掲載系広告楽天トップページやジャンルトップページ、特集ページなど、多くのユーザーの目に止まる場所に掲載されます。楽天内純広告と思っ...

バナー・テキスト広告

ヤフーショッピングトップページや総合ランキング、
全検索結果に設けられている広告枠など多くの人の目につくところに掲載されるため
ヤフーショッピング広告の中でも圧倒的な集客を見込めます。

アイテムマッチ

ヤフーショッピング内リスティング広告です。
以前はKWに対して入札する
「ストアのイチオシ」という広告もありましたが
現在は商品カテゴリに対して入札するアイテムマッチのみとなりました。

ソリューションパッケージ

Google検索結果ページやYahoo!Japanトップページに広告を配信します。
ヤフーショッピング外に広告を配信できるため、
新規顧客獲得数の拡大におすすめ。

ヤフーショッピングでの閲覧商品から
リターゲティングして配信することもできます。

PRオプション

「販売価格×料率(%)」が広告費となるコンバージョン課金型広告です。
PRオプションの料率を高くすることで
検索結果ページの上位に上げやすくなります

また、暮らしの応援クーポンなど
ヤフーショッピングが開催するイベントに参加するために
指定されたPRオプション料率を設定しなければならない場合も。


おすすめの商品を訴求したいのか、アクセスを増やしたいのか
それとも購入見込みの高いユーザーに再来訪してほしいのか…
目的によって最適な広告はさまざまです。

次の章から、4種類の広告について解説していきます。
最適な広告配信を行うためにぜひお読みください!

バナー・テキスト広告

バナー・テキスト広告は、ヤフーショッピングトップページなど
多くの人の目に止まる広告枠を購入し、商品掲載する広告です。
ヤフーショッピング内純広告と思ってよいでしょう。

・通常広告
・販促広告
の2種類があります。

通常広告

通常広告は、季節などに関係なく
常にトップページにある広告枠が多いです。

例えば、トップページに毎日更新されている
「毎日更新!ホットアイテム」も通常広告の1つ。

ヤフーショッピング内での商品やショップの認知度を高めるには
とっておきの広告ですね!

販促広告

販促広告は、「お中元」や「おせち・海鮮グルメ特集」など
季節性の高い特集に掲載する広告枠が多い傾向にあります。

トップページ上部のカルーセルのバナーをクリックすると
商品を見ることができるんです。

また、ヤフーショッピングが配信するメール内の枠を購入する
「NewsCLIP」というメール広告もあります。

季節商材を出品する場合におすすめの広告ですね!

バナー・テキスト広告には、以下のようなメリットとデメリットがあることを
理解した上で運用しましょう。

【メリット】
・入稿すれば必ず掲載される
・多くのユーザーの目に止まる場所に掲載されるため、
 商品やショップの認知度を上げることができる

【デメリット】
・他の広告に比べて費用が高い
・クリエイティブの準備など入稿に手間がかかる

費用は30,000円~。
掲載枠や掲載期間によって費用は大きく変わります。

【効率的な運用方法】
バナー・テキスト広告の一番のメリットは
ワイワイセールなど、ヤフーショッピングが開催するイベントに合わせて出稿することで
アクセス数の増加を見込めることです。

ただし、検索履歴などによってパーソナライズされる広告ではないため
コンバージョンに繋げるためにはポイントやクーポン施策を
組み合わせて出稿することが必須でしょう。

ストアマッチ広告

ストアマッチ広告は、
検索結果ページに表示されるクリック課金型広告です。

PCでは検索結果上位4枠と下部6枠、
スマートフォンでは上位2枠と広告枠が決まっており
「ストアのイチオシ」と表示されます

<PC>

<スマートフォン>

楽天でいうRPP広告と同じ立ち位置ですが、
KWで入札するのではなく商品カテゴリに対して入札するのが異なる点です。

以下のメリット・デメリットがあることを理解して
運用していきましょう。

【メリット】
最低入札単価10円~と低予算で始められる
・入札額順位を見ることができる
・Twitterと連携するとつぶやき機能を使って販促を行える

【デメリット】
・KWに対して入札できないため、細かいターゲティングができない
・入札額1位で入札しても1位に表示されるとは限らない

ヤフーショッピング内アルゴリズムは開示されていませんが
以下の要素などが関係するとされています。

・販売実績
・商品名やキャッチコピー
・アイテムマッチマッチ入札額
・PRオプション料率  …etc

上位表示させるためには、
ストアマッチ広告以外の要素の見直しも行いましょう。

また、全商品を最適なクリック単価で自動的に運用してくれる
「全品おまかせ入札」も月予算50,000円から利用が可能。
ヤフーショッピング初心者や
商品数が多いショップは活用するのも1つの手ですね!

▼ストアマッチ広告をROAS600%で運用する方法はコチラ

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
【2020年最新】ストアマッチ広告をROAS600%で運用する方法を徹底解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/4360
ヤフーショッピングで売上を最大化するために欠かせない広告。7~8割のユーザーが検索結果、またはカテゴリ経由で購入するというデータから分かるように検索対策を行うことが売上最大化への近道です。今回は検索対策に必要不可欠なアイテムマッチ広告の効率的な運用方法について最新情報をお伝えします!アイテムマッチ広告とは?アイテムマッチ広告は、ヤフーショッピング内リスティング広告です。楽天でいうRPP広告と同じ立ち位置ですが、KWに対して入札するのではなく、カテゴリに対して入札する点が異なる点。PCでは検索結果上位4...

ソリューションパッケージ

Google検索結果ページやYahoo!Japanトップページなど
ヤフーショッピング以外の広告枠に配信することができる広告です。

例えば「高麗人参サプリ」というワードで検索すると
上の画像のように右側にショッピング枠が出てきます。

ソリューションパッケージでは、
このショッピング枠にヤフーショッピングで出品している商品を掲載できるんです。

これにより「欲しい商品があるが、どのモールで購入するかは決めていない」
ユーザーに対してヤフーショッピングへの誘導を行うことができます。

また、ヤフーショッピングの商品を見たユーザーが
他のウェブサイトを訪問した際に、
ユーザーが見た商品+おすすめ商品を表示させる
リターゲティング配信ができるのも特徴です。

接触回数を増やすことでより高いコンバージョン率に繋がります。
以下のメリット・デメリットがあることを知っておきましょう。

【メリット】
・ヤフーショッピング外から新規顧客を獲得できる
・入稿の手間がない

【デメリット】
・Google広告の場合は広告審査がある
・リターゲティング広告は短期間では効果が出にくいことがある

費用は1クリック当たり20~100円、月予算50,000円から設定できます

配信の設定を行ってから実際に配信されるまでに
2日~2週間ほどタイムラグがあるため
そこまでスケジューリングして配信をしましょう。

PRオプション

PRオプションは、
検索結果に上位表示させるためのスコアを上げるために設定する料率です。
より多くのユーザーに商品を表示しやすくすることができます。

「販売価格×料率(%)」が広告費となる
コンバージョン課金型広告です。
PRオプションは1.0~30.0%まで0.1%刻みで設定することができます。

例えばPRオプションを10%に設定している場合。
10,000円の売上があったとき、
1,000円を広告費としてヤフーショッピングに支払うということです。

【メリット】
・購入されない限り広告費はかからない
・料率によって利用できる特典がある(STORE’s R∞など)

【デメリット】
・高く設定すればするほど広告費が高くなる

一定の料率よりも高く設定すると、
Yahoo!プレミアム会員などヤフーショッピングの優良ユーザーに
さらに表示されやすくする
ターゲティング機能を利用できるようになります。

しかし、PRオプション料率を高くしたからといって
上位表示されるとは限りません。
PRオプション以外にも商品名やキャッチコピー、
ストアマッチ広告などとの調整を行いながら運用していくことが重要です。

また、商品ごとに料率を設定することも可能であるため
細かく設定を行いPDCAを回していきましょう。

まとめ

ヤフーショッピングの広告について解説しました!
売上を最大化するためには、
まずはストアマッチ広告とPRオプションはマストでやっておきましょう。

このブログを書いているHide&Seekは、
Amazon、楽天、ヤフーショッピングの運営代行を行っている福岡の会社です。

「ECモールに出店したいが、リソースを割く余裕がない」
「あくまで自社モールに優位性を置いた上で、販路を増やしていきたい」
「ECモールに出店したけれど、手が回っていなくて売上が上がらない」

そんなお悩みをお持ちの方は、
ぜひ下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました!

バナーを設置したり、商品名を変更したり何かと忙しいセール開催時。
「24時にセールが始まるから、CSV更新のために起きていないと…」
そんな経験がある方も多いのではないでしょうか?

今回は意外と簡単なCSV更新予約の方法を解説します!

FTPRushを使うメリット

FTPRushを使う最大のメリットは、
FFFTPやFileZiilaなど他のソフトと違い「アップロードの時間を予約できる」点です。

お買い物マラソンやスーパーセール開催時などは
多くのショップが以下のように商品名や商品画像をセール用のものに変更します。

<通常時>
【公式】ハイド自慢 1袋60粒 ダイエットサプリ 燃焼 カプサイシン 

<セール開催時>
《最大2,000円オフクーポン配布中! 8/9 01:59まで》【公式】ハイド自慢 1袋60粒 ダイエットサプリ 燃焼 カプサイシン

FTPRushを使えば、上記のような変更を
確実な時間に一括で変更するよう予約することができるんです!

また、スーパーセールなど大きなセールが開催されるときには、
楽天のサーバーが重たくなってしまうことがあります。
そのため、開催直前に手動でFTPソフトにCSVをアップロードをし、
商品名や商品画像などを変更しようとしてもすぐに変更が反映されないことも。

FTPRushで予約をしていれば、
変更を行いたい時間に確実に変更することができるため、
まだFTPRushを使っていない方はこの記事を読んで、トライしてみてください!


▼CSV商品一括編集についての記事はコチラ

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【2020年最新版】楽天商品登録とCSV一括商品編集を5分で攻略!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/1626
楽天でお買い物をするとき、お客様はどこを見て購入するでしょう?答えは「商品ページ」です。実店舗を持たない通販において、商品ページはお客様を接客する大切な場所。今回は「売れる」ための商品登録について分かりやすく解説します! 商品登録の方法まずは、RMS上での商品登録において抑えておくべき項目をピックアップし、1-1商品基本情報、1-2商品ページ編集、1-3商品登録情報の3つに分けて解説します。商品基本情報商品名や価格、配送方法など、商品の基本となる情報の設定を行う場所です。ここでは、●商品概要の設定●価格...

FTPRushの使い方

インストール

インストールしてから使用できる状態にするまでの設定方法を解説します。
まずは下のURLからインストールしましょう。

▼FTPRushインストールはコチラ
https://freesoft-100.com/review/ftprush.html

初期設定

ダウンロードが完了したらFTPRushの初期設定をしましょう。
まずは、「tools」→「Languages」→「Japanese」の順に選択していき、
日本語で表示されるように設定を行っていきます。  

日本語で表示されるようになりました!
次に、「FTP」→「簡易接続ダイアログ」で接続設定を行っていきます。

・ホスト名
・ポート
・ユーザー名
・パスワード

を入力して「OK」をクリックすると接続は完了。
ユーザー名とパスワードは、「匿名ログイン」のチェックボックスを外して入力しましょう。

接続が完了しました!
ここまで完了すれば準備はバッチリです。

CSV一括更新の予約方法

FTPRushで更新の予約を行う方法を解説します。

ローカル側に表示されているCSVファイル「item.csv」を選択し、右クリック。
「選択した内容を行列に追加」をクリックします。

画面下の行列にファイルが追加されました!
追加されたファイルを右クリックし、「行列をタスクにスケジュール」をクリックします。

あとはスケジュールを入力すればCSV更新の予約は完了です。

FTPRushの注意点

PCが起動していないと更新されない

PCをシャットダウンしたり、
FTPRushを終了したりしてしまうと予約した更新が行われません。
きちんと更新を行うために気を付けましょう!

コントロールカラムはしっかり確認を!

コントロールカラムとは、CSV商品一括編集における編集内容を指定するものです。
全部で3種類あります。

・n:登録
・u:更新
・d:削除

誤って「d:削除」を選択すると、商品ページごと消えてしまうリスクもあるため
予約する前にしっかりと確認をして気を付けましょう。

まとめ

CSV更新を楽にするFTPRushの使い方を解説しました!
FTPRushを使う最大のメリットは「予約した時間に確実に更新される」点。
ぜひCSV更新予約機能を使って、効率よく売れるショップ作りにお役立てください!

このブログを書いているHide&Seekは、
Amazon、楽天、ヤフーショッピングの運営代行を行っている福岡の会社です。

「ECモールに出店したいが、リソースを割く余裕がない」
「あくまで自社モールに優位性を置いた上で、販路を増やしていきたい」
「ECモールに出店したけれど、手が回っていなくて売上が上がらない」

そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひ下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました!

楽天市場では、お得なセールが毎月開催されています。

今回は【楽天出店者が教える】
2020年のセール開催予想と攻略法についての記事です!
楽天経済圏でポイントがザクザク貯まる簡単なコツも書いているので、ぜひお読みください!

2020年開催予想スケジュール

2020年のセール開催予想は以下の通りです!

次回のお買い物マラソンは、11/4 20:00~11/11 01:59まで
スーパーセールは12/4 20:00~12/11 01:59まで開催と予想しています。

セール開催2日前には、告知が始まっていることがほとんどであるため、こまめに楽天市場をチェックしておきましょう!

楽天セールの種類

楽天では、お買い物マラソンやスーパーセールなど
お馴染みのセール以外にもこんなにセールが開催されているんです!

セールによって開催頻度や時期、ルールが異なるためしっかり理解しておきましょう。

楽天お買い物マラソン(毎月開催)

毎月1回、多いときは月2回ともっとも頻繁に開催されるセールです。

複数ショップで買い回りすることによって、
最大10倍ポイント倍率がアップしていきます。
買い回りによる
ポイント獲得上限は10,000ポイントです。

普段スーパーで買っている食品や日用品なども、
この期間に合わせて楽天で購入すると賢くポイントを貯めることができます。
水や米など、重たいものはお得な上に自宅まで配送してもらえるので楽天で買うのがおすすめです!

スーパーセール(3・6・9・12月開催)

年に4回開催される楽天のビッグセールです。

CMで「半額商品多数!」と宣伝されるように、
多くのショップが独自企画として半額セールやクーポンの配布、
大幅なポイントバック
を行います。

お買い物マラソンと同様、複数ショップの買い回りでポイント倍率がアップ。
しかも、スーパーセールでは買い回りによる
ポイント獲得上限が20,000ポイントとお買い物マラソンの2倍となります!

また、以下の条件クリアでさらにポイントが付与されるのも
スーパーセールだけの特別企画です。

___________________

・13ショップ以上で買い回り…100ポイント
・16ショップ以上で買い回り…200ポイント
・20ショップ以上で買い回り…300ポイント
___________________

超ポイントバック祭(随時開催)

ショップの買い回りによってポイント倍率がアップするお買い物マラソンに対して、
超ポイントバック祭は以下のように
期間中の購入金額に応じてポイント倍率が最大7倍にアップしていきます。

___________________

・5,000円以上購入でポイント2倍
・10,000円以上購入でポイント3倍
・40,000円以上購入でポイント4倍
・50,000円以上購入でポイント5倍
・60,000円以上購入でポイント6倍
・70,000円以上購入でポイント7倍
___________________

複数ショップで購入しないでいいため、

・家電など高額商品の1点買い
・1ショップでのまとめ買い
・ふるさと納税

などには打ってつけのセールです!

楽天イーグルス大感謝祭(10月開催)

プロ野球日本シリーズが開催される10月後半に応援キャンペーンとして行われます。

セールの内容としては、お買い物マラソンと同様、買い回りで最大ポイント10倍です。

ブラックフライデー(11月開催)

アメリカで11月の第4週木曜日の感謝祭翌日に行われる
大幅な割引セール「BLACK FRIDAY」にちなんだセールです。

セールの内容は超ポイントバック祭と同じで、
期間中の購入金額に応じてポイント倍率がアップしていきます。

2019年は、11月28日(木)10:00~11月30日(土)23:59までの52時間開催されました。

楽天感謝祭(12月開催)

歳末感謝祭として1年に一度行われるセールです。
2019年は12月19日(木)20:00~12月26日(木)01:59までの7日間開催されました。

セール内容はお買い物マラソンと同様、買い回りで最大ポイント10倍です。

▼Amazonセールの時期や種類を知りたい方はコチラをお読みください!

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【2020年10月更新】Amazon サイバーマンデーはいつ?時期や他セールについて出品者...
https://www.hideandseek.co.jp/archives/1560
Amazonセールへの出品を検討している方必見です。今回はセールへの時期や種類について、初心者の方にも分かりやすく説明します。Amazonセールはユーザーに大変人気があり、売上アップのチャンスになるもの。記事を読んで、出品に向けて準備をしましょう!購入者の方も出品者目線でAmazonのセールを見てみると面白い発見があるかもしれません。以下の記事でAmazonでお得にお買い物をする方法について出品者目線でまとめています。ぜひご覧ください!セールの年間スケジュールAmazonセールの基本的な年間スケジュールです。各セールにつ...

出品者が教える楽天セール攻略法

この章では、楽天セールの攻略法を全部で6つ解説していきます!

【初心者編】で、楽天セールでは必ず抑えておくべき基本的なこと
【上級者編】で、出品者だからこそ知っているお得な情報

についての解説です。
お得にお買い物をするために必ずお読みください!

初心者編

【1】エントリーしないとポイントは付与されない

楽天のセールは基本的にエントリーが必要です。

お買い物マラソンやスーパーセールなどの場合は期間中に、
5と0のつく日はその日中にエントリーをすれば
エントリー前の購入もポイント付与の対象となります。

忘れずにエントリーして、確実にポイントを獲得しましょう!
楽天市場トップページのバナーからすぐにエントリーできます。


【2】
付与されるポイントは期間限定ポイントである

お買い物マラソンやスーパーセールなどのセールで獲得したポイントは、
基本的に翌月15日ごろに付与されます。

しかし、このポイントは約1ヵ月半ほどの期間限定ポイントであるため、
利用期限が切れる前に使うのが賢明です。


【3】
送料やラッピング料は買い回りの対象外となる

お買い物マラソンやスーパーセールの買い回りには1つだけ条件があります。
それは1ショップ税込1,000円以上の購入であることです。

そして、その価格には送料やラッピング料は含まれません。
商品自体が税込1,000円である必要があります。
また、クーポンを使う場合は適用後の価格が税込み1,000円以上でないといけません。

税込1,000円未満の商品を購入しても、買い回りにはカウントされないので注意しましょう。

上級者編

【1】最初の4時間は特別なクーポンが配布されていることがある

セール開催から4時間は、とても多くのお客様が楽天市場を訪れます。
そのタイミングに合わせて、
ショップによっては最初の2時間、
または4時間だけ使える特別なクーポンを独自で配布
しているショップも。

気になる商品はお気に入りに登録しておき、
セール開催時にクーポンが配布されたタイミングでお得に買うのが賢い買い方です!


【5】
5と0のつく日はポイント5倍だけじゃない

5と0のつく日はエントリーと楽天カード利用でポイント5倍、だけじゃないんです!

実は、5と0のつく日限定で割引率の高いクーポンを配布しているショップがあります。
というのも、楽天ユーザーがこの日にこぞってお買い物をするため、
そのタイミングに合わせてショップはお得なクーポンを打ち出しているんです。

購入に進む前に、使えるクーポンがないか必ずご確認ください!


【6】
スーパーDEALは要チェック

セール期間中でなくとも、常に楽天市場トップに掲載されているスーパーDEAL。
15%~50%ポイントバックという還元率の高い商品が掲載されています。

お買い物マラソンやスーパーセールなどのセール期間中には、
普段はスーパーDEALに出品していない商品が期間限定で掲載されることも。

季節系商品などが出品されていることもあるため、
スーパーDEALではその時にしかお得に買うことができない
掘り出し品が見つかる可能性があります!

楽天経済圏でポイントを貯めるコツ

楽天経済圏とは?

楽天経済圏とは楽天市場をはじめ、楽天カードや楽天モバイル、
楽天銀行など楽天が提供する幅広いサービスのこと。

多くのサービスを利用すればするほど、
楽天市場でのSPU(スーパーポイントアッププログラム)倍率が上がり
ポイントが貯まりやすくなるんです。

SPUは楽天市場トップページからすぐに確認できます!

例えば、10,000円分の商品を楽天市場で購入したとき。

_____________________

<SPUが3倍の場合>付与されるポイント:300ポイント
<SPUが8倍の場合>付与されるポイント:800ポイント
_____________________

10,000円で500ポイントも違えば、
年間で考えてみるとポイント獲得数は大幅に変わってきます。
SPUは最大15倍まで上げることが可能です!

また、お買い物マラソンやスーパーセール開催時の
ポイント最大44倍の内訳は以下のようになっています。

自分でコントロールできるポイントアップ対策のためには、
セール開催時の買い回りとSPUが重要なのが分かりますね!

ただ、楽天経済圏の中には保険や電子書籍のサブスクリプションなど
定期契約サービスが含まれているため、本当に必要かどうかを見極めて契約する必要があります。SPUのために不要なサービスを使っていては本末転倒です。

次の章では、簡単にSPUを上げることのできるおすすめサービスについて解説していきます!

簡単にSPUを上げるおすすめサービス

【1】楽天カード(+2倍)

楽天市場で買い物をするなら必要不可欠な楽天カード。年会費無料で使えます。
決済方法を楽天カードにすることでSPUが+2倍に! 

また、楽天ゴールドカードの場合はSPUが+4倍となります。
ゴールドカードは、年会費2,200円(税込)です。

SPUが通常の楽天カードから+2%となるため、
楽天市場で年間110,000円以上お買い物をする方は
楽天ゴールドカードの方がお得になります!


【2】楽天市場アプリ(+0.5倍)

楽天市場でお買い物をするときに、アプリから買うとSPUが+0.5倍に。
ポイントを貯めるためには必ずアプリでお買い物するようにしましょう。


【3】楽天トラベル(+1倍)

楽天トラベルのサービスを利用すると、予約した月のSPUが+1倍になります。
SPUアップの対象となるサービスは以下の4つです。

1 国内宿泊
2 国内ツアー
3 レンタカー
4 海外ホテル予約

税込5,000円以上の予約が対象となるので、
旅行の際は楽天トラベルで予約をすることをおすすめします。

まとめ

楽天セールの2020年開催予想と攻略法、
楽天経済圏でポイントを貯めるコツについて解説しました!

楽天では、常にと言っていいほどたくさんのセールが年間を通して行われています。
お得にお買い物をするために、ぜひお役立てください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

楽天での売上最大化に欠かせない広告。
種類が多くて、どの広告がどんな効果に繋がるのか
分かっていない方も多いのではないでしょうか。

今回は、楽天の広告を費用対効果、
運用方法まで初心者でも分かるよう徹底解説していきます!

楽天の広告は3種類に分けられる

楽天の広告は全部で6つあり、3種類に分類することができます。

▼楽天新広告「ターゲティングディスプレイ広告」についての記事はコチラ

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
【2020年最新】楽天ターゲティングディスプレイ広告を徹底解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/4039
楽天が新しくリリースした「ターゲティングディスプレイ広告」。店舗側が設定したセグメントにバナー広告を配信できる魅力的な広告なんです!今回は、実際に運用して分かったターゲティングディスプレイ広告の入稿方法から効率的な運用方法まで徹底解説します。ターゲティングディスプレイ広告とは?ターゲティングディスプレイ広告とは、店舗側が設定したセグメントにバナー広告を配信できる広告です。広告の表示回数によって予算を消化していくため楽天内IMP課金型広告といっていいでしょう。楽天市場内のみで配信されるため、買い物...

掲載系広告

楽天トップページやジャンルトップページ、特集ページなど、
多くのユーザーの目に止まる場所に掲載されます。
楽天内純広告と思っていいでしょう。

メルマガ配信広告

楽天からユーザーに配信されるメルマガの中にバナー広告が掲載されます。
最近では、掲載系広告と同時に出稿するのが鉄板です。

成果報酬型広告

RPP広告やクーポンアドバンス広告、CPA広告など様々な広告があります。
クリックやクーポン取得、コンバージョンなど
成果に応じて費用が発生するのが特徴です。

次の章からは、この3種類の広告について詳しく解説していきます!

掲載系広告

掲載系広告には、
・楽天市場広告
・特別大型企画
この2つの広告があります。

この章は、それぞれの広告の特徴と費用対効果、
運用方法についての解説です!

楽天市場広告

楽天トップページやジャンルトップページ、
特集ページなどに掲載される広告です。
決まった広告枠を購入して掲載するため、楽天内純広告と言われることも。

以下のメリットとデメリットを理解して運用していきましょう。


【メリット】
・入稿すれば必ず掲載される
・多くのユーザーの目に止まるためブランドや商品の認知度を上げやすい


【デメリット】
・ターゲットを絞らないため、購入に繋がりにくく費用対効果を合わせるのが難しい
・上位枠を獲得しないとクリックされにくい

【費用】
40,000円~1,200,000円ほどと掲載枠や
掲載期間によって広告費が大きく変わります。
同じ広告枠でも、スーパーセールの広告費はお買い物マラソンの約2倍に跳ね上がることも。


【効率的な運用方法】

スーパーセールやお買い物マラソンなど、
楽天が開催するイベントに合わせて出稿することで
爆発的なアクセス数のアップ
が期待できます。

しかし、注意しておきたいのは流入してくるユーザーの質。
検索履歴などによってパーソナライズされる広告ではないため、
流入してくるユーザーは購入意欲がそれほど高くないことが多いです。

そのため、費用が高い割にコンバージョン数が少ないことが多いのも楽天市場広告の特徴。
コンバージョン数を高めるには出稿と同時に
クーポン施策や割引施策を同時に行う
ことが必須でしょう。

広告単体での費用対効果は低いため、売上実績の低い店舗にはおすすめしません。
楽天での売上が軌道に乗ってきて、ショップや商品の認知度をもっと高めたい店舗や、
イベント開催時に新規顧客獲得のため、
大幅な割引やクーポン施策を行う店舗はやってみる価値のある広告です!

特別大型企画

特別大型企画は、多くの広告予算をかけることができる売上実績のある店舗向けの広告です

その中でも、
【1】大口予算枠
【2】超目玉枠
この2つに分けられます。


【1】大口予算枠

スーパーセールやお買い物マラソンなど、
一定期間中に
2,000,000円以上の広告枠を購入する店舗だけが申請できる広告です。
担当ECCからもらえる「チョイスくん」というエクセルで
出稿したい広告枠を合計で2,000,000円以上になるように選びます。

しかし、申請すれば必ず出稿できるわけではなく、
広告費予算がより高い店舗やこれまでの売上実績が高い店舗から
優先的に広告枠を確保できるよう楽天が調整します。

そのため、希望する広告枠が確保できず
予算が2,000,000円に届かなくなってしまった場合でも、
本来の希望とは違う広告枠に申請して2,000,000円以上という条件を満たさなければなりません。

費用対効果についても、そもそも広告費が最低2,000,000円と高いため、
ROASを高めるためには広告以外の施策が必要不可欠でしょう。


【2】超目玉枠

超目玉枠はなんと、広告費がかからない広告です!
というのも、この広告枠には「楽天のイベントを盛り上げるための協賛商品」が掲載されます。

スーパーセール期間中にユーザーがこぞって買い物をするのは、
楽天内の多くの店舗が割引をしたり、ポイントアップをしたりしているから。
店舗のキャンペーンなしでは、楽天のセールは成り立たないのです。

例えば、みなさんは楽天スーパーセールのCMを見た事がありますか?
「半額商品多数!」という耳に残る男性の声を思い出した人も多いのではないでしょうか?
楽天はCMで宣伝するために、多くの店舗に半額施策を行ってもらう必要があります。

そのため、「50%オフなどある一定の条件を満たしていれば、
商品を無料で広告枠に掲載しますよ」という交換条件で成り立っているのが超目玉枠です。

しかし、条件を満たせば必ず掲載されるわけではなく、
売上実績などで楽天が選んで表示させるため注意しましょう。

メルマガ配信系広告

メルマガ配信系広告は「おすすめニュース広告」と呼ばれ、
楽天からユーザーに配信されるメルマガ内に掲載される広告です。

最近では、掲載系広告と同時に出稿するのが鉄板になっており、
楽天市場広告出稿の際に「メール」のプルダウンにチェックを入れることで
メルマガでも配信されるようになっています。

おすすめニュース広告には
・楽天配信
店舗配信
この2種類があります。

閲覧履歴などから購入を見込めそうなユーザーに向けて
商品選定と配信を行うのが楽天配信。
すでに購入したユーザーに対して、
購入後のフォローアップや再購入促進などのアプローチを行うのが店舗配信です。

【費用】
設定できる月予算は楽天配信か店舗配信かで異なります。
楽天配信は月予算5,000円から、店舗配信は30,000円から設定可能です。

クリックされる度に月予算を消化していくクリック課金型広告ですが、
予算を超過したクリック分の費用は請求されないのが嬉しいポイントです。

【効率的な運用方法】
どのくらいの価格の競合商品を扱う店舗が
どのくらいのCPCで入稿しているかを担当のECCに聞いてから入稿しましょう。
というのも、
楽天配信に関しては競合商品も同じメール内で配信されるからです。

同じような商品が羅列されたとき、ユーザーは価格の安い方を選ぶことが多いため、
競合商品の価格によってCPCを変更したり、
ポイント施策やクーポン施策を打ち出したりする必要が出てくる場合があります。

また、メルマガで配信されるため、
メルマガの開封率によってクリック数やコンバージョン数などの実績が変動することも念頭に置いておきましょう。

成果報酬型広告

成果報酬型広告には、
・RPP広告
・クーポンアドバンス広告
・CPA広告
この3つがあります。

この章では、3つそれぞれの特徴と費用対効果、運用方法を解説します!

RPP広告

RPP広告はユーザーの検索結果ページに表示される検索連動型広告です。
楽天内リスティング広告と思っていいでしょう。

ユーザーが検索したキーワードとマッチした商品を
「商品名」「キャッチコピー」「商品説明文」から
楽天が自動的に表示させる仕組みになっています。

RPP広告枠はPCは上位3枠、SPは上位5枠と決まっており、
この枠に表示させることによって、商品ページへの流入数の増加、
それに伴う購入数の増加が期待できるんです。
簡単に楽天内SEO対策を行いたい方には、持ってこいの広告ですね!

【費用】
CPCは25円から、月予算は5,000円からと低予算で始められます。
クリックされる度にその予算を消化していくクリック課金型広告です。

【効率的な運用方法】
デフォルトの設定では、
RMSに登録している全商品が広告の対象となってしまいます。

広告費を無駄に消化しないために、
商品別・キーワード別CPCの設定と除外商品の設定は必ず行いましょう。
一般的に、ROASが150%以上あれば効率よく運用できている状態とされています。

▼RPP広告をROAS900%で運用するコツについて知りたい方はコチラ

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【楽天RPP広告の基本と運用ノウハウ】初心者でも分かるように簡単解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/2112
ECモールで売上を上げるためには広告を運用することが必要不可欠。今回解説するのは、数多くある楽天内広告の中でも比較的運用しやすいRPP広告です。楽天初心者の方は必ず読んでくださいね!RPP広告とは?そもそも、RPP広告とは検索連動型の広告です。楽天内リスティング広告と思っていいでしょう。 例えば、楽天市場の検索窓に「マウスウォッシュ」と入力して検索すると、下のようなページが表示されます。黄色い枠で囲んだエリアがRPP広告枠です。赤枠で囲んであるように「PR」と表示され、PCでは検索結果の上位3位以内、SPでは...

クーポンアドバンス広告

クーポンアドバンス広告は、
ユーザーが広告をクリックすると自動的にクーポンが取得されます。
その結果、コンバージョンに繋がりやすくなるのが特徴です。
楽天トップページやジャンルトップページ、検索結果ページなど
多くの面に
検索履歴などからパーソナライズして配信されます。

成果報酬型広告ですが、気を付けておきたいのはクーポン取得ごとに課金されるということ。
クーポンを取得したユーザーが購入するかしないかに関わらず予算を消化するため注意が必要。

しかし、ユーザーにとってはクーポンを使えることで購入のハードルが下がるため、
比較的
ROASが高くなりやすいのもクーポンアドバンス広告の特徴です。

【費用】
CPC(クリック単価)とクーポンによる割引額の合計が広告費です。
CPCは40円から、割引額は4%から設定できます。

【効率的な運用方法】
RPP広告と同様、デフォルトの設定では商品選定や割引額の設定などを
楽天が自動的に行う仕様になっています。
商品選定や割引額の設定は自分で行い、売れている商品や売り出していきたい商品に
より多くの広告費をかけられるようテストと調整を常に行いましょう。

▼クーポンアドバンス広告についてもっと知りたい方はコチラ

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
2019年最新版!要点だけを抑える楽天クーポンアドバンス広告
https://www.hideandseek.co.jp/archives/734
楽天クーポンアドバンス広告とは楽天上でなにか商品を検索すると、RPP広告商品より先にこのようなクーポンが表示されます。このクーポンは1クリック40円というクリック課金の成果報酬型の広告なんです。さらにRPP同様、ユーザーの購入・閲覧・お気に入り履歴に応じて表示させることができる(パーソナライズ)ため効率的。検索結果への表示とパーソナライズから、ユーザーの目に留まりやすい広告といえます。 配信面は?クーポンアドバンス広告は以下に配信されます。配信面の指定はできないものの、多くの面に出稿される可能...

CPA広告

CPA広告は、広告から購入されるごとに課金される広告です。
楽天トップページやジャンルページに掲載されますが、
どのページにどの商品が掲載されるか分からない点がネック。

入稿作業が不要で、RMS上で同意するだけで24時間以内に配信されます。
また、好きなタイミングで広告配信のスタート、ストップができるのもCPA広告の特徴。
楽天の広告は、期間が決まっていたり、
月単位でしか出稿できなかったりするものが多いため、
その点がCPA広告のメリットと言えるでしょう。

【費用】
ユーザーが広告をクリックしてから720時間(30日間)以内の
広告経由売上金額の20%が広告費
になります。
購入に至らない限り、費用がかかることはないため、
広告を配信しても売れるかどうか不安な店舗にはぴったりの広告です。

【効率的な運用方法】
CPA広告も他のクリック課金型広告と同様、
デフォルトの設定ではRMSに登録している全商品が広告の対象となります。

CPA広告は売上金額の20%を広告費として楽天に支払うため、
利幅が大きい商品だけを対象にするのがおすすめ。
それ以外の商品は除外商品に設定して費用対効果を合わせましょう。

▼楽天CPA広告をうまく活用する方法についてはコチラをお読みください!

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
【楽天CPA広告って実際どうなの?】費用対効果を高める運用方法を解説します!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/4514
楽天CPA広告は広告経由売上に対して課金される成果報酬型広告です。コンバージョンが発生しない限り、広告費は発生しない点は大きなメリットですね。しかし、運用にはいくつか注意すべきポイントが。今回は楽天CPA広告を効率よく運用する方法について解説します!「商品や店舗の認知度を上げたいけど、楽天市場広告はROASが合わないことが多い…。」そんなお悩みをお持ちの方にぜひお読みいただきたいです!楽天CPA広告とは?楽天CPA広告とは、その名の通りコンバージョンに対して広告費が発生する成果報酬型広告です。広告経由の売上に...

また、楽天以外のモールを運用されている方は
ぜひ併せてコチラの記事もお読みください!

▼ヤフーショッピングの広告について知りたい方はコチラ

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【2020年最新】ヤフーショッピング広告の種類と効率的な運用方法を徹底解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/3900
2019年5月のソフトバンク連結子会社化によりPayPayでの決済が可能となったヤフーショッピング。これまでの顧客層である30~40代以外の若年層の囲い込みを開始し、規模が拡大しつつある将来性の高いモールです。出店数が増える中で、競争に勝つための広告活用方法について解説していきます!ヤフーショッピングの広告は4種類ヤフーショッピングの広告は全部で4種類に分かれます。▼楽天の広告全種類について知りたい方はコチラバナー・テキスト広告ヤフーショッピングトップページや総合ランキング、全検索結果に設けられている広告枠な...

▼Amazonの広告について知りたい方はコチラ

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
【Amazon 広告のキホン!】メリットや種類・仕組みを徹底解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/2347
「地球上で最も豊富な品揃え」と謳っているAmazonに出品されている商品数は数億に及ぶと言われていることをご存知ですか?多数ある商品の中でユーザーに購入してもらうには商品を知ってもらう必要があります。そんな時に取り組みたいのが「Amazon広告」です。Amazon広告ってなに?Amazon広告とは、Amazonが運営する広告のこと。商品数が数億もあるAmazonでユーザーに商品を知ってもらうためにAmazon広告は有効です。コロナの影響もあり通販で買い物をする人が多くなっていることや店舗でしか販売をしていなかった企業が出品を始めたこ...

まとめ

楽天の広告について、それぞれの特徴や費用対効果、
運用方法を解説しました!いかがでしたか?
どの広告から取り掛かるべきか迷っている方には
以下の順番で運用を始めることをおすすめします!

1)まずは、費用対効果が合いやすいRPP広告やクーポンアドバンス広告から始める
2)売上が軌道に乗ってきてさらなる売上拡大を目指すときに
施策を絡ませて楽天市場広告に出稿する

このブログを書いているHide&Seekは、
Amazon、楽天、ヤフーショッピングの運営代行を行っている福岡の会社です。
特に、RPP広告とクーポンアドバンス広告の運用にはROAS900%の実績があります。

「ECモールに出店したいが、リソースを割く余裕がない」
「あくまで自社モールに優位性を置いた上で、販路を増やしていきたい」
「ECモールに出店したけれど、手が回って
いなくて売上が上がらない」

そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひ下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました!

ECモールで売上を上げるためには広告を運用することが必要不可欠。
今回解説するのは、数多くある楽天内広告の中でも比較的運用しやすいRPP広告です。
楽天初心者の方は必ず読んでくださいね!

RPP広告とは?

そもそも、RPP広告とは検索連動型の広告です。
楽天内リスティング広告と思っていいでしょう。

 例えば、楽天市場の検索窓に「マウスウォッシュ」と入力して検索すると、
下のようなページが表示されます。黄色い枠で囲んだエリアがRPP広告枠です。

赤枠で囲んであるように「PR」と表示され、
PCでは検索結果の上位3位以内、SPでは上位5位以内がRPP広告枠と決まっています。

<PC>

<SP>

RPP広告は、ユーザーが検索したキーワードとマッチした商品を、
楽天が「商品名」「キャッチコピー」「商品説明文」から
自動的に選んで表示させる仕組みになっています。

キーワード選定は必須ではなく、
任意の商品に対して設定したい場合に個別で設定する
仕様です。

そのため、RPP広告には以下の特徴があることを頭に入れておきましょう。
・ノウハウがなくても楽天がそれなりに運用してくれる
・個別でキーワードとCPCを設定しない限り、広告の表示回数を最大化できない

次の章は、RPP広告のメリットとデメリットについての詳しい解説です!

RPP広告のメリット

まずは、RPP広告のメリットについて簡単に解説していきます。

検索結果の上位3位以内(または5位以内)に表示させることができる

RPP広告の最大のメリットは
「検索結果の上位3位(5位)以内に表示させることができる」点です。

売上実績やレビュー数などの要素が影響を与えているとされる
楽天内SEO対策には、多くの時間とリソースがかかります。
RPP広告の強みは、出稿するだけですぐに検索結果上位に表示させることができる点
商品の露出が増えると、商品ページのアクセス数や転換数が増えやすくなります。

注意しておきたいのは、
必ずしも上位3位(5位)以内に表示させることができるとは限らないということ。
RPP広告枠への表示回数を増やしたい場合は、
商品ごとのキーワードとCPCの設定が必要不可欠でしょう。

少ない広告予算で出稿することができる

RPP広告は最低クリック単価25円、月予算は5,000円から出稿することができます。
下の表から分かるように、RPP広告は楽天内の他の広告に比べて
少ない予算で始められる手軽な広告と言えるでしょう。

また、通常のリスティング広告とは違い、
画像やテキストの審査がない
点もRPP広告の特徴。
設定するだけですぐに出稿できることも大きなメリットの1つです!

初心者でも取り掛かりやすい

RPP広告は、CPCと月予算を設定するだけで
楽天が自動的に運用してくれる検索連動型広告です。
ユーザーが検索したキーワードとマッチした商品を、
楽天が「商品名」「キャッチコピー」「商品説明文」から
自動的に選んで表示させる仕組みになっています。

そのため、どんなキーワードを
どれくらいのCPCで設定するべきか分からない初心者にとっては
ノウハウがなくてもいい感じに運用してもらえる
ことがメリットです。
初心者でもROAS(広告費用対効果)を合わせやすい広告と言えるでしょう。

「商品説明文」は商品ページのLP部分を指します。

商品ごとにキーワードとCPCの設定ができる

デフォルトの設定では店舗内全商品のCPCは同一になりますが、
個別に設定することで商品ごとにキーワードとCPCを設定することができます
RPP広告をより効率よく運用するためには、
施策に合わせてキーワードとCPCを調整することが必要不可欠です。

RPP広告のメリットをまとめると、
「費用の面でも、運用スキルの面でも低リスクで始めやすい」点でしょう!

RPP広告のデメリット

メリットが多いRPP広告ですが、デメリットもあります。
この章はRPP広告を始める上で頭に入れておくべき2点について解説です。

デフォルトの設定では店内全商品が広告の対象となる

RPP広告は、デフォルトの設定では店内全商品が広告の対象となってしまいます。
そのため、転換率が低い商品や利益率が低い商品など、
RPP広告の対象外にしたい商品がある場合は個別で除外設定が必要です。

細かい設定をするためにはCSVを使う必要がある

商品ごとのキーワードとCPC、除外商品の登録を行う場合は
CSVフォーマットをダウンロードして編集、アップロードする必要があります。
楽天では、商品登録や広告の細かい設定にCSVを使うため
最低限使えるよう慣れておくことが必要です。

RPP広告のデメリットをまとめると、
「効率よく運用するために細かい設定をする場合は手間がかかる」点。
デメリットを考慮しても、手軽に商品の露出を増やせるRPP広告は出稿する価値のある広告と言えるでしょう。

CSV一括編集について、詳しくはこちらをお読みください。

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【2020年最新版】楽天商品登録とCSV一括商品編集を5分で攻略!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/1626
楽天でお買い物をするとき、お客様はどこを見て購入するでしょう?答えは「商品ページ」です。実店舗を持たない通販において、商品ページはお客様を接客する大切な場所。今回は「売れる」ための商品登録について分かりやすく解説します! 商品登録の方法まずは、RMS上での商品登録において抑えておくべき項目をピックアップし、1-1商品基本情報、1-2商品ページ編集、1-3商品登録情報の3つに分けて解説します。商品基本情報商品名や価格、配送方法など、商品の基本となる情報の設定を行う場所です。ここでは、●商品概要の設定●価格...

RPP広告の出稿方法

RPP広告の出稿は「RPP広告始めてみよう!」と思い立ってから5分で完了します。
そのくらい簡単なんです!
ここでは、RPP広告出稿時に入力する4項目について簡単に解説します。

RMSメインメニュー>広告・アフィリエイト・楽天大学>1.広告(プロモーションメニュー)>検索連動型広告(RPP)>キャンペーン

【1】キャンペーン名

キャンペーン名はお客様には見えないため、出店者側が管理しやすい名前を登録しましょう。

【2】ステータス

「有効」にすると広告が配信され、「無効」にすると広告の配信が停止されます。

【3】継続月予算

RPP広告はクリック課金型の広告です。
そのため、RPP広告がクリックされる度に設定した月予算を消化していきます。
予算はあとから追加できるため、
初めてRPP広告に出稿する場合は少ない予算から始めるのがおすすめです。
最低5,000円から設定できます。

【4】CPC

1クリックされる度にかかる単価を設定します。
CPCを高く設定すればするほど検索結果上位に表示されやすいため調整していくことが必要です。

この4つの項目を入力するだけで、審査もなくRPP広告の出稿は完了します!

RPP広告運用のコツ

RPP広告を効率よく運用するためには常に分析をし、調整していくことが大切です。
ここでは、RPP広告を効率よく回すために
最低限しておきたい3つのポイントについて解説していきます!

商品ごとにキーワードとCPCを設定してRPP広告の表示回数を増やす

商品ごとにユーザーが検索しそうなキーワードとCPCを設定して、
RPP広告の表示回数を増やしましょう。

RPP広告で売上を上げるためには、
「表示回数」「アクセス数」「転換数」の3つを高めていくことが大切です

この3つの要素は基本的に比例するため、
RPP広告で商品ごとにキーワードとCPCを設定すると下のような流れを作りやすくなります。

設定を行う場合、RMS上でCSVフォーマットをダウンロードして編集し、アップロードしましょう。

【手順1】RMS上でフォーマットをダウンロードする

RMSメインメニュー>広告・アフィリエイト・楽天大学>1.広告(プロモーションメニュー)>検索連動型広告(RPP)>商品・キーワード設定

【手順2】CSVファイルを編集する

入力する項目は「コントロールカラム」「商品管理番号」「商品名」「価格」「商品URL」「商品CPC」だけ!

コントロールカラムは
・n:新規登録
・u:更新
・d:削除

この3つです。間違えないよう気を付けましょう。

【手順3】RMS上で編集したCSVファイルをアップロードする

この3つの手順で商品ごとのキーワードとCPCの設定は完了します!
また、一度CSVをアップロードし、
キーワードとCPCを個別登録した商品に関しては
RMS上でキーワードの追加やCPCの変更が可能
です。

除外商品を設定して無駄な広告費を抑える

RPP広告は、デフォルトの設定では店内全商品が広告の対象となってしまいます。
そのため、ROASや転換率が低い商品は除外商品として登録しましょう。
売りたい商品にしっかりと広告費をかけることが大切です。

例えば、RPP広告を配信して新規顧客を獲得したい場合、
下のように除外商品設定をするのがおすすめ。


新規顧客にとって、定期便やセット売り商品よりも
購入しやすい単品商品に広告費を割くのが賢明と言えるでしょう。
たくさんの商品に広告費を分散させるよりも、
新規獲得を狙えそうな商品に広告費を集中させる調整を
この場合の運用方法としておすすめします。

除外商品の設定は簡単3ステップ!

【手順1】RMS上でフォーマットをダウンロードする

RMSメインメニュー>広告・アフィリエイト・楽天大学>1.広告(プロモーションメニュー)>検索連動型広告(RPP)>除外商品

【手順2】CSVファイルに除外したい商品の商品管理番号を入力する

【手順3】RMS上で編集したCSVファイルをアップロードする

RMSメインメニュー>広告・アフィリエイト・楽天大学>1.広告(プロモーションメニュー)>検索連動型広告(RPP)>除外商品

パフォーマンスレポートを活用する

RPP広告の配信結果は「パフォーマンスレポート」と呼ばれ、
RMS上でいつでもダウンロードすることができます

RMSメインメニュー>広告・アフィリエイト・楽天大学>1.広告(プロモーションメニュー)>検索連動型広告(RPP)>パフォーマンスレポート


商品ごとに個別のキーワードとCPCを設定した場合は、
キーワード別のパフォーマンスレポートを見るのがおすすめです!

パフォーマンスレポートで必ず確認するべき項目は以下の4つ

・CPC実績
・CVR
・ROAS
・注文獲得単価

この4つの項目は必ず確認して調整していきましょう。

RPP広告における注意点

最後に、RPP広告において押さえておきたい注意点を2つ解説します!

上位3位(5位)枠は常に変動する

通常のリスティング広告と同じく、上位3位枠はCPC等の条件によって常に変動します

個別にキーワードとCPCを設定した場合、
設定したキーワードに対して商品がRPP広告枠に表示されているかを日々確認し、
CPCを調整したりキーワードの選定を見直したりすることが必要です。

予算は月をまたいで自動的に更新される

RPP広告は予算消化型広告です。
出稿の際に月予算を設定してクリックされる度に予算を消化して広告を配信していきます。

例えば、スーパーセールが開催される月にRPP広告の予算を高く設定する場合。
RMS上で変更しない限り、その翌月も先月の月予算が適用されてしまうため注意が必要です。

RPP広告を含む、楽天の広告全種類をまとめた記事も公開しています。
ぜひ併せてお読みください!

株式会社Hide&Seek|ハイドアンドシーク
 
【2020年最新】楽天広告の種類別効果と運用方法を徹底解説!
https://www.hideandseek.co.jp/archives/2628
楽天での売上最大化に欠かせない広告。種類が多くて、どの広告がどんな効果に繋がるのか分かっていない方も多いのではないでしょうか。今回は、楽天の広告を費用対効果、運用方法まで初心者でも分かるよう徹底解説していきます!楽天の広告は3種類に分けられる楽天の広告は全部で6つあり、3種類に分類することができます。▼楽天新広告「ターゲティングディスプレイ広告」についての記事はコチラ掲載系広告楽天トップページやジャンルトップページ、特集ページなど、多くのユーザーの目に止まる場所に掲載されます。楽天内純広告と思っ...

まとめ

今回は初心者向けにRPP広告の基本から運用方法まで簡単に解説しました!
参考になっていれば嬉しいです。

楽天には、楽天市場広告やクーポンアドバンス広告、楽天CPA広告など様々な広告があります。
その中でもRPP広告は多くの店舗が行っているメジャーな広告です。

「どれから始めたらいいのだろう?」と悩んでいる方には、
コストの面でもノウハウの面でも運用しやすいRPP広告から始めることをおすすめします!

このブログを書いているHide&Seekは、
Amazon、楽天、ヤフーの運営代行を行っている福岡の会社です。
RPP広告の運用にもROAS900%の実績があります。

「ECモールに出店したいが、リソースを割く余裕がない」
「あくまで自社モールに優位性を置いた上で、販路を増やしていきたい」
「ECモールに出店したけれど、手が回って
いなくて売上が上がらない」

そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひ下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました!